忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[382]  [381]  [380]  [379]  [378]  [377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372
09ea72fc.jpg発行年月:2010年2月

戦争に翻弄された作家・林芙美子の秘められた時を桐野夏生が炙り出す衝撃長篇!

女は、本当に罪深い----。今この一瞬、あなたと抱き合えれば、愛さえあれば、私は構わない。昭和十七年、南方への命懸けの渡航、束の間の逢瀬、張りつく嫌疑、そして修羅の夜。見たい、書きたい、この目に灼き付けておきたい! 波瀾の運命に逆らい、書くことに、愛することに必死で生きた一人の女を、渾身の筆で描く傑作小説。

                       (新潮社HPより)

最初から最後まで面白かった!
さすが、桐野さん!!

物語は、桐野さん流の創作で語る作家・林芙美子の知られざる過去。
芙美子の姪に当たる房江が、芙美子の死後、夫であった画家の手塚緑敏が保管していた芙美子の日記や記録物の数々を見つけ、資料館の資料として公開するべきか否かを緑敏の友でもあった黒川なる人物に預け意見を聞きたいという手紙から始まる。

作家・林芙美子の名前は知っていても、作品は読んだ事ないし、そこに繋がる人間関係に対する知識も皆無ですが・・・知識がなくても楽しめた。

芙美子の夫・緑敏と手紙を書いている房江の関係もビックリする物がありましたが、主人公の芙美子もまた、夫以外の男性をずっと愛し続けていた設定のこの物語。

時代は昭和17年~18年のこと。
昭和16年に日本が真珠湾攻撃で勝利し、ちょっと浮かれてる時代?
日本は、強い敵無し!という風潮のなか、芙美子は現実の日本の情勢を日本を出たところで見ていて何か恐ろしいものを感じている。
ジャ-ナリストの恋人・謙太郎も世界中を危ない思いをしながら駆け回り、日本の危機を感じている。

が・・・戦争というなかでは、自分の思った事を自由に書くことすら非国民扱いになってしまう。
そうなったら、物書きとして生きることすら出来なくなってしまう。

戦争中、作家は利用されていたという事実は、衝撃的でした。
戦争の本質を見ながら、書き記したものも都合の良い箇所だけの要約が行き交い人々はそれを信じる。
どんな気持ちだったんだろうか?


日本を離れ従軍活動で、ジャワに行き、そこでも恋人の謙太郎と危ない逢瀬を重ねる芙美子って人の力強さみたいなものに打たれました。
その時代の女性にしては、かなり破天荒で本当にパワフル!

ここに書かれたことの全てが事実では
ないと思いながらも、こんな人生を歩んだ芙美子という作家の書き残したものを是非とも読みたい!と強く思いました。


巻末にある参考文献の数は膨大!
林芙美子について書かれた書物も多いんですね!これまたビックリ!
それらも今度、手に取ってみたい!
            


いや~凄い小説でした!
時間を置いて、必ず、また読み返したい!

★★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]