忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6



発行年月:2018年3月

囚われの身であるベル・エイドの青年Lは敵国ハラの兵士に語り聞かせる、かつてハラの友人ファルドと過ごした日々のことを──。少年が武官養成校を経て戦場に出るまでを描く物語。反響を呼んだ新聞連載の表題作に、対となる中編を加えた鮮烈な小説集。

                    (朝日新聞出版HPより)



表題から予測できる重い話。
この前まで一緒に学び、語り、親しくしていた者同士が、お互いを敵だとして
命を奪い合う。

敵方に囚われたエルシア(通称・L)が夜明けが来たら処刑されるという状況で
自分を射殺する役目を負わされた哨兵・ソームに知人・ファルドについて
語る。
ファルドは、ソームのことを知っていた。
エルシアの家で暫く一緒に暮らしたけれど、そうなった経緯も会話のなかで
わかる。


文中にあった言葉が印象的。

昨日と大差ない今日、今日と変わらぬ明日を過ごす暮らしの尊さに
気づかなかった。


2人で早く戦争が終わるといいな。どうしてこうなってしまったのか。と
語る。


処刑の日のことは書かれていないけれど、殺す方が辛いだろうな。


辛い話だったけど、なるほどね・・・と思うことが沢山あった。



                         ★★★★
 
PR



発行年月:2015年6月


 幕末の石見銀山。間歩(まぶ)と呼ばれる鉱山の坑道で生まれたお登枝は、美貌を見込まれ女郎屋に引き取られた。初めて客を取る前の晩、想いを寄せる銀掘の伊夫を訪ねるが、別の男に襲われる。とっさに男を殺め、窮地を救ってくれた伊夫と身体を重ねたお登枝。罪と秘密をともに抱えた二人の行く末は――。変わりゆく世を背景に、宿命を背負った男女の灼けつくような恋を官能的に描き切った力作時代長編。

                     (新潮社HPより)




あさのさんの時代物に外れなしなので、期待大!

これ2015年の発行なのに、チェック漏れで読んでなかったと気づいて
図書館から借りました。


幕末の銀山で働く男たちの様子が壮絶。
命を懸けた仕事。
肺を病んで長く生きられない男たち。

銀山の間歩で生まれた登枝。母親は登枝を産んで間もなく亡くなり、父親は
誰なのかもわからず。ずっと銀堀のなかでは長く生きている爺に育てられる。
が、その爺も亡くなり、女郎屋へ。

ずっと想いを寄せている銀堀職人の伊夫との切ない恋愛物語が中盤までは
良い感じだったけど、登枝は女郎屋でも花形的存在になり、結構、恵まれた
かんじ。

それでも伊夫のことは一番に想い続け、病に倒れたと知り、駆け付け
側にいることを選ぶけれど、結局は戻ることに。


う~ん、もうちょっと違う展開だったら泣けるんだけどなぁ~。

女郎屋に通い、登枝を気に入ってくれた馬蔵も良さそうな人で
結局は、登枝は安泰な生活を送ったということでしょうね。

冒頭、登枝が70歳を過ぎて語る話という設定じゃなかった方が
良かったような・・・・。


読む前の期待度が大きかったゆえ、少し期待外れなかんじかな?

面白くないわけじゃないんだけど。。。。^^;


                          ★★★



発行年月:2017年9月


 もらい泣き必至の結婚式小説!
お祝いを一言、お願いします。
8人のお祝いスピーチで、何が語られたのか!?

                (小学館HPより)




九江泰樹と瀬戸田萌恵の結婚披露宴。
招待客やそれぞれの両親たちの二人の対する思いが綴られる。


第一話 新婦友人 三杉愛弥
第二話 新婦元上司 橋辺洋司
第三話 ウエディング・プランナー 川村久里子
第四話 新婦従兄  佐々木慶介
第五話 新郎友人  伊藤真澄
第六話 新婦伯母  山末瑛子
話七話 新郎父  九江泰史
第八話 新婦母  瀬戸田良美


最後の萌恵の良美に宛てた手紙が泣ける。
育ててくれた感謝のことば。
素直なことば。

こんなの貰ったら、母親として最高でしょうね~(;O;)

素敵なお話でした!


                        ★★★★★



発行年月:2017年6月


 抗ってみせる。ここに在る、志も心も、命も。きっと守り通して見せる。


江戸時代後期、十五万石を超える富裕な石久藩。
鳥羽信吾は上士の息子でありながら、藩学から庶民も通う郷校「薫風館」に転学し、
仲間たちと切磋琢磨しつつ勉学に励んでいた。
そこに、藩主暗殺が絡んだ陰謀が起こる!

                    (角川書店HPより)




プロローグとエピローグは現代の甲子園で野球をする高校生たち。

そして、時代は遡る。

14歳の薫風館で勉学している少年たち。
鳥羽新吾は藩学から移った。
農民や下士の子どもも共に学ぶ薫風館で、間宮弘太郎や栄太と出会い
毎日が楽しい。
けれどそこに舞い込んだ不穏な気配。

藩主暗殺の情報。

新吾たちと敵対する側の瀬島孝乃進。
父親は藩の権力者。
最初は、嫌な奴だと思っていたけれど、彼が一番、大人たちの陰謀に振り回され
気の毒な立場にあった。

親の権力とか、家柄とか関係なく生きられたら、きっと素晴らしい大人に
成長しただろうに。
新吾たちとも良い信頼関係も築けたんじゃないかな?


最後、再び、現代の高校生の話に戻り、今はそういう意味では良い時代だなと
感じた。


                           ★★★



発行年月:2017年1月


 心が動かなくても人を殺れる。それが、おぬしの正体さ。
同心 木暮信次郎
商人 遠野屋清之介
思わず息を潜めてしまう、因縁の二人
とろりと甘い匂い、口から溢れる深紅の牡丹、妾に怨み殺された男の怪異に挑む。

                    (光文社HPより)



弥勒シリーズ7作目ですね。

同心・小暮信次郎と訳あり商人・遠野屋清之介。
二人のやりとりには、緊迫感ありますが、そこをうまく取り持つ伊佐治おやぶんが
いい。

今回の事件は老舗の油問屋、五平の不可解な死。
亡骸の近くには紅色の花弁が四方に散り、五平の口からも花が溢れている。
そして周辺に漂う甘い香り。

事件の真相を追う、小暮信次郎、その手伝いをする伊佐治おやぶん。

今回は事件の真相のほか、伊佐治の息子の嫁・おけいの話も気にしつつ
楽しんだ。
子どもを二度も授かりながら無事に産むことが出来なかった、おけい。
そのことを温かい目で見守る、伊佐治とおふじだけど、お互いの気持ちを
思うあまりに出来た気持ちの溝。


そして、またまた謎が深まった遠野屋の過去のこと。

前に読んだ話が再び出て来た?この情報は初めて知ったことだっけ?
シリーズが長いので、その辺が、やや曖昧になってしまう^^;


総集編的話をどこかでまとめて解説してくれないかなぁ~?(笑)。

しかし、木暮信次郎の見事な事件解決ぶりは気持ちいい。

まだまだ続きますね。このシリーズ。


                      ★★★★
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 4
9 11
14 16 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]