忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


発行年月:2019年7月


四十歳妻子持ち、門倉課長、新入(しんいり)男子に
不惑の恋わずらい!?

なんだろう、この気持ちは……。

『年下の男の子』の著者が描く、中年男子の第二思春期


平凡な毎日だった。
あいつが同じ部署にやってくるまでは。

ビール販売会社で営業課長を務める門倉(かどくら)の部署に二十八歳の加瀬夏生(かせなつお)が
中途入社で配属された。なぜか加瀬が気になりいつも彼のことを考えてしまう門倉だったが、ある日
会社帰りに、加瀬に遭遇、一緒に酒を飲むことに。しかし、目の前で眠り始めた加瀬に、門倉は
予想もしなかった行動に出てしまう!
これ以降、加瀬に馴れ馴れしくする取引先に嫉妬するなど、徐々に加瀬への気持ちが
「特別なもの」であることに気づいていく門倉。
そんな中、出張で同じ部屋に泊まることとなり……
 

                  (祥伝社HPより)



ドラマにあった、おっさんずラブを思い起こす。

上司の男性(もうすぐ40歳)・門倉が28歳で中途採用されてきた加瀬に恋。

自分が加瀬に対して抱く気持ちを必死で理性で抑えているところが
なんだかかわいい。
ギラギラした感じだと、引くけど、これくらいならちょっと応援したくなる^m^

しかし、門倉には妻子がいるわけで・・・

加瀬の方は門倉に対して、同様の感情を持っていないんだろか?と途中まで
思って読んでいたけれど、加瀬には、ちゃんと大切に思っている女性がいて
それに気づいた門倉の引き方もよかった。


門倉の奥さんは良い奥さん。
こんな素敵な奥さんのこと、もっと大事にしないといけないよね~。
ま、重々承知でも恋に落ちてしまったんだろうけど
恋が成就しなかったことに、ホッとした物語でした!


なかなか、面白かったぁ~(*'▽')


                     ★★★
PR



発行年月:2019年6月

近所に住む「むらさきのスカートの女」と呼ばれる女性が気になって仕方のない<わたし>は、彼女と「ともだち」になるために、自分と同じ職場で彼女が働きだすよう誘導する。『あひる』『星の子』が芥川賞候補となった話題の著者による待望の最新作。

芥川賞受賞作。

                    (朝日新聞出版HPより)




「むらさきのスカートの女」と友達になりたくて彼女の行動を追う

「黄色いカーディガン」のわたし。

友だちになりたいための「黄色いカーディガン」のわたしの行動の方が
「むらさきのスカートの女」より、ずっと変わっていると思った。
無職の彼女に自分の職場(ホテル M&H)に就職するように仕向け
願いどおり、同じ職場になった2人。


普通に声を掛ければいいものを・・・・
以前と同様に行動を追い、彼女のピンチには、手助けをする。


職場の人間関係を良好にしていく「むらさきのスカートの女」。
けれど、それが崩れる事態に。
所長との不倫の噂が広まり、良好な職場の人間関係が崩壊していく。


さて、どうする?黄色いカーディガンの女・・・・・。


事態はより深刻なかんじになって、事件っぽくなった!

ハラハラドキドキ。


黄色いカーディガンの女は結果的に、むらさきの女を助けたのか?
逃がしたことにより、彼女をより窮地に追いやったのかも?

どうしたんだろ?この後・・・。


芥川賞にしては、わかりやすい文章でよかったか?
「こちらあみ子」の方がインパクトはあったけれど・・・

しかし、独特な雰囲気を作るのが巧い作家さんだなぁ~。
次回作の期待してます!!


                           ★★★

 



発行年月:2019年5月

結婚式を終え、幸せの中、眠りに就くふたり。しかし目覚めると、暗いコンテナの中にいた。現れたのは一人のピエロ。ピエロは言った。「ようこそ、アンサーゲームへ!」アンサーゲームとは、ふたりに同じが質問が出され、その答えが一致すると正解、不一致なら不正解となるゲーム。質問はふたりに関係するもので、互いが理解しあっていれば難なく正解することができるのだが……。圧倒的なスピード感でラストまで一気に駆け抜けるミステリー・サスペンス。

                    (双葉社HPより)




最初は面白そうと思って読み進めたけど、途中から嫌になってきた。

なので、飛ばし読み。
結局、犯人(ピエロ)の目的がよくわからない。
幸せ絶頂のカップルを貶める趣味?
凄い悪意を感じて気分が悪くなった。

特に罰せられることをしているわけではない2人。
結婚を決めたのは、本人たちの意思なわけだし、変に問題にして
相手を攻撃させる材料提起しなくても・・・・。


こういう話は、嫌いだな(T_T)
結構、いつも良い話、書くのになぁ~残念


                            ★★
 



発行年月:2018年11月


 中高女子校で共に過ごした潤子、みさ緒、礼香。ただいま34歳。彼氏いない歴=年齢だった礼香が突如結婚することになった。潤子はにわかに焦り、結婚相談所に入会、みさ緒も腐れ縁のダメ男と手を切る。それぞれの道を進む彼女たち、その先にあるものとは――。 「婚活小説」の枠を越えて、アラサー女子のリアルな胸の裡が痛いほどの共感度で伝わる物語。

                     (双葉社HPより)





3人の女性たちの婚活やら仕事やら。

仲良しの3人、会えば近況報告をして、彼がどうした、仕事がどうこうと
言い合う。

そんななか、一番、結婚しなさそうな国語教師の礼香が結婚すると言いだして
驚く2人。

3人のなかでも大林潤子の話が軸になっていて、潤子は結婚相談所に再入会。
でも、パーティでもイマイチ、気になる男性には巡り会えず・・・。
ただ一人、誠意ある態度で自分に近づいてきた金子とは数回、会う。
金子は容姿ではトキメキを感じないが、誠実な態度には好感を抱く。


30代半ばで仕事もやっている女性のリアルな姿を描いていて
自分の頃は、20代終盤がちょうど、同じような心境だったなぁ~と
懐かしく思い出しながら読んだ。


潤子と金子、良いカップルになれると思うな~。


礼香が結婚を白紙に戻し、みさ緒が結婚という最初では想像つかなかった展開に
なったのも面白かった。



                     ★★★



発行年月:2018年12月

ファッションデザイナーの歩が経営するブランドは地味と皮肉られ人気が無く、さらには相棒に見限られて経営困難な状況だった。歩自身も、「ファムファタル」と称され没後も語り継がれる歌姫だった祖母とは似ても似つかない容姿で、そのことから他人の美貌に辟易し、なるべく目立たぬように生きていた。そんなある日、ハーフのモデル・ジョージと出会う。自分が常に悩まされてきた外見を武器として使う彼の生き方をずるいと感じ、信用できずにいた。しかし、仕事を失ったジョージは歩の仕事を強引に手伝うようになり……。自らの弱さに目を瞑ってきた登場人物たちが一歩ずつ成長する姿を丁寧に描いた物語。 

                    (双葉社HPより)




祖母は没後も語り継がれる美しい歌姫だった。

歩はそんな祖母や母親の容姿とは似つかない自分の容姿を憂い
自身のファンションデザイナーという仕事にも自信を失いかけている。

そんな歩と出会うハーフのモデル・ジョージ。
彼も美しい容姿で最初は警戒心で接する歩。

でもジョージ、人柄もいいかんじ。

2人が協力して新しいことを始めていく様子はワクワクする。


歩のことを見守っている、真珠のキシとカリンが可愛い。
最初、登場したとき「だれ?」と思ったけど、真珠たちの会話だったと知り
なんだかアニメの場面のようで微笑ましかった。



                       ★★★


 
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
2 3 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]