忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3


発行年月;2019年11月

菜種油を扱う長崎の大店・大浦屋を継いだ希以(けい)26歳。幕末の黒船騒ぎで世情騒がしい折、じり貧になる前に新たな商売を考える希以に、古いしきたりを重んじる番頭の弥右衛門はいい顔をしない。

やがて店は火事で焼け落ち、父は出奔、迎えた婿も気に入らず、いつしか独りで大浦屋を支えることを誓う。幼い頃に亡くなった祖父から聞いた言葉、「海はこの世界のどこにでもつながっとるばい。昔は自在に交易できたばい。才覚さえあれば、異人とでも好いたように渡りあえた」が幾たびもも胸に甦る。

たまたま通詞・品川藤十郎と阿蘭陀人の船乗り・テキストルと知り合い、茶葉が英吉利では不足しているという話を聞き、ここぞと日本の茶葉を売り込む。待ちに待って3年後、英吉利商人のオルトが現れ、遂にお希以は旧弊なしがらみを打破し、世界を相手にするのだ――。

成功と落胆を繰り返しつつ、希以――大浦慶が経たいくつもの出会いと別れ。彼女が目指したもの、手に入れたもの、失ったものとはいったい何だったのか。
円熟の名手が描く傑作評伝。

                            (朝日新聞出版HPより)




幕末の長崎で、異国相手に茶葉で交易した女性・大浦慶の生涯。
凄いなぁ~とただただ感心。

婿養子に入った夫を、あの人は商売に向かないと翌日、追い出したり
番頭の弥右衛門にも自分の意見を押し通すという気の強さもあるが、
入り婿だった父緒が後妻とその息子とともに出奔したすえ、戻ってきたときは
忌々しいと思いながらも受けいれ、父の最後も看取り、腹違いの弟・亥之二のことも
自分の養子として、商を教えるという優しさもあった。

そんな魅力的な人だからこそ、いろいろな人がのちに助けてくれたのだなぁ~。

一時は、信頼していた人に騙され、家財差し押さえというどん底に落ちるが
それでも倒れず、前を向き進む姿は格好良かった!

生涯、独身だったけれど、多くの人の縁に恵まれ充実の一生だったんだろうな。


名前は憶えていなかったけれどNHKの大河ドラマ「龍馬伝」でも活躍していた
女性だった!
凄く印象深く、凄いな、この人とその時は思っていた。
女優は、余喜美子さんだった。やはり威勢が良くって恰好よかったぁ~。
龍馬たち亀山社中の面々を助けていた。


57歳で亡くなっているんですね。
男性以上の働きをして時代を駆け抜けて逝ってしまったんだなぁ~。



                                       ★★★★★
PR


発行年月:2019年8月

花仍は吉原にある西田屋の女将。主の甚右衛門に拾われた花仍は、
店の娘分として育ったのち、甚右衛門の妻になった。
十三年越しの願いが叶い、甚右衛門はお上に傾城町を作る許しを得たが、
築かれたのは果たして「女の城」だったのか? 
江戸幕府公認の遊郭・吉原の黎明を描いた傑作長編小説。

                   (双葉社HPより)



吉原の物語だけど、そこを取り仕切る、西田屋の主・勘右衛門の
妻・花仍(かよ)の目線で語られる。

西田屋の番頭・清五郎やトラ婆たちもいいキャラクター。

雇われている女たちの物語も少しあり、特に花仍が贔屓にしていた
若菜のことが印象的。
年季が明ける寸前に、両親が前借りに訪れ、折角、つかみかけて
いた夢も途絶えてしまい、なんとも哀しい。

でも、その娘・鈴とそのまた娘・菜緒と時代は繋がっていき
若菜の夢は途絶えても、娘たちが未来に繋げていく希望もあるのは
救いだった。

吉原って、こんな風に成り立っていたのか~と知らなかったことを
学んだ。

掟破りの処刑の場面は、ゾッとしたけど、全体的に陰湿な
場面はほとんどなく花仍の一生と吉原の歴史を楽しませて
もらった。


                        ★★★



発行年月:2018年11月

江戸時代をこよなく愛する著者が描く、武家の人生の諸相。仇討ち、学問、侍の就活、嫁取り、剣術、罪と罰……。身分に縛られ、役目に忠実であらねばならなかった武士の暮らしにも、喜怒哀楽に満ちた人の情は流れている。練達の筆がすくい上げる、きらびやかな宝玉のごとき八つの物語。江戸の庶民を描いた『福袋』と対をなす、時代小説短編集。


                      (講談社HPより)



庶民の生活を描いた「福袋」も良かったけれど、こちらも良かった。
武士の世界の厳しさ、生き抜くのも大変な様が描かれていて
辛い場面もあった。

8つの短編集
<紛者>
牢人の信次郎が、尊敬していた兄の仇を討つ機会を狙って紛者から抜け出す。

<青雲>
酒屋で奉公していたが兄が亡くなり実家へ戻る。
武士としての生活へ。「己の運を鍛錬せよ」以前言われた言葉を理解する。

<蓬莱>
四男の平九郎。
格上の旗本・中山家に婿入り。
何故、自分が好まれて?と不思議に思う平九郎。

<一汁五菜>
代々、江戸城本丸の台所人である山口家。
伊織の妹は大奥に仕えていたが自死している。
料理人らしくその仇をとることを決める。

<妻の一分>
大石内蔵助の妻・りく。
主君・浅野は吉良を短刀で刺した罪で切腹となる。
そんな事件後を見守って来た飼い犬・唐之助の眼からみた家族の様子。

<落猿>
藩の留守居役の理兵衛。
刃傷沙汰をおこした罪人に仕置きを伝える。
切腹のほかの一案。

<春夫>
剣術指南所の娘・芙希。
若い頃、道場に武芸修練のため、藩の赦しを得て旅をしているという
原数馬とのことを思い出す。


<草々不一>
前原忠左衛門。56歳の隠居の身。
妻は流行病の麻疹で亡くなり、嫡男・清秀が家を継ぐ。
武術より学問一辺倒の息子の差配が気に入らなかったが
妻が遺した文が見つかり・・・・


最後の話が一番、素敵だった!
妻の書いた文の内容が気になるものの、漢字が読めない忠左衛門。
息子に代わりに読んで欲しいと頼むが、との以外は読んではいけないと
書いてあると。
手習い所で漢字を習う忠左衛門。
そこで出会った利発で少々、生意気な半太郎とのやり取りが愉快。

そして、やっと読んだ文。
妻・直の気持ちが伝わってくる。

なんて素敵な女性なんだろう。

切なく重苦しい話もあったけれど
最後にこの作品があることで、読後感がすごく晴れやか♪


やはり、まかてさんの作品はハズレなしです!



                         ★★★★

 
 




発行年月:2018年7月


 

江戸時代最大の贈収賄事件の行く末は? 歴史エンタメの最高峰。

大坂の炭問屋・木津屋の主の吉兵衛は、稼業は番頭らに任せ、自らは放蕩の限りを尽くしてきた。そこへ実の 大坂の炭問屋・木津屋の主の吉兵衛は、稼業は番頭らに任せ、自らは放蕩の限りを尽くしてきた。そこへ実の兄・久佐衛門の訃報が伝えられる。実家である薪問屋・辰巳屋へ赴き、兄の葬儀の手筈を整える吉兵衛だったが、辰巳屋の大番頭・与兵衛や甥の乙之助に手を引くように迫られると、事態は辰巳屋の相続争いに発展する。上方で起こった相続争いの噂はやがて江戸に届き、将軍・徳川吉宗や寺社奉行・大岡越前守忠相の耳に入る一大事に。将軍までも巻き込んだ江戸時代最大の疑獄事件の結末は――。

                    (角川書店/発行)



江戸時代の贈収賄事件というので、難しい話かと思いながら読んだけど
読みやすかった。

炭問屋を木津谷吉兵衛が、実家の辰巳屋主人で兄の久兵衛の死によって
辰巳屋の相続争いに巻き込まれていく。

吉兵衛目線で描かれているので、吉兵衛の側に立って考えてしまうけど
辰巳屋主を支えてきた大番頭の与兵衛の立場で考えると、吉兵衛の存在が煙たい
存在であるのは理解できる。

どちらが悪玉なんだ?

しかし、牢屋の環境って劣悪過ぎて、人を殺めたわけでもない吉兵衛が
こんなところに入れられて酷い仕打ちをされる様子が本当に辛かった。
辰巳屋の元使用人であった嘉助は吉兵衛を子どもの頃から知っていて
今でも「ぼんさん」と呼びかける律義者。
その嘉助が牢の中で息絶えたときは特に辛かった(:_;)



結果、なんとか死罪は免れ島流しの刑が下された。
それも重たい罪なんだけど、妻の瑠璃との再会は、ほっこりするものがあって
良かった。


知らなかった史実を少し学んだかんじ。
でも個人的には、まかてさんには、明るいお話を書いて欲しいな~。



                      ★★★



発行年月:2018年2月


 「草どん、語ってくれろ」どこからともなく現れた子狐は、目の前にいた草に話しかけた。
物語をせがむ子狐に、草どんは重い口をひらく……。

子狐に山姥、乙姫に天人、そして龍の子。民話の主人公たちが笑い、苦悩し、闘う! 
「俺たち、本当に存在しているんですか?」
やがて物語は交錯し、雲上雲下がひずみ始める。物語が世界から消えてしまうのか?
不思議で懐かしい、ニッポンのファンタジー。

                    (徳間書店HPより)


聞いたことがある昔話たち。
語るのは草どん。

草どんに懐いて、お話をせがむ子狐が可愛い♪
「あい」 「あいあい」と合いの手を入れながら・・・・。


草どんの元に、来るのは、山姥に、産みの母親を探して旅する小太郎。

草どんは、それぞれの物語も知っている。

山姥、子狐、小太郎。
それぞれの物語も興味深く、本当の姿がわかってくると・・・・
おぉ~そういうことか・・・・と。

それから、最後は、草どん自身の物語。

雲の上と雲の下。その間を繋ぐのが物語。


小太郎と花はその後、幸せになったんだろうなぁ~。
子狐は、お嫁さんを貰って一族の頭領として立派に成長したんだろうなぁ~



色々な昔話をちゃんと知りたくなった。

素敵な物語だったなぁ~。


                    ★★★★★




カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 4 5 6 8
9 10 11 13 15
16 18 19 21 22
24 26 27 28 29
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]