忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3



発行年月:2018年3月


 大人は、片想いなんてしないと思ってた。
彼氏がいなくても充実していた日々が、恋をして大きく動き出す! 
ときめく心を取り戻す長編小説。

                 (中央公論新社HPより)



主人公の葛城命(メイ)は、35歳、独身。
外食産業の会社でカフェの副店長。
27歳のとき、高校時代から付き合っていて結婚まで考えた男性に
振られ、以来恋もせず。
両親は離婚していて、一緒に暮らしていた母親は病死。


いざというとき、頼れるのは親友・みっちゃんと大ちゃん。
共に高校時代からの友。


しかし、そんなメイにも変化が!

好感が持てる主人公なので、なんとか幸せになって欲しいなぁ~と思いながら
読みました。
カフェの常連客の一人、塾で数学を教える羽鳥との少しずつ親しくなっていく
様子が微笑ましくて・・・。
お互い、傷ついた過去があるからこそ、少し臆病で慎重。
うん、実にお似合い!

ラストの場面は、胸キュンだったなぁ~^m^


ほかの人物たちも魅力的だった。
特に新人の杉本君!
最初は、イケメンでも生意気で帰国子女ってことを自慢したいのか?と
感じ悪かったけど、本当は裏表がないだけで良い子だったな。

楽しい小説でした♪

 
 
                            ★★★
PR



発行年月:2017年11月


 郊外にあるショッピングセンターのシネコンでは、学生やフリーターや主婦たち百人近くが働いている。今日のクリスマス・イブは、日曜日で舞台挨拶やイベント上映もあるから、かなりの人数が出勤しているようだ。恋に悩み、コンプレックスを抱え、将来に不安を感じながら、慌ただしく走りまわるスタッフたちの、長くて短い一日がはじまる。
シネコンでのアルバイト経験ある著者が、自らの青春を詰めこんだ連作短編集。

                      (光文社HPより)



クリスマスイブの日、
シネコンで働く人たちの人間模様あれこれ。
たくさんのスクリーンがあって色々な映画を同時上映しているシネコン。
働くのは大変そうだなぁ~。
それなのに、バイトは時給800円で新人もベテランも一律って
少し前の時代の話??

あ、著者がシネコンバイト経験者だから、その当時のことかな?


物語の主人公とか特別ないけど、舞台になっているシネコン開業当時から
バイトで働いている島田貴実と岡本が軸かな?

二人が遭遇したという5年前の事件というのが最初から気になる。

事件の話は途中、出て来たけれど、そういうこと実際にもありそう。

それを機に、二人の関係がややぎくしゃくしたものになってしまった
そうだけど、最後はハッピーエンドで良かった♪

バイト同士の恋バナより、主婦バイトの宮口さんの話がジーンと来た。
わざわざ、この日にバイトを入れた宮口さんだったけれど、
この後は、楽しいイブを家族で過ごしたんだろうなぁ~(^^)


映画館のお仕事の裏側も知れて、なかなか面白かった!


                        ★★★



発行年月:2015年6月

コンビ名「メリーランド」として南部芸能事務所の舞台に立つ新城と溝口。しかしライバルは多く、明るい未来はまったく見えない。「オレたちはつづけられるんだろうか」誰もが悩み、日々苦しんでいる。そんな芸人を見つめる「家族」たち。そこには確かに「愛」と「笑い」がある。南部芸能シリーズ待望第3弾。

                     (講談社HPより)



第4弾の「オーディション」を先に読んで、こちらもあるのを知り急いで読みました。
南部芸能事務所に所属する「メリーランド」の新城と溝口。
ナカノシマの3人。
また別の事務所ではあるけれど、交流を持っているインターバルの榎戸と佐倉。

それぞれが、芸人としてまだ売れてはいない頃のはなし。

芸人としてやっていけるのか?不安な気持ちをそれぞれが抱きながら
でもやはりこのままやっていきたいとも思う。

それぞれの家族のこと、恋愛のこと、彼らの周りの人間関係が綴られていた。


南部事務所のテネシー師匠と溝口の父親の関係がわかった話は、感動的だった。


「メリーランド」も「ナカノシマ」も「インターバル」も頑張れ!

新たな活躍の様子を、また読みたいなぁ~。


                        ★★★



発行年月:2016年5月


 芸人になりたい。あの舞台に立ちたい。南部芸能事務所のライブを見て決心した新城は、大学の友人、溝口とコンビを組み「メリーランド」としてデビューする。事務所のライブに出演しながら上を目指して努力を重ねるうちに、全国ネットの芸人オーディション番組への出演が決まった。毎週3組が出演し、その評価で残った者のみが再度出演できる。最後まで勝ち残れば、レギュラー番組が持てるという大きなチャンスだ。夢に向かってひたすら努力あるのみ。ただし努力をしているのは自分たちだけではない。同じ事務所の先輩トリオ、大手事務所の同い年コンビ、皆が皆、欲しいものはひとつ。とにかく上へ、その一心でもがく若手芸人たちの苦悩と前進を、鮮やかに細やかに描ききる群像ドラマ。講談社文庫も刊行開始。絶好調シリーズ第4巻。

                      (講談社HPより)




前回「メリーランド」を読んでいたので、久しぶりに会えた新城と溝口!
今回は、ほかの芸人「ナカノシマ」・・・中野、野島、中嶋のトリオ
「インターバル」・・・佐倉、榎戸のコンビ

などのことも色々知れて、芸人同士、ライバルでありながらも
お互いのことを認め、自分たちも上に上ろうとそれぞれが努力する様子が
清々しくていい。

なかなか厳しい世界だなというのもよくわかる。

新城と溝口は、同じ大学の4年生だったが、卒業を迎え、いよいよ芸人として
スタートを切る。
暫くはバイトと掛持ち。
早く沢山、稼げるようになれるといいね!

二人の関係がなかなか良くて、今後も応援したいので続編で成功した姿が
読みたい。


と・・・巻末に「春の嵐」が、この本の前にシリーズ3弾として
発行済みというのに気づきました^^;

早々に読まなきゃ!^^;


                       ★★★★



発行年月:2015年10月


すぐそこに、幸せはあるはず。
なのに、どうして遠回りしてしまうのだろう。
同じ道沿いだけれど生活環境も雰囲気も違う街
そこで暮らす女たちのリアルで切ない恋物語

東京・環状八号線沿いは電車で行くとまわり道。直線距離は近いのに……
迷い悩み傷ついても、選んだ道をゆくしかないんだ――
・荻窪在住:真希――――女優を目指す劇団員。バイト仲間に片想い。
・八幡山在住:絵梨―――同棲相手のエリート会社員はDV男だった。
・千歳船橋在住:亜実――新婚生活なのになぜか不安。そんな時、元彼に再会して……。
・二子玉川在住:芙美――高級マンションに暮らす専業主婦。夫の浮気に苦悩中。
・上野毛在住:里奈―――美人で仕事も順調。だけど、肝心の恋愛が空回り。
・田園調布在住:麻夕――お金持ちのお嬢様。好きな人と住む世界の違いを感じて……。

                 (祥伝社HPより)



短編かと思ったら・・・登場人物たちが繋がっていく連作でした。
2番目の話、絵梨の同棲中の小山貴志が野毛山在住の里奈と
急接近するのは危ないなぁ~。
DV男って一緒に暮らさないと本性出さないのかな?

どの話の主人公たちもし幸せを感じていないのが、なんだか辛い。
話としては面白かったけど・・・。


                    ★★★
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
2 4 5 7
10
16 18 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]