忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2



発行年月:2016年1月


 さえない52歳の非常勤講師小松とネトゲに熱中する飲み友達のサラリーマン宇佐美。小松に訪れた人生最後(かもしれない!?)恋に、宇佐美は奮闘するのだが……「完全恋愛小説」の誕生!

ーー「小松さん、なんかいいことあった?」
52歳の非常勤講師小松の恋と、
彼を見守るネトゲに夢中の年下敏腕サラリーマン宇佐美の憂鬱


52歳の非常勤講師小松は、新潟に向かう新幹線で知り合った同い年の女性みどりが気になっているが、恋愛と無縁に生きてきた彼は、この先どう詰めればいいか分からない。一方、みどりは自身の仕事を小松に打ち明けるかべきか悩んでいた。彼女は入院患者に有料で訪問サービスをする「見舞い屋」だったのだ。小松は年下の呑み友だち宇佐美に見守られ、緩やかに彼女との距離を縮めていくのだか、そこに「見舞い屋」を仕切るいかがわしい男・八重樫が現れて……絲山秋子が贈る、小さな奇蹟の物語。

                    (河出書房新社HPより)



<小松とうさちゃん>

うさちゃんは、小松の通う居酒屋の常連客宇佐美。
小松が52歳でそれよりは少し若いのかな?
40代で、妻子あり、ネットゲームにハマっている。

ネットゲームって知らないけど、こんな風に四六時中気になるものなのか?
そんな様子も面白かったけど、
小松と宇佐美の関係が、お互い深入りせずほどほどの距離を保った親しさで
なんか羨ましい関係。

そして独身小松に恋バナ。
同い年の長崎みどりとの出会いから、付き合い始め、結婚するかも?という関係に
移行する過程が微笑ましい。
中年のカップルなのに、ちょっと初々しさがあって、いい。
そして二人を見守る宇佐美。
なんと、宇佐美とみどりに驚きの事実!
みどりもネットゲームで宇佐美と一緒にゲームしてたとは~^m^

まあ、楽しいお話でした。


もう1篇短いお話<ネクトンについて考えても意味がない>
なんじゃこのタイトル?と思ったけれど、
なかなか哲学的な話でした。

ミズクラゲと60歳の女性が精神で海の中で会話する物語。
海の情景が浮かんで来そうで、ミズクラゲのいう言葉がいい。

ネクトンは水に逆らって自力で泳ぐことが出来る、イルカや大人の魚たちのことらしい。
そしてミズクラゲは自分から泳ごうとしないから、プランクトンなんだと。

クラゲのなかには死なないものもいるけれど、精神があって死なないのは辛い。
彼らには精神がないのが救いだと。


なるほどね・・・確かに、ずっと死ねないのも苦痛だろうなぁ~。
生きてるって楽しいことばかりじゃないから・・・

寿命で死ねたらそれは幸せなことなんだろうなぁ~。


絲山さんの書く文章は、やはりいいな。


                       ★★★★★

PR



発行年月:2015年12月


 境界とはなにか、よそ者とは誰か――。土地に寄り添い描かれる、迫真のドラマ。

地方都市に暮らす宇田川静生は、他者への深入りを避け日々をやり過ごしてきた。だが、高校時代の後輩女子・蜂須賀との再会や、東京から移住した木工職人・鹿谷さんとの交流を通し、徐々に考えを改めていく。そしてある日、決定的な事件が起き――。季節の移り変わりとともに揺れ動く主人公の内面。世間の本質を映し出す、共感必至の傑作長編。

                      (新潮社HPより)




イトルから想像して、薄情な人が主人公かと思って、宇田川静生が
何かヒドイ仕打ちをするのかなぁ~?なんて思っていた。

主人公は、群馬県高崎在住。
神主見習いで叔父の神社を手伝い、夏は北海道のキャベツの収穫を仕事にしている。

高校時代の女友だち・蜂須賀と再会。
蜂須賀は名古屋大を卒業後、名古屋の企業に就職したという。

そして木工職人の鹿谷の工房に通い、親交を深めていた。
鹿谷には東京に妻子がいる。


蜂須賀と鹿谷との関係がアッサリ崩れる事が起きたときには、唖然。
静生はショックだろうな。
恋人関係になったように思えた吉田瑞穂との別れもあったりして・・・
なんだか可哀想になった。

あてもなく車で走るうち、みつけた高校生・カズシとの出会い。
ヒッチハイクには不向きな場所で行き先を書いた紙を掲げるカズシの元に
わざわざ車を止めて徒歩で声を掛けに戻るなんて、良い人じゃん!!と感動した。

カズシとのやり取りほんわかした。

ま、あっけなく別れたけど・・・。
薄情というのとは、違うかな?

物語を読み終えて、表題の「薄情」の意味を考えるとなかなか深いなと思う。
あまり人間関係に深く悩むと辛くなる場合は、バッサリ忘れちゃうのも
いいんじゃないか?
宇田川には、また情を深められる相手が現れるといいな。


なかなか面白い話だったな~。


                         ★★★★



発行年月:2004年2月


 文學界新人賞受賞・芥川賞候補、大型新人の第一作品集 う
つ病のヤクザに痴漢の 友だち、シンドい事情を抱えた奇妙な人々のメゲない
、挫けない、すねない生き様を描い た鮮烈なデビュー作.

                  (文藝春秋HPより)




絲山さんの作品は幾つか読んで、結構好きな作家さんです。

これは、デビュー作だとか。
最初から個性的な作品だったんだなぁ~と感心^m^


表題作ともう1つ「第七障害」

「イッツ・オンリー・トーク」は、元新聞社の社会部で報道に関わっていたが、
親友の事故死を報道後、トラウマで精神を病んでしまい

今は画家に転身の女性が主人公。

「第七障害」は、競馬の騎手であったが、事故で、愛馬を死なせてしまった罪悪感から
逃れられない女性が主人公。


2人の主人公に共通しているのが、結構、重たいものを抱えてしまって
いるけれど友達が多いことに救われているかなぁ~?

特に変わった友達が多いのは「イッツ・・・・」の方だけど
ある意味、羨ましいかも。
自分のことを理解してくれている人が多い。

痴漢の友達は、もうふつうに恋人と思っていいんじゃないか?と思ってしまったけど
恋愛感情はなしなのか?


「第七障害」の女性は元カレの妹と気が合って、ルームシェアをする。
この妹もサバサバしていて愉快な人だったなぁ~。


絲山さんの物語に出てくる人たちってすごく個性的。
自分の周りには居ないタイプばかり。


最初から最後まで楽しませて貰えた(^^)


                         ★★★★



発行年月:2004年10月

第30回川端康成文学賞受賞

指一本触れないまま、「あなた」を想い続けた12年間。
<現代の純愛小説>と絶讃された表題作、「アーリオ オーリオ」他1篇収録。注目の新鋭が贈る傑作短篇集。

選評より――
<袋小路の男>は純愛物語です。多くの作家が書こうとして、なかなか書けなかったテーマを、絲山秋子は達成しました。――小川国夫氏
大都会の真ん中で育った子供たち特有の、過度なまでの節度、孤立したとまどいと寡黙の出口のない切なさが、読者である私にも迫ってきた。――津島祐子氏

2005年本屋大賞 入賞作

                  (講談社HPより)



絲山さんの少し前の作品ですが、いいなぁ~この人の書く文章。

3編のお話ですが、
<袋小路の男>と<小田切孝の言い分>は、連作。

大谷日向子は高校生の時から、小田切孝に思いを寄せている。
しかし、二人は指一本触れることなく、お互い別の人と付き合ったり、別れたり・・・。

小田切は、女性にモテルタイプ。
ぶっきら棒な物言いなのに、たまに気を遣った風な態度をしてみせたり。
高校生の時からちょっと不良ぶっているし。
小田切は、作家を目指し、定職には、就かず高校生の時入り浸っていた
「エグジット・ミュージック」でバイトしている。

成人し、日向子は社会人になり、一旦、東京を離れて大阪に暮らすが
東京に度々帰り、小田切孝に会う。

2人の会話が面白い。
日向子は高校生の時から、年上の小田切には敬語。
小田切は常に上から目線の話し方。
乱暴な言い方でもそこに二人じゃなければ、わからない通じ合うものがあるかんじ。

<袋小路の男>の方は日向子目線の物語で、小田切のことなんか諦めればいいのに・・・
なんて思ったりもしたけれど・・・
<小田切孝の言い分>を読むと、小田切は日向子に心を許してるかんじだなと
思い、二人は男女の関係に今更ならないのかもしれないけれど
男女の友情が成立している二人の関係は、貴重だ!と思った。
正しく純愛!!
ラストは二人らしい。



もう1編の<アーリオ オーリオ>も良かった!
独身の40近い男・哲とその姪の中学3年生・美由の関係がほのぼの。
メール交換しようと言う美由に「手紙ならいいよ」と二人の文通が始まる。
何日か後に、既に過去になった気持ちが届くって面白い。


読みながら、ちょっと哲と孝って似てるな・・・・なんて思った。
理解しずらい男たちだけど、良い人。


絲山さんの本、他にも未読のもの読んでみよう!


                         ★★★★★

 



発行年月:2014年9月

生命の「離陸」を描いた新境地長篇

謎の暗号文書に導かれて「女優」を探すうち、主人公は幾つもの大切な命を失っていく。
透徹した目で寄る辺なき生を見つめた感動作。

                    (文藝春秋HPより)



主人公は、佐藤 弘(ひろむ)。
大学で土木工学を学び国交省入りした若きキャリア官僚。
物語の最初は、群馬県の八木沢ダム。
そこに突如現れた黒人。フランス人のイルベール。
「女優」を探しているという。
「女優」とは、弘の昔の恋人・乃緒のことだった。
乃緒からは一方的に別れを告げられ、その後音信不通のままだった。

そして、弘はパリのユネスコ本部に2年の任期で赴任。
そこから物語が面白くなりました。

再び、イルベールに会い、彼が一緒に暮らす乃緒の息子・ブツゾウとも会い
親しくなる。
ブツゾウの父親は後にわかるのだけど、乃緒という所在不明の女性は
いったい何者??と考えながら読むことになる。

謎の暗号文に秘められた東洋人の女性=乃緒??
暗号文が記された謎の女性は1930年代にいた人物なのに・・・。

乃緒については、謎多きで、よくわからないことだらけでしたが、
弘がフランスで知り合った恋人・リュシーと幸せそうな日々を送る場面は
楽しかった。
けれど・・・・。


表題の「離陸」の言葉を借りるなら、登場人物たちが次々、離陸してしまい
それを見送る形の弘同様、読み手の気分も落ち込みました(/_;)。


幼い子どもだったブツゾウが立派に成長した姿が終わりで読めて良かった。
彼の未来が明るいものでありますように。。。


あとがきで、「自分はやはり短編書きだなあ」と思うと書かれていましたが
またこのような長編も読ませていただきたいです。

不可解な部分も残る物語でしたが、読み応え十分で楽しませて貰いました!


                         ★★★★★
 

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]