忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6




発行年月:2016年10月



 16年前の幼女殺害と酷似した事件が発生。かつて刑事として捜査にあたった神場は、退職した身で現在の事件を追い始める。消せない罪悪感を抱えながら──。元警察官の魂の彷徨を描く傑作ミステリー。      

                    (集英社HPより)



定年退職した元刑事の神場智則。
妻の香代子と共に四国巡礼の旅に出る。

神場には、心の中にずっと引っかかっている事件がある。
16年前の幼女殺害事件。
被害者の幼女を発見したその場に居合わせ、衝撃的な当時の様子が
頭から離れない。

そして、巡礼の途中、知った幼女殺害事件。
16年前のことと、嫌でも結び付けてしまう。



定年退職しても尚、刑事。
新に起こった事件の真相が気になり、元部下に経緯を聞く。

実際は、こんなことそうそう、ないだろうけどね。

神場の正義感は凄いと思うけど、妻の香代子がそれを支えている姿の方に
感動した。

また二人の娘・幸知とのこと。
幸知が付き合っている刑事・緒方は、神場の部下。
人間として素晴らしいとわかっていても、娘がその妻となる事には
難色を示す父親としての考え方。


家族の在り方のようなものも考えさせられる物語。


                       ★★★★
PR



発行年月:2015年8月

警察ハードボイルドの新たなる金字塔!

昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のも 昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力団系列の金融会社社員失踪事件を追う。心を揺さぶる、警察vs極道のプライドを賭けた闘い。 

                (KADOKAWA HPより)



柚月さんのハードボイルド小説、凄く良かった!
男の人が書いたものより良い!

国立大卒なのに、キャリアの道を進まず、現場で働くことを選んだ刑事の
日岡秀一25歳。
捜査二課主任 暴力団係の班長・大山章吾(44歳)のと共に動く。
大山の型破りな操作に驚きながらも徐々にその考え方に惹かれていく日岡。

暴力団相手の刑事って、こんな過酷な日々なのかな?
大山は妻子を事故で同時に亡くし、独り暮らし。
家族を失い守るものが身近に居ないから、こんな危ないやり方が出来るのかも。
これはいつか殺されるかなあ~と嫌な思いをずっと抱きながら読んでいたので
本当にそうなったときは、ああぁ~やっぱり!と思ってしまった。

日岡が後を継ぐとかいうけど、今後の刑事としての働き方を読みたい。
続編出るかな?
期待していよう。


                        ★★★★★
 
 

発行年月:2016年7月


 裁判所職員採用試験に合格し、家裁調査官に採用された望月大地。
だが、採用されてから任官するまでの二年間――養成課程研修のあいだ、修習生は家庭調査官補・通称“カンポちゃん”と呼ばれる。
試験に合格した二人の同期とともに、九州の県庁所在地にある福森家裁に配属された大地は、当初は関係書類の記載や整理を主に行っていたが、今回、はじめて実際の少年事件を扱うことになっていた。
窃盗を犯した少女。ストーカー事案で逮捕された高校生。一見幸せそうに見えた夫婦。親権を争う父と母のどちらに着いていっていいのかわからない少年。
心を開かない相談者たちを相手に、彼は真実に辿り着き、手を差し伸べることができるのか――
彼らの未来のため、悩み、成長する「カンポちゃん」の物語。

                  (文藝春秋HPより)




家庭調査官・・・聞いたことはあるけれど、具体的な仕事の内容は今回、この

物語を読んで知りました。
法律を学んだ者、心理学を学んだ者、社会学を学んだ者たちが仕事をしているんだとか。
物語の主人公・望月大地は法学部出身。
九州の福森家庭裁判所の家裁調査官補佐・・・カンポちゃんとして調査官の補佐を
しながらの見習い中。

物語は5話に分かれていて、それぞれの話の中で出会う人たちに
いつもその人の立場に立って物を考える姿勢が好印象。
元々の性格も穏やかな人じゃないと務まらない仕事じゃないかなぁ~?


<第1話 背負う者 17歳 友里>
窃盗容疑の鈴川友里。
lineで知り合った男性をラブホテルに誘い、そこで10万近い現金を盗んだという。
父親は3年前に他界し、母親と妹で暮らしている。
高校には行かず、週6日、コンビニで働いている。

人様に迷惑をかけちゃいけない・・・友里の母親の口癖。
母親もずっとそう言われて育ってきた。


<第2話 抱かれる者 16歳 潤>
交際中の高校1年の女の子から交際を止めたいと言われ
その後ストーカー行為を繰り返し、カッターで脅した。
家裁調査官の面接時には、礼儀正しく、自らの罪を反省する言葉も言う
模範的なかんじ。

潤の母親も、すぐに被害者の元に謝罪に行き、息子のどこがダメだったのか
教えてほしいと迫る。


<第3話 縋る者 23歳 理沙>
正月休みに地元に行き学生時代の友人たちと久しぶりに会う大地。
そのなかの唯一の既婚者・理沙が実は離婚していると大地にだけ打ち明ける。

現在、息子の親権争い中という。


<第4話 責める者   35歳 可南子>
夫からの精神的虐待により苦痛を伴い精神科通院中の可南子。
離婚申し立てをするが、夫は反省し自分の行動を改めるので離婚には
応じられないという。



<第5話 迷う者  10歳 悠真>
離婚したら、親権をどちらにするかを決める場面。
悠真の実の父親は現在交際中の男性だという妻。

悠真の本音を聞きだす大地。


まだまだ未熟な家庭調査官補の大地が、これから成長していくだろう姿も
読みたいな~。
罪を犯した少年・少女の背景にある問題にも気づくことが出来たり
親の離婚で心を痛める少年の心の叫びを聞くことが出来た大地は
きっと良い調査官になっていくでしょう。



                       ★★★★★



発行年月:2015年9月

殺人者は極刑に処すべきだ。親は子の罪の責任を負うべきだ。
周囲は変調に気づくべきだ。

自分の子供が人を殺してしまってもそう言えるのだろうか。

読み進めるのが怖い。だけど読まずにはいられない。
デビューから10年間、少年事件を描き続けてきた薬丸岳があなたの代わりに
悩み、苦しみ、書いた。
この小説が、答えだ。

                    (講談社HPより)



仲が良かったと思っていた同級生を14歳の少年・翼は殺害した。
重苦しいテーマですが、少年犯罪について読みながら、いろいろと考えさせられた。

加害者少年・翼は、両親が離婚し、母親と二人暮らし。
母親は仕事で留守がちで夜の帰宅も遅く、放課後は友人たちが来る日が多かった。
被害者になった少年・優斗もその一人で、母親が4年前病死した後、弁護士の父親が
再婚した。
お互いの境遇に似たものを感じ、翼と優斗は親しくなったのだけど・・・・。

事件の真相をなかなか語らない翼。
でもその真相を語り始めると・・・
なんだか胸が痛くなって、本当に辛かった。
自分の子どもが翼だったら・・・と思うと堪らない。
親はどうするべきだったんだろう?
後悔だらけの日々になるでしょう。

また被害者の弁護士の父親の感情も納得。

皆の言葉がそれぞれ痛いほどよくわかる。


翼が父親に投げかける言葉が印象的
「心とからだとどっちを殺したほうが悪いの?」。

冷静に考えればからだを殺した方が悪いに決まっているけれど、父親が即答できなかった
気持ちも充分わかって辛い。

しかし、少年法はやはりちょっと甘くないかな?とも思ってしまった。
模範的態度で少年鑑別所で過ごしたからと言って数年で社会復帰できるのは・・・・。
本人の為にももう少し違う段階を踏んでからの方がいいんじゃないか?
難しい問題だ。

子どものSOSに敏感に反応できる親でありたいけど、それもまた難しいことかな?
親以外に身近な発信場所があること(福祉関係で)を学校教育のなかでも
子どもたちに頻繁に教えることも必要かも。


                          ★★★★
 




発行年月:2015年8月


 正しいのは、母だろうか、娘だろうか。
間違っているのは、娘だろうか、母だろうか。
答えはきっと、母と娘の数だけある。

母と娘の“呪縛”と“依存”をサスペンスフルに描く、
唯川恵氏、待望の長篇小説。

母に疎まれ、母に怯えてきた32歳の千遥は、愛人の援助でセレブ気取りで暮らしている。年下のフリーター・功太郎から熱心に迫られ、なんとなく関係してしまうが、もちろんそんな男を結婚相手として母に紹介できるはずがない。けれど、功太郎が公認会計士の試験に合格し、千遥の気が変わる。この相手なら、母を満足させられるのではないか、と。
母に愛され、母が大好きな27歳の亜沙子は、ずっと母と二人暮らし。母との週末ランチが習慣だ。ある日のランチに母は田畑というおとなしい男を招く。男として魅力があるわけではないが、母がいいという相手だし、とくに嫌なところもないし、と亜沙子は結婚を決める
。結婚を機に、二組の「母娘」が向き合うとき、そこに生まれるのは、謀反か和解か――。
思いがけないラストまで一気読み必至の長篇小説。

                    (幻冬舎HPより)




千遥と亜沙子二人の女性がいつも気にしている母との関係。

うんうん、わかるわかると思いながら読んでいました。

大なり小なり、母親ってみんなこんな感じかも~。
自分も娘たちに、重荷になるような言動は慎まなきゃなぁ~なんて
思ったり^^;


しかし、二人の女性それぞれ、色々ありながら、母親との関係が
修復されたのは、良かったかな?

この表題の意味、読了後、「巧いなぁ~」と思った!

唯川さんの長編小説、久しぶりに堪能させていただきました♪


                          ★★★★










































カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]