忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2



発行年月:2016年5月

この幸せを守るためには、性欲のはけ口が別に必要だ

「たかがセックスで生活の全部を捨てる覚悟はあるのか」。
したい妻としたくない夫。
セックスと幸福の関係を描き切った連作短編集。

                   (文藝春秋HPより)



なかなか面白かった!
セックスレスに悩む初美は31歳。
ジュエリー制作が仕事で、時々展示会を開く。
夫の啓介は5つ年上で女性誌の編集長。

夫婦仲は良いのだけど、セックスレス。
二人でお風呂に入ったり、スキンシップはあるし、会話も多い。
それならいいじゃんとわたしなんかは思ってしまうのだけど・・・
初美はそれを悩んでいて、同じようにセックスレスを悩む大学の同級生
羽生くん(会計士)と月に一度程度、羽生くんの会計事務所近くのバーで飲み
ながらお互いの近況を話す。
羽生くんはついに浮気をしちゃうのだけど、初美は、危いところまで
行くものの、なんとかその寸前で留まる。

悶々とする気持ちをついに夫に爆発させて、その後一人で寝台列車に飛び乗る。
でもやはり冷静に考えて戻る。

初美って可愛いなぁ~と思う。
夫の啓介も初美気持ちをちゃんと理解して、二人でなんとか
今までと違う環境にしようと旅行を計画したり、ラブホテルに行ってみたり。

なんだか微笑ましい夫婦。


                         ★★★
 
PR



発行年月:2016年2月


 アッコ女史&“永遠の部下”澤田三智子みたび! 「アッコちゃん・ロス」の方々の嘆きが編集部に届き、期待にお応えして、今回はすべて黒川敦子登場の「オール・アッコちゃん」短編集。とてつもない存在感でいつでもブレない、ご存じアッコ女史が今回もストレートすぎる叱咤激励を連打します! 妙に冷めた若手男性社員、敵意を持ってやってきた取材記者、そして時間がうまく使えない三智子。栄養たっぷりのアドバイスはいかが。さくっと読めて元気をもらえるビタミン小説、待望の第3弾! アッコちゃんの意外な一面も!?

                      (双葉社HPより)


短編形式でお話4つ。
相変わらず、アッコさんはパワフルでいい!
そしてアッコ女史の元部下・美智子は、結婚したんですね~。
そして、職場ではリーダー。
でも、やはり美智子らしい。
リーダーであることに全然、自信がなくて、若い子たちから嫌われることを
恐れている。
そして、仕事の帰りも遅くなり夫となかなか時間を共有できない美智子。

そんな様子をアッコ女史がビシッと説教する様子が微笑ましい。
良い関係だなぁ~。
それを素直に受け入れる美智子の性格もいいんだけど。


アッコさんの習い事に月曜~金曜まで付き合う美智子。
けん玉、絵、梅干しづくり、ゴスペル・・・・・それぞれの習い事先でのアッコさんの
姿が可愛らしい。


表紙の巻きずし、可愛いなぁ~
お話に関係あるものだったんですね~(^^)


またアッコさんの物語、読めるかな?
今回も楽しかった♪


                         ★★★





発行年月:2015年3月

彼女の友情が私を食べ尽くす ブログがきっかけで出会ったキャリアウーマンの栄利子と 専業主婦の翔子。その「友情」は次第に思いもよらぬものに変わってゆく……。

                (文藝春秋HPより)




大手商社に勤務する志村栄利子と、夫と二人暮らしの専業主婦丸尾翔子の物語。

二人は同じ30歳。

翔子のブログ『おひょうのダメ奥さん日記』のファンで、ブログの更新を
楽しみにしている、栄利子が、偶然、会い、親しくなる。

最初は、ふつうの会話、二人とも楽しそう。
でも、やがて栄利子の束縛めいたメールに辟易してくる翔子。


う~ん、栄利子みたいな人居そうだな~。
ある程度の裕福な家庭で大事に育てられ、学歴も容姿も良くて、自分の価値観が
正しいと思い込んでいる人。

遠目に見ているだけならいいけれど、親しくはなりたくないな・・・という人ね。


翔子は、唯一の味方である夫の賢介との関係も自業自得とはいえ、栄利子によって
壊されることになっていく。

この二人の間に、事件でも起きる?とドキドキしながら読みましたが、
根本的には、理性的な二人で良かった。


ブログをわたしも書いているので、なるほど・・・気をつけないと!と
思う事もあったな。


嫌な話ですが、面白かった!
男の人が読んでも、たぶん、面白くはないでしょうが・・・^m^



                         ★★★★
 



発行年月:2014年10月

アッコ女史ふたたび! 大人気の「ランチのアッコちゃん」に、待望の続編が登場!! 澤田三智子は高潮物産の契約社員として、シャンパンのキャンペーン企画チームに入っているが、会議は停滞してうまくいかない。そこに現れたのが黒川敦子女史、懐かしのアッコさんであった。またもやアッコさんの底知れぬ力をまざまざと見せつけられる三智子であった――表題作ほか、「メトロのアッコちゃん」などを含む全4編。

                   (双葉社HPより)


ランチのアッコちゃんの続編。
黒川敦子女史のモーレツぶりが気持ちいい。


4編からなるけれど、アッコさん登場は前2つのみ。

<3時のアッコちゃん>
アッコさんの元部下・澤田三智子は、会社の会議にお茶の用意をしている。
アッコさんが、そのお茶の用意を自分の勤める「東京ポトフ&スムージー」に
任せて欲しいという。
そして会議は1週間(月~金)、毎日午後の3時から30分間だけとアッコ女史の
アドバイスに従う。

出されるメニューが美味しそ♪
月曜日・・・アールグレイ、ショートブレッド
火曜日・・・きゅうりのサンドイッチ、ダージリン
水曜日・・・ビクトリアケーキ、ウバ
木曜日・・・スコーン(チーズ、クリーム、数種のジャム)、アッサム
金曜日・・・シャンパン、クリスマスプディング


<メトロのアッコちゃん>
駅のホームでスムージー販売のアッコ女史。
仕事に行くのが憂鬱で仕方ない榎本明海(27歳)をみつけ、無料で
スムージーを飲ませる。
そして、次の日もまた次の日も・・。

最初は迷惑がっていた明海も仕事に対する気持ちを変えていく。

<シュシュと猪>
変わった題名だなぁ~と思ったけれど、猪もシュシュもちゃんと重要な存在として
登場してました!
え?六甲種周辺って猪が普通に街に現れるの?



<梅田駅ワンダーワールド>
東京から大阪の会社に就職の面接に来た若林佐江。
大阪駅を降りた地下で迷い、面接会場には遅刻。
その場で採用はなしになる。

こういう子が会社にとっては重要な人材になるのになぁ~。
世間ってなんだか理不尽だな。

でも拾う神あり!!
この子のその後の話が読みたいなぁ~。と思った。


アッという間に読了。
そして、今回も楽しかった。
アッコさんのお店も繁盛している様子が後ろ2つのお話から想像出来て
また何やら続編ありそうかな?


                          ★★★
 



発行年月:2014年8月


 スカイツリーを見上げながら、水上バスで通勤する富田宝子、28歳。
浅草にあるおもちゃ会社の敏腕プランナーとして働く彼女は、
次から次へと災難に見舞われる片想い中の彼のため、
SP気分で密かに彼のトラブルを解決していく……!
やがて、自分の気持ちに向き合ったとき、宝子は──。

                     (東京創元社HPより)




片想い歴5年の富田宝子28歳。

ルームメイトは遊び人のレズビアン・菅沼玲奈。

宝子が片想いしている相手は、西島裕也31歳。
フリーのグラフィックデザイナー。
仕事を通じての知り合いでもある二人。

宝子は、容姿も良いし、仕事も出来て、後輩からも憧れられている女性。
性格もいい。
なのに・・・相手の西島は、どこに魅力があるのやら???

西島のために陰で働く。
その働きが報われることはないのに・・・。
ああ、なんて健気なんでしょう。


彼に恋人がいると知っても、そして後輩が彼と付き合うことになっても
寛大な心でそれを受け入れ、尚且つ片想いは継続される。

ほかを向けばもっと素敵な男性居るのになぁ~なんてヤキモキしたけれど、
最後の最後に西島が思っていたよりまともな人とわかって良かったわ~。

宝子の存在が自分にとって大事だと気づいた?

宝子が幸せになれますように・・・。


ササッと読めて楽しかった♪



          
                           ★★★
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]