忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3



発行年月:2018年5月

考えるんだ。 たとえ1%でも、可能性があるなら。 晩秋の夜、突如ダムが決壊し、濁流が町を飲み込んだ。 死者97名、行方不明者50名を超える大惨事。 新聞記者の九条麻衣子は、被害を取材するうちに、決壊が事故ではなく大規模な犯罪である可能性に気づき、その夜に町を抜け出した土木作業員の男を探し始める。 一方その事件の陰で、AN通信の鷹野一彦とその部下・田岡は、ダム爆破計画を阻止するべく奔走していた。水道事業の民営化に金の匂いを嗅ぎ取った代議士や国内外の企業によるテロ計画の一部だったが、いつのまにか計画の全てが盗まれ、首謀者が正体不明の人物に入れ替わっていた!? 情報が錯綜し、混乱を極めるなか、九条麻衣子と若宮真司の出会いが、世間を揺るがす大スクープを生み出すことに……。 敵か味方か、嘘か真実か、善か悪か——!? 金の匂いに敏感な男女が、裏切りあい、騙し合いながら、真っ暗闇の“今"を駆け抜ける!

                      (幻冬舎HPより)




水道事業が民営化された日本の話。


海外の企業までは日本の水道事業を取り仕切ろうと狙い

産業スパイのAN通信 鷹野たちは、政治家の依頼を受け、外国企業からの
乗っ取りを阻止しようと奮闘。

民営化ってちょっと恐ろしいなというのが感想。


色々と登場する人物たちが、誰が敵なのか?混乱しながら最後は
敵がハッキリする。

そして、冒頭で出て来た若宮真司が、最後は大活躍したのは嬉しかった!

鷹野によって訓練されて、成長した真司の話がまた読みたい!

それから、最初は、敵かと思われた謎の美女・アヤコ。
恰好いい。
勝つ方にいつもつくから自分は負けないって、凄いな。
鷹野たちと組んだら怖いものなしになりそうだけど、いつ裏切るか怖い相手。


ああ、面白かった!


                         ★★★★★
 
PR



発行年月:2016年3月

『悪人』『路』『怒り』の作家が満を持して放つ
2016年最大の話題作。
新次元の群像ドラマ、ここに誕生!

ビール会社の営業課長、明良。
部下からも友人からも信頼される彼の家に、謎めいた贈り物が?
都議会議員の夫と息子を愛する篤子。
思いがけず夫や、ママ友の秘密を知ってしまう。
TV局の報道ディレクター、謙一郎。
香港の雨傘革命や生殖医療研究を取材する。結婚を控えたある日……
2014年の東京で暮らす3人の選択が、
未来を変えていく。

一気読み必至、2016年最大の話題作!

                   (文藝春秋HPより)


(注)これから読む人は読まないでくださいm(__)m




2014年を生きて居る人たちがしたことが70年後にどう世間に影響を
与えていたか?という物語。
 

<春ー明良>
ビール会社勤務。妻・歩美はギャラリーで働く。
二人は歩美の姉の子・孝太郎を預かって一緒に暮らしている。

歩美が才能なしと断言した朝比奈・・・・2020年の東京オリンピックのポスタ-を描いた。
孝太郎と結花の孫は心々菜は35歳になっている。



<夏ー篤子>
都議会議員の夫がセクハラ野次問題を知っているのに知らないふりをしているのでは?
と疑っている。
また賄賂を貰っているのでは?とも疑う。

ずっと夫のことを疑いながら日常を送って来た篤子はその後、
夫に自分の疑いを話し、夫がそれを認めないと知ると飛び降り自殺。



<秋ー謙一郎>
テレビのドキュメンタリー番組を企画、制作する仕事をしている。
婚約者の薫子と、やっと婚約までしたが、浮気している?
番組の企画で知り合った佐山教授は、人間の血液から人を誕生させる研究をしている。


謙一郎は薫子を殺害?
佐山教授の研究は成功し、人類は新たな誕生方法で生まれる世の中になった?




最終章の<そして、冬>では3章までの物語の70年後の世の中。
<エピローグ>ではそれぞれの主人達が、どんな気持ちでいたのかを綴る。



メモを取りながらじゃなかったら混乱しただろうなぁ~。
よく考えられたお話でしたが、後味はあまり良くないな^^;
好みが分かれそうなお話。


                        ★★★




発行年月:2015年4月


 自分以外の人間は誰も信じるな――
子供の頃からそう言われ続けて育てられた。
しかし、その言葉には、まだ逃げ道がある。
たった一人、自分だけは信じていいのだ。

南の島の集落で、知子ばあさんと暮らす高校生の鷹野一彦。
東京からの転校生・詩織の噂話に興じるような、一見のどかな田舎の高校生活だが、その裏では、ある組織の諜報活動訓練を受けている。
ある日、同じ訓練生で親友の柳勇次が、一通の手紙を残して姿を消した。逃亡、裏切り、それとも? その行方を案じながらも、鷹野は訓練の最終テストとして初任務につくが――。
過酷な運命に翻弄されながらも、真っさらな白い地図を胸に抱き、大空へと飛翔した17歳の冒険が、いま始まる!

「ここよりももっと良い場所、あるよな?」
「あるよ、いっぱい。私たちが知らないだけで」

                  (BOOKデータベースより/幻冬舎)




沖縄県の南西64kmに浮かぶ孤島での暮らしが最初にあって・・・

孤島が舞台の青春小説?と思って読み始めたら、段々、彼らに置かれた状況の
過酷さが見えて来て、どうなるんだ?と気になり一気読み。


17歳の鷹野一彦と柳勇次。

2人はとある産業スパイ組織の訓練生として任務を遂行しながら、昼間は高校生
としての顔を持つ。

特に鷹野の生い立ちは壮絶で、幼い頃の体験話には、胸が痛む。

そんななか、二人の島での生活を援助している、知子ばあや、
鷹野に生きる希望の言葉をかけた風間、軽井沢で子どもの頃の鷹野を世話した富美子など
の存在が明るい将来の希望を手助けしてくれる。


過酷なことが、この先もあるんでしょうけど、力強く生きて行って欲しいな~。

鷹野が成長した後の話、「太陽は動かない」を
読んだのに、全く思い出せない^^;

ま、これだけでも面白かったからいいか?


                      ★★★★

ささやかでも確かな“希望”を明日へと繋ぐ傑作エンターテイメント!



発行年月:2013年5月


妻も、読者も、騙される! 『悪人』の作家が踏み込んだ、〈夫婦〉の闇の果て。

これは私の、私たちの愛のはずだった――。夫の不実を疑い、姑の視線に耐えられなくなった時、桃子は誰にも言えぬ激しい衝動に身を委ねるのだが……。夫婦とは何か、愛人とは何か、〈家〉とは何か、妻が欲した言葉とは何か。『悪人』『横道世之介』の作家がかつてない強度で描破した、狂乱の純愛。本当に騙したのは、どちらなのだろう?

                       (新潮社HPより)


タイトル、インパクトありますね~。
読む前から期待感UPでした(^^)

そして、面白かった!!
不倫物は沢山、読んでいるけれど・・・
妻・桃子と不倫相手・奈央の言い分が交互に語られて、
読みながら、どんどん、妻・桃子を応援したくなっていった。
世間的にも常識人なのは桃子だと思う。
多少、気に入らない義母にも巧く対応しているし、近所のゴミ置き場の清掃を
誰に言われるでもなくしていたり、カルチャーセンターでの講師ぶりも良い感じだった。

ただ、途中で奇行に走るのはビックリだったけれど、いろいろな事が積み重なって
爆発した結果だと思えば理解出来ないことはなし。


しかし、夫・真守には腹が立つ!
なんじゃこの男は!?(怒)。

桃子との結婚前にも実は奥さんがいたの?それでまた、今回も同じようなことを

繰り返すってこと??
不倫相手の奈央もまた桃子と同じような状況になりそう。


最後はどうなる?と思ったら
「ありがとう」の言葉に救われた桃子。

世間にはちゃんと見ていてくれる人はいるってことね。
自分を正しく評価してくれる人が誰かいれば、また前を向いて進んで行けるって
ことかな?

頑張れ、桃子!
慰謝料貰って、サッサと次の人生進んだ方がいいと思うな。


                       ★★★★



 
51ZqjHrPJEL__SX230_.jpg    発行年月:2012年11月


    国を越えた人の絆を描く感動長編

    台湾新幹線の着工から開業までの巨大プロジェクトに、
    商社員や整備士、湾生の老人など、
    個人のドラマを重ねて描いた著者の渾身作


                         (文藝春秋HPより)



台湾に日本の新幹線を走らせる。
そのプロジェクトに参加するため日本から赴任した入社4年目の多田春香。
日本の残した恋人・繁之も応援してくれていた。
春香には学生時代、台湾で出会った青年との思い出がずっと頭のなかに残っている。

物語には、ほかの人物の過去と現在を描いた話も織り交ぜられる。
かつて台湾に暮らしていた多くの日本人が居た時代、知り合ったふたりの男性。
戦争後、台湾から日本に帰国した葉山勝一郎。
妻は病気療養の末、亡くなったが、台湾に新幹線が開通したら一緒に行こうと約束していた。

日本人と台湾人の交流が、温かい感動を与えてくれる物語でした。

台湾って日本人にとって過ごしやすい国なのかな?
ちょっと興味が沸いてきました。

出てくる食べ物もすごく美味しそうだったし・・・・笑


他所の国の人と、こんな風に信頼し合える関係はいいなぁ~。

登場人物たち、それぞれが、これから生きていく方向をみつけていくラストが良かった。

450頁弱の長編ですが、スラスラ読めました。



 

★★★★

カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2
4 6 8 9
11 12 14 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]