忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5



発行年月2018年9月

自然豊かな美しいキャンパスで大学三年生となった青年の成長と苦悩を描く。
青木啓太は、しまなみ街道の壮大な「橋」に心惹かれ、土木工学を学ぶため、家から遠く離れた北の大地にあるH大に入学する。自治寮に入り、大学紹介の活動、フィールドワークのサークルなど、友人たちと青春を謳歌している彼のもとに、母が失踪したと双子の弟、絢太から連絡が入る。あの、どこか抜けていて感受性豊かな母が、なぜ突然消えてしまったのか……。


                   (光文社HPより)



北海道の大学の3年生・青木啓太が主人公。
寮生活をして、学校ではサークル活動と共にもうひとつの団体にも所属して
それぞれで仲間がいる。

そして高校時代の生徒会を共に頑張った仲間たちとの交流も続いている。


順風満帆な啓太だけど、ある日、母親が男性と共に家出したとの連絡を受ける。
啓太には双子の絢太(デザインの専門学校を卒業し、社会人)がいて
その弟からの連絡で知る。

20歳ということで、それなりに自立している家族なので、大事にせず
母親が出て行ったのなら仕方ないというスタイル。
それはそれでいいと思った。

でも母親は結局、男と別れ家庭に戻る。
気持ち的にはすんなり受け入れるわけではないにせよ、一応元の家族の
形に戻ることを了承したこの家族は温かいな。

ホッとしたのもつかの間、啓太の高校時代の親友・寿が突然、北海道の
啓太の元に遊びに来る。
いつもと変わらぬ明るく自由奔放なかんじの寿だったけれど。。。。
その後、自死してしまう。

これはちょっとショックだったな。

啓太は後々、後悔しそう。

ラストは高校時代の寿たちとの関わりが深かった日常の描写が続き、
なんだか一層、切なくなった。

色々なことを乗りこえながら啓太は成長していくんだなぁ~



                         ★★★
 
PR



発行年月:2018年6月


 働くママのリアリティあふれる奮闘物語
マーケティング会社で働く多香実は、ふたりの子どもを持つお母さん。仕事と子育ての両立に悩みながらも毎 マーケティング会社で働く多香実は、ふたりの子どもを持つお母さん。仕事と子育ての両立に悩みながらも毎日を懸命に生きていた。しかしある出来事をきっかけに、多香実のなかに思わぬ感情が生じていき……。

                    (角川書店/発行)



米澤多香美39歳。
夫・秀介40歳。

保育園に年子の長女と長男を預け、共働きしている夫婦。
お互いにある程度の役職に就き、忙しく働いている。

保育園の送りは夫。お迎え役は妻と分担を決めてはいるけれど・・・
家事はやはり妻が殆ど抱えることになり、こういう状況では、夫の協力が大事。

苦手なことは得意な方がやった方がいいけれど、相手に対して感謝の気持ちを
キチンと伝えることが凄く大事だなぁ~と。


妻の不満は、夫の感謝の言葉で殆ど、解消するんだと思う。


さ・・・さすが!
し・・・知らなかった!
す・・・すごい!
せ・・・センスある!
そ・・・そうだったのね!

夫には、これで機嫌を取ると教えてくれた多香美の親友は、離婚してしまった
けど、これもいい作戦・・・・^m^


一方、夫側から見た<あいうえおかの夫>も面白かった。
秀介の会社での働きぶりは、なかなか好感が持てる。
会社では色々な人に気遣いしながら立ち振る舞っている。

家くらい、気を遣わずに過ごしたいという気持ちもあるだろうけど
家族の方がより大事なんだから・・・

ま、秀介もその辺には気づいた様子で、ホッ。

あ・・・ありがとう
い・・・いえないけど
う・・・うんこ(こどもが言ったことば)
え・・・えんぴつ(こどもが言ったことば)
お・・・おおいに
か・・・かんしゃ


                     ★★★



発行年月:2018年4月

祖母から母、そして娘へ。
悩める少女たちに伝えたい感動の命の物語。

41歳の夏、同窓会に誘われた遼子。その同窓会には、蔵のあるお屋敷に住むの憧れの少女・四葉が来るとい 41歳の夏、同窓会に誘われた遼子。その同窓会には、蔵のあるお屋敷に住むの憧れの少女・四葉が来るという。30年ぶりに会える四葉ちゃん。このタイミングで再会できるのは自分にとって大きな一歩になるはず――。
 小学校5年生のある夏。放課後、遼子と美音は四葉の家でよく遊ぶようになった。広大な敷地に庭園、隠居部屋や縁側、裏には祠、そして古い蔵。実は四葉の家は幽霊屋敷と噂されていた。最初は怖かったものの、徐々に三人は仲良くなり、ある日、四葉が好きだというおばあちゃんの歌を聞きに美音と遼子は遊びに行くと、御詠歌というどこまでも悲しげな音調だった。その調べは美音の封印していた亡くなった弟との過去を蘇らせた。四葉は、取り乱した美音の腕を取り蔵に導いて――。
少女たちは、それぞれが人に言えない闇を秘めていた。果たしてその心の傷は癒えるのか―。輝く少女たちの物語。

                      (角川書店HPより)



小学校時代の同窓会に出席する41歳の遼子。

仲良く遊んだ友達とのことを思い出す。

幼なじみの美音と共に、大きなお屋敷に住む四葉ちゃんの家に遊びにいく。
四葉ちゃんは91歳のひいおばあちゃん、おばあちゃん、おかあさんと女ばかりの
家で暮らしている。

ひいおばあちゃんの歌う、ご詠歌。
死者のことを歌った歌に幼く亡くなった弟・利央斗のことを思い出して
泣き出す美音。

そんな美音を慰め、四葉は蔵のなかに二人を誘う。
そこで、亡くなった利央斗に再会。
遼子も入院している祖母が元気だったころの姿に会う。


そんな思い出があって、大人になった四葉に会ったけど・・・
え?もうお終い?

小学校時代から大人になるまでの四葉の事が、もっと知れると思っていたので
ちょっと残念だったなぁ~。

もしかして、その辺りの話、また別の本で書いてくれるとか?


最後は残念だったけど、良いお話でした。


                       ★★★
 



発行年月:2016年8月


 けっして他人事ではない、どこにでもある家族の光と闇。


同じ8歳の息子を育てる3人の母親たち。
辛いことも多いけど幸せなはずだった。
しかし些細なことがきっかけでその生活が崩れていく。
無意識に子どもに向いてしまう苛立ち。
果たして3つの家庭の行き着く先は……。

                  (角川書店HPより)




冒頭からショッキングな記載。

ユウくんが母親によって・・・・・

そして、始まる3つの家庭の物語。
交互に語られていくなかで冒頭の<ユウくん>はだれ?と思いながら・・・


<石橋優くんの家庭>
東京から父親の実家のある静岡に引っ越し、新居を建て、同じ敷地内に
父親の母親が1人暮らししている。
優は勉強も運動も出来て優しい子・・・・・だった。


<石橋悠宇くんの家庭>
父親はフリーのカメラマンで母親はフリーのライター。
小学1年生の弟・巧巳とは毎日喧嘩が絶えず、叱られてばかり。
賑やかだけど、明るく楽しい家族・・・・だった。


<石橋勇くんの家庭>
両親は離婚して母親と二人暮らし。
母親は朝から晩まで仕事を掛け持ちして働いている。
寂しいときもあるけれど母親の頑張りを目にして我慢している。



で・・・・・ここからネタバレ。


最初に虐待死したユウ君がこの3家族のユウ君じゃなかった!
あえてみな同じ名前にしてあるからハラハラしたけど・・・
3家族の中で一番経済的に大変そうな石橋勇くんが一番幸せそうかな?
お母さんの加奈さん、明るくて良い人だし。
やはり母親がいつも朗らかに子どもに接するって凄く大事なんだな~と
つくづく思った。
朗らかにいつもいるって大変なことだけどね^^;


子育て真っ最中の人には辛い話。
読後感もよくないけど、興味深く読めた。


                        ★★★




発行年月:2015年7月


 好きなサッカー部も辞めてしまった中2の加奈太。最近、息子の気持ちが掴めない征人。夏休み、そんな父子が征人の故郷の島にやって来た。加奈太はキャンプで出会った子供達と交流を深める。30年前の夏、中2の征人。父親が漁から戻らない。息子と父親、そしてかつて少年だった父親の視点で交互に描く、青春&家族小説の感動傑作!

                  (双葉社HPより)




主人公は桐山加奈太14歳。
両親は離婚して、加奈太は児童文学作家の父親・征人と東京で暮らす。

夏休み、征人の故郷の南の島・天徳島へ2人で向かう。
征人の幼馴染・孝俊の勧めで孝俊が世話役を務めるミステリーキャンプに
参加することを決める加奈太。
4泊5日のキャンプで色々なことを体験しながらの話。
そこに30年前14歳だった征人の話が挟まれながら物語が進む。


加奈太がキャンプで出会った5人のうち3人は現役のサッカー部ということで
自然にその3人がかたまり、加奈太は、太目の圀光とメガネの見楽留と親しくなり
3対3で別れて行動。
サッカー部の3人は加奈太たちをバカにしたり嫌がらせをしたりで
態度が悪い。嫌な奴らという印象。

最初は、サッカー部組たちとギクシャクしていた関係がテントキャンプを
するうちに仲良くなっていく様が楽しかった。
圀光が本当に優しくていい子(^^)


征人の14歳の頃の話は、父親を海で亡くした辛い話などあって
ややしんみりしましたが、島の伝説、キミジナーとドウヤーギーの話は
興味深かった。



短い時間でも6人はそれぞれを友達と認めることが出来たのは素晴らしい!
大人になってもこの思い出はそれぞれが大事にするんだろうな~。


これもまた楽しい青春小説でした!

       

                      ★★★★★
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
2 3 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]