忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4



発行年月:2016年8月


 けっして他人事ではない、どこにでもある家族の光と闇。


同じ8歳の息子を育てる3人の母親たち。
辛いことも多いけど幸せなはずだった。
しかし些細なことがきっかけでその生活が崩れていく。
無意識に子どもに向いてしまう苛立ち。
果たして3つの家庭の行き着く先は……。

                  (角川書店HPより)




冒頭からショッキングな記載。

ユウくんが母親によって・・・・・

そして、始まる3つの家庭の物語。
交互に語られていくなかで冒頭の<ユウくん>はだれ?と思いながら・・・


<石橋優くんの家庭>
東京から父親の実家のある静岡に引っ越し、新居を建て、同じ敷地内に
父親の母親が1人暮らししている。
優は勉強も運動も出来て優しい子・・・・・だった。


<石橋悠宇くんの家庭>
父親はフリーのカメラマンで母親はフリーのライター。
小学1年生の弟・巧巳とは毎日喧嘩が絶えず、叱られてばかり。
賑やかだけど、明るく楽しい家族・・・・だった。


<石橋勇くんの家庭>
両親は離婚して母親と二人暮らし。
母親は朝から晩まで仕事を掛け持ちして働いている。
寂しいときもあるけれど母親の頑張りを目にして我慢している。



で・・・・・ここからネタバレ。


最初に虐待死したユウ君がこの3家族のユウ君じゃなかった!
あえてみな同じ名前にしてあるからハラハラしたけど・・・
3家族の中で一番経済的に大変そうな石橋勇くんが一番幸せそうかな?
お母さんの加奈さん、明るくて良い人だし。
やはり母親がいつも朗らかに子どもに接するって凄く大事なんだな~と
つくづく思った。
朗らかにいつもいるって大変なことだけどね^^;


子育て真っ最中の人には辛い話。
読後感もよくないけど、興味深く読めた。


                        ★★★

PR



発行年月:2015年7月


 好きなサッカー部も辞めてしまった中2の加奈太。最近、息子の気持ちが掴めない征人。夏休み、そんな父子が征人の故郷の島にやって来た。加奈太はキャンプで出会った子供達と交流を深める。30年前の夏、中2の征人。父親が漁から戻らない。息子と父親、そしてかつて少年だった父親の視点で交互に描く、青春&家族小説の感動傑作!

                  (双葉社HPより)




主人公は桐山加奈太14歳。
両親は離婚して、加奈太は児童文学作家の父親・征人と東京で暮らす。

夏休み、征人の故郷の南の島・天徳島へ2人で向かう。
征人の幼馴染・孝俊の勧めで孝俊が世話役を務めるミステリーキャンプに
参加することを決める加奈太。
4泊5日のキャンプで色々なことを体験しながらの話。
そこに30年前14歳だった征人の話が挟まれながら物語が進む。


加奈太がキャンプで出会った5人のうち3人は現役のサッカー部ということで
自然にその3人がかたまり、加奈太は、太目の圀光とメガネの見楽留と親しくなり
3対3で別れて行動。
サッカー部の3人は加奈太たちをバカにしたり嫌がらせをしたりで
態度が悪い。嫌な奴らという印象。

最初は、サッカー部組たちとギクシャクしていた関係がテントキャンプを
するうちに仲良くなっていく様が楽しかった。
圀光が本当に優しくていい子(^^)


征人の14歳の頃の話は、父親を海で亡くした辛い話などあって
ややしんみりしましたが、島の伝説、キミジナーとドウヤーギーの話は
興味深かった。



短い時間でも6人はそれぞれを友達と認めることが出来たのは素晴らしい!
大人になってもこの思い出はそれぞれが大事にするんだろうな~。


これもまた楽しい青春小説でした!

       

                      ★★★★★



発行年月:2014年11月

生まれ変わっても、もう一度あなたと 同僚に誘われ、
初めてライブに参加したその日 から「伶也」が彼女の全てだった。
人気バンドのボーカルを愛し、支え続けた女性の半生 。

               (文藝春秋HPより)


物語の最初はショッキング。
アパートの一室で男女が遺体で見つかったという新聞記事(?)。

黒沢伶也64歳・・・元人気ロックバンドのボーカル
龍羽直子70歳・・・彼を支え続けた女性。


そして物語は、二人が出会った40年前に遡って始まる。

大学院卒で理系女子の直子は、大学院卒業後、大手電気メーカーの研究室に勤務していたが
31歳で転職。
新しい職場で知り合った同僚の由佳に誘われて、今まで何の興味もなかった
ロックバンドのライブに参加し、ボーカルの伶也に魅入ってしまう。
その後、兄の伝手で彼らが利用する店の会員になり伶也と個人的に親しくなり
マネージャーの女性にも信頼を得て事務所に出入り出来る人物となる。

このあたりまでは、憧れの人に段々近づいていくので、読みながら応援しワクワク感も
ありました。
が・・・いつまでも売れ続けるものでもなく
伶也の人間的弱さもあってか、女性問題、覚せい剤使用、アルコール依存と
多くの問題を起こす。

恋人でもなく、ただの一ファンというだけで、何の関係もないような直子ですが
ただ一生懸命支えて尽くす姿は、読んでいて辛くなってきました。

伶也にそこまで尽くす理由が正直、理解出来ないのです。

が・・・直子にとっては、誰にも代えがたい存在だったんでしょうね。

直子の気持ちには、全く共感は出来ませんでしたが
直子はこれで幸せだったんだと思う事で、なんとなく納得するしかないな^^;


                            ★★★




発行年月:2014年4月


 五年生になってぼくはいじめられるようになった。ぼくは未来のことだけを考えることにした。今のぼくから未来のぼくへ手紙を出す。未来のぼくはいつだってたのしそうだ。友達もたくさんいて、夢もかなう。二十通の手紙は、毎年ぼくの元へ届けられ、そして、ぼくは三十三歳になった。ある日、もう来るはずのない「未来の手紙」が届く。それは、悪夢の手紙だった―。   (「未来の手紙」他5編収録)

                    (光文社HPより)





児童書ですが、大人でも十分に楽しめました♪

どの話も良かったぁ~。

<しいちゃん>
しいちゃんは母方の祖母。
まだ51歳。しいちゃんに学校で自分の悪口を偶然、聞いてしまったことを話す。

しいちゃんのアドバイスは素晴らしい!!
そして、そのアドバイスから大事なことに気付いた、のりえ(12歳)も素直で良い子だなぁ~。


<忘れない夏>
ヤマトは中学2年生。野球部で来年こそは優勝をと仲間と誓い合っていたが
引っ越しによって転校することになってしまう。
転校先は今年の優勝校。

親友で同じ野球部で最高のバッテリーだったユウキの言葉がいい!
思いやりのある子だなぁ~。
2人がライバル同士として活躍する姿も目に浮かぶ。



<未来の息子>
中学2年生の理子。
友達とコックリさんをやってから、不思議なことが起きる。

おっさん姿の小人登場って愉快。
75年先の未来から来たと言うその小人は、理子の息子だったとは・・・
SF的な話で愉快だったけれど、最後はホロリ(/_;)。



<未来の手紙>
小学校5年生から3人組から虐められるようになった瑠依斗。
未来の自分(32歳まで)に明るい未来へ向かうように手紙を書く。
そして中学1年生からその手紙通りの人生を努力して歩み33歳になった。
そして自分では投函した覚えのない手紙が届き・・・

え?この話だけアンハッピーエンド?と思ったら、違ったのでホッとした。
辛い状況をよく耐えて努力したなぁ~。偉い!!



<月島さんちのフミちゃん>
両親が亡くなってから、二卵性双生児の姉・瑛子と兄・勘治郎が保護者代わり。
2人とも美形だけど、瑛子は派手で春を過ぎるころに毎年体に何らかの変化が起き、
今年は後頭部に口が出現。勘治郎はオカマ。
中学3年生のフミの三者面談で・・・

これもSF的。結局、瑛子の体に起きる変化は何だったんだろ??
よくわからないけれど、面白かった。



<イモリのしっぽ>
中学卒業間近の生物部元部長の幸野(女生徒)が部室を訪れいもりを見ていると
現部長の2年生の矢守くんがやってきて会話。

2人の会話がほのぼの。
先輩後輩の間柄なのに、好きなものが同じって、いいなぁ~。
2人がペットショップ「スイミー」で見てるコリドラスって生き物どんな姿だろ?
すごく気になったのでウィキペディアで調べました(^^)

可愛いお魚。
矢守くんが飼いたいと言っていたコリドラス・ステルバイがこちら。


 
椰月さんの描く少年少女の姿は生き生きしていていいな。




                       ★★★★★




発行年月:2014年3月


 あおのは、ストレス性の病を抱え、神話伝説の残る山にあるキシダ治療院で暮らすことに。そこにはつきのという同年代の同じように両親を幼いころに亡くした女の子が居候していた。二人を結びつけた運命とは。

                   (角川書店HPより)


山奥の治療院「キシダ治療院」での物語。

タウン誌の編集部所属の水野あおの(23歳)は、潔癖症で加害恐怖。
心配した会社の先輩が治療院での治療を勧めてくれる。

治療院の岸田節子は、あおのを暫く治療院で暮らしながら治療することに。
治療院には、平井つきの(24歳)が家事手伝いとして既に暮らしていた。

あおのとつきのの会話がほのぼの。
高飛車なかんじのつきのとおっとり系のあおの。
ラストで明かされた二人の関係には・・・なるほど~と納得。

山奥の自然に囲まれた環境のなかで、ほのぼのした3人の暮らしが良い感じ。
家族のような時間だなぁ~と感じた。

河童のキヨシとあおのの関係もよかったし・・・カラス天狗まで登場には
ビックリだけど、全然、怖い感じじゃなく不思議な世界観がユーモラス。

表題の意味からして、薄々感じていたけれど、最後はちょっと切ないかんじだった。

でもあおのとよしのは幸せだろう。
二人が出会えてよかった!


不思議だけど、温かくて優しい物語でした(^^)
イラストが可愛いのもマル!


                           ★★★★

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 4 6 8
10 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]