忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4


発行年月:2019年7月


東野圭吾の最新長編書き下ろしは、「家族」の物語。

「死んだ人のことなんか知らない。
あたしは、誰かの代わりに生まれてきたんじゃない」
ある殺人事件で絡み合う、容疑者そして若き刑事の苦悩。
どうしたら、本当の家族になれるのだろうか。

閑静な住宅街で小さな喫茶店を営む女性が殺された。
捜査線上に浮上した常連客だったひとりの男性。
災害で二人の子供を失った彼は、深い悩みを抱えていた。
容疑者たちの複雑な運命に、若き刑事が挑む。

                  (講談社HPより)



とある殺人事件を追うのは、加賀恭一郎の従弟・松宮脩平。
殺害されたのは、自由が丘でカフェ経営の花塚弥生・51歳。
40歳で離婚し、一人でカフェを切り盛り。
「あんなに良い人はいない」誰もが言う。

元夫は、綿貫哲彦・55歳。製薬会社勤務。
内縁の妻・中屋多由子

二人が離婚した理由のひとつに子宝に恵まれなかったことも。


カフェの常連客のなかで特別に親しくしていた汐見行伸・62歳。
妻は2年前に病死しているが、一人娘の萌奈と暮らしている。
汐見夫婦には15年前、新潟地震の際、妻の実家を子どもたちだけで訪ね、
不運にもその時、建物の下敷きになり二人とも命を落とすという悲劇的な
過去があった。
萌奈はそんな絶望的状況後に不妊治療の末、授かった子。


殺人事件を追う、松宮自身にも、知らない女性から突然、連絡があり
自分の本当の父親かもしれない人が余命わずかで、その遺書に名前が
あったと。
自分の姉にあたるかもしれない芳原あやことのやりとり。

脩平は、母親・克子にそのことを尋ねるが、知らないほうがいいと突っぱねられる。



事件の背景にある、家族の物語と松宮脩平のルーツが徐々に明かされていくという
二つのことを徐々に知らされる。

無理なくすらすらと・・・
このあたり、やはり東野圭吾って凄いな~と思う。

殺人事件そのものは、そんなに驚くようなことじゃなかったけれど
犯人も悪人ではないので、なんだか憎いとは思えない。
殺人はひどいことだけど・・・。


ギクシャクしていた、汐見親子の関係が少し、明るいかんじになったことと
脩平が、本当の父親にちゃんと会えたラストがあったので
読後感としては、すっきり!

加賀の出番はそう多くなかったけれど、刑事として人として、良い助言を
松宮にしていて、恰好良かった!

やはり加賀恭一郎シリーズはいいな。



                     ★★★★★
PR



発行年月:2018年10月


 『ガリレオ、再始動!』
シリーズとしては、6年ぶりの単行本が、長篇書下ろしとして堂々の発売!

容疑者は彼女を愛したふつうの人々。
哀しき復讐者たちの渾身のトリックが、湯川、草薙、内海薫の前に立ちはだかる。

突然行方不明になった町の人気娘・佐織が、数年後に遺体となって発見された。
容疑者はかつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。
だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。
さらにその男が、堂々と遺族たちの前に現れたことで、町全体を「憎悪と義憤」の空気が覆う。

かつて、佐織が町中を熱狂させた秋祭りの季節がやってきた。
パレード当日、復讐劇はいかにして遂げられたか。
殺害方法は?アリバイトリックは?
超難問に突き当たった草薙は、アメリカ帰りの湯川に助けを求める。

第一作『探偵ガリレオ』の刊行から二十年――。
シリーズ第九作として、前人未踏の傑作が誕生した。

                     (文藝春秋HPより)


久しぶりのガリレオシリーズ。
湯川教授が出て来ると福山雅治の顔が浮かんじゃうけれど・・・^^;


事件は、嫌なもの。
少女を誘拐し監禁ののち殺害。
色々な証拠は挙がるものの犯人と確定できるものまでは出て来ず
容疑者の男・蓮沼は裁判では無罪。

そして、再び、似たような事件。
被害者は、19歳の並木佐織。食堂の手伝いもし、常連客たちからも
可愛がられていた。
蓮沼は被害者の両親が経営する食堂に平気で現れる。

一旦は、捕まるがまたしても証拠不十分で釈放。



そんな蓮沼が遺体で発見される。



被害者家族の気持ちや、その周りの被害者をよく知る者たちの気持ちに共感しながら
読んでいた。
途中、事件の真相がわかった時はやや驚いたけど
最後は、納得。


最初から最後まで、読み続けさせる東野さんは、やはりさすが!

湯川教授も相変わらず良いです!



                           ★★★★






発行年月:2018年3月


 

映画化『ラプラスの魔女』前日譚

自然現象を見事に言い当てる、彼女の不思議な“力”はいったい何なのか――。彼女によって、悩める人たち 自然現象を見事に言い当てる、彼女の不思議な“力”はいったい何なのか――。彼女によって、悩める人たちが救われて行く……。東野圭吾が価値観を覆した衝撃のミステリ『ラプラスの魔女』の前日譚

                    (角川書店HPより)


5つの章からなる。
4章までは、羽原円華を主にした短編連作。

5章が「ラプラスの魔女」の前日を描いたもの?


<第一章 あの風に向かって跳べ>
ベテランスキージャンパーの苦悩。

<第二章 この手で魔球を>
プロ野球の捕手の苦悩。

<第三章 その流れの行方は>
水の事故により息子が植物状態にある父親の苦悩。

<第四章 どの道で迷っていようとも>
重度の資格障碍者のピアニストの苦悩。


苦悩を持つ人たちに、希望の光を与える手助けをする円華。
その手伝いをする大学で流体工学の研究をしている 筒井。
医学部中退の鍼灸師・工藤ナユタ。


話のなかで工藤ナユタの苦悩も軽くする円華。
凄い少女だ。

言葉遣いはやや乱暴で、態度も大きいけれど、なんだか可愛い^m^


第5章を読むと再び「ラプラスの魔女」が読みたくなる。
細かいところ、忘れてるから・・・^^;

でも、やはり東野作品は面白いな~。


                   ★★★★★



発行年月:2017年9月


 若い女性が殺害された不可解な事件。警視庁に届いた一通の密告状。
犯人は、コルテシア東京のカウントダウンパーティに姿を現す!? 
あのホテルウーマンと刑事のコンビ、再び――。

                       (集英社HPより)





ホテルのコンシュルジュ・山岸尚美と

刑事・新田のやり取りがいい。

事件の犯人が現れるという密告者の通報によって警察官がホテル内に。
新田は英会話が堪能で見た目も上品ということで、ホテル従業員に扮して
捜査にあたる。

ホテルが毎年12月31日に開催する仮面パーティの場に現れるという。

犯人逮捕、事件の真相も気にはなるけど、それより
コンシュルジュ・山岸のお客さんからの難しい要望に応えるため
奮闘する姿の方が楽しかった。

ホテルの話は面白いな。

これシリーズ3作目だったんだ!
1作目のマスカレード・ホテルは既読だけど、マスカレード・イブは
読んでない^^;
東野作品は漏れなく読んでいたつもりなのになぁ~。


事件の真相は、知れば、なるほど、そういうことか~というものでした。
よく、こんな入り組んだ人間関係を考えるものだ。


山岸と新田のコンビ、私生活でも何か進展あればいいのに~。

未読のマスカレード・イブも近いうち、読んでみよう。


                        ★★★★★



発行年月:2017年4月


 夢中になってイッキ読み。寝不足必至のサスペンス。
それもいいけれど、読書は、もっと優雅なものでもあるのです。
意外性と機知に富み、四季折々の風物を織り込んだ、極上の九編。
読書の愉楽を、存分にどうぞ。

               (光文社HPより)




さすが、東野さん!

どれも面白かったぁ~(^^)

短編は、ササッと読めていいなぁ~。

最初の<正月の決意>は、夫婦二人で恒例の神社に初詣に出かけた先で、倒れている人を
発見!
それから警察の事情聴取に長い時間、協力するはめになり・・・・

最後の夫婦の会話にビックリしたけど、結果的には良かった♪

最初の話から、「おぉ~」と感嘆!


次の<十年目のバレンタイン>も、10年ぶりに再会した男女の話かと
思ったら・・・・


最初二つが事件を絡ませていたものなので、次も何か起きるのか?と
思って読んだ<子にゃは2人で雛祭り>は、なんだか父親の娘に対する
愛情とか、亡き妻を想う気持ちにウルウル。
温かい話だった。



他の話も驚かされる箇所があって、楽しかった♪
SFチックな<レンタルベビー>とか<サファイアの奇跡>も、良かった!


一番好きなのは、最後の<水晶の数珠>かな?
これもSF絡みだけど、父親の息子を想う気持ちが父親の死後、息子に届いた
というお話。


でもこの表題、なんだかピンと来ない。
どうして、この表題なんだろ???


                            ★★★★
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★☆最後まで読んだが好みじゃなかった
★★飛ばしつつ一応最後まで目を通した
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]