忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3



発行年月:2016年11月

この恋の行方は天国か地獄か

真冬に集う男女8人の運命は? 
あの東野圭吾が“恋愛”という永遠のミステリーに真っ向から挑む。
衝撃の結末から目を逸らすな!
 
                   (実業之日本社HPより)




久しぶりの東野作品は、軽い恋バナでした。

スノボを楽しむ男女8人の恋物語。

ネタバレ満載なので、未読の人は読まないで~。


<ゴンドラ>
同棲中の美雪がいるのに、合コンで知り合った桃実を誘い泊まりで黒沢温泉
スキー場にスノボをするためにきた広太だったが、なんとそこに美雪が・・・。


<リフト>
同じホテルに勤務する同僚同士でスノボ旅行。
プレイボーイの水城は秋葉と恋人同士。
不器用な日田は、天然な麻穂に好意を寄せて告白を目論むが、なんと同行の月村と
結婚予定だと知る。


<ポロポーズ大作戦>
失恋から立ち直った日田。
次に告白したい女性・美雪にどうしたらいいかと水城に相談。
水城が作戦を練り決行する途中・・・・美雪の元カレ・広太が登場し
プロポーズ。
またもや失恋の日田。

<ゲレコン>
広太とはやり直すことにしたと美雪から知らされ、ゲレコンのパンフレットを
貰い、親友の弥生と参加することにした桃実。
そこで出会った水城と日田。
ゲレンデではダサかった日田が後日、ホテルマンとして働く姿を見て
好感度がグッと上がる桃実。

<スキー一家>
麻穂の両親とのスキー旅行参加の月村。
スノボは得意だけどスキーは苦手。
麻穂の父親はスノボが大嫌いでスノボに対する偏見が凄い。
そんな考えを変える出来事を演出。

<プロポーズ大作戦 リベンジ>
ゲレコンで知り合った日田、水城  弥生、桃実が再会。
水城は、日田と桃実をカップルにする作戦決行させるための旅行の筈が
実は日田が仕組んだ水城に秋葉にプロポーズさせる作戦だった。

<ゴンドラ リプレイ>
月村夫妻、水城と秋葉、日田のスノボ旅行に誘われた桃実。
日田に対する気持ちを確かめるために参加。
不器用な日田の操縦方法のヒントを掴んだ桃実だったが・・・・
なんと広太と美雪夫婦が現れて・・・・・



ああ、また日田の幸せが逃げていく~~(;O;)。
一番、誠実で良い人なのに・・・・気の毒過ぎる。


サクサク読めて面白かった。
スノボは興味ないけれど、楽しめた。




                        ★★★

PR



発行年月:2015年11月

答えてください。
娘を殺したのは私でしょうか。

東野圭吾作家デビュー30周年記念作品
『人魚の眠る家』


娘の小学校受験が終わったら離婚する。
そう約束した仮面夫婦の二人。
彼等に悲報が届いたのは、面接試験の予行演習の直前。
娘がプールで溺れたー。
病院に駆けつけた二人を待っていたのは残酷な現実。
そして医師からは、思いもよらない選択を迫られる。

過酷な運命に苦悩する母親。その愛と狂気は成就するのか。
愛する人を持つすべての人へ。感涙の東野ミステリ。

こんな物語を自分が書いていいのか?
今も悩み続けています。   東野圭吾

                     (幻冬舎HPより)


ミステリーというよりヒューマンドラマ。


プールで溺れ救急搬送された播磨瑞穂。
医師の説明では、脳の機能は完全に失われていて、回復の見込みはゼロという。
このまま脳死判定を受け入れるしかないのか?
しかし、母親の薫子は、一瞬、瑞穂の手が動いたと感じたことで
このまま延命治療を続行を望む。

やがて、夫の和昌の会社で研究開発中の磁気刺激で筋肉を動かす装置を使い
在宅で瑞穂を看る。

自分が薫子の立場だったら、どうするかな?
想像しようとしても無理でした。
その立場に実際にならないと、どういう気持ちになるのかわからない。

狂気じみていく薫子が気の毒で切なく哀しい。


一方、物語には、心臓病の4歳の娘に臓器提供を受けさせたく、アメリカに
渡る費用を募金活動により集めている親のことも取り上げる。


子どもの命を救うためなら、自分の出来ることは何でもしたいと思う心は誰も同じ。

薫子の弟、生人が少し不憫だったかな?
親としては、生人の気持ちにも、寄り添ってあげることを忘れてはいけない。


プロローグとエピローグに出て来た少年の存在が少し明るい気持ちに
させてくれて良かった。


しかし、東野さんはさすが。
難しいテーマでもスラスラ読まる筆力は凄い!

この小説を読むと自然に、いろいろ考えさせられる。



                       ★★★★★

 



発行年月:2015年5月


 作家デビュー30周年記念作品――彼女は計算して奇跡を起こす。


円華という女性のボディガードを依頼された元警官の武尾は、彼女の不思議な《力》を疑いはじめる。同じ頃、2つの温泉地で硫化水素事故が起きていた。検証に赴いた研究者・青江は双方の現場で円華を目撃する――。

                  (角川書店HPより)



最初は、なんだかファンタジーっぽいなぁ~と思いながら読んでいましたが・・・
次第に事件が絡んで来て、物語の展開が面白くなってきた感じ。

主人公は羽原円華(18歳)。
彼女には不思議な力がある。
気象状況を敏感に感じ取り、それを使って奇跡的な現象をつくりだす事ができる。

その能力を授けたのは、父親で脳神経外科医。

そして、同じような能力を持つ青年・甘粕謙人。
一家が巻き込まれた硫化水素によるガス中毒で、母親と姉を亡くし、自身は一時
植物状態であったのを円華の父が手術し、その後、奇跡的に回復した。


円華と謙人、二人に共通する能力。

謙人の一家が巻き込まれた中毒事件の真相。


終盤近くまではハラハラドキドキだったけれど、ラストは意外とあっさり。
これでお終いかなぁ~?というかんじ。

円華と謙人のその後もちょっと気になるなぁ~。

東野作品は、読みやすいのはいい。

この表紙の絵(写真?)も雰囲気あっていい。


気になった「ラプラス」は、物語中に説明アリ、数学者の名前だそうですが
実在するんだろか??


                         ★★★



発行年月:2014年5月


 動かない事実がある。彼女は、もう戻らない。
別れた妻が殺された。もし、あのとき離婚していなければ、私はまた遺族になるところだった。

東野圭吾にしか書けない圧倒的な密度と、深い思索に裏付けられた予想もつかない展開。
私たちはまた、答えの出ない問いに立ち尽くす。

                   (光文社HPより)




重たいテーマでした。

プロローグで登場の高校生の仁科史也と井口沙織。
この二人が本編の物語りで大きく関わってくるのは、中盤以降。



物語は、ペットの葬儀社を伯父から引き継ぎ営んでいる中原道正を主人公に進む。
11年前、8歳の娘を強盗により侵入してきた犯人により殺害された。
犯人は、一度も謝罪の態度を示さず、死刑判決が下され、その刑は既に執行された。

事件後、妻・小夜子とは離婚。
彼女はフリーラターとしての仕事を始めた。
が・・・その元妻・小夜子が刺殺されたと知る。

小夜子を殺害したのは、70代男性・町村作造。
その娘の婿という仁科史也から謝罪の手紙と会って話がしたいと小夜子の両親の元に
連絡があったという。


中原は、生前の小夜子のことを調べはじめ、小夜子が取材で知り合った
井口沙織の存在が気にかかる。
沙織は摂食障害を抱え、万引きを常習的にしてしまうと告白していた。
小夜子の取材記録では、「生きて居る価値がないので、盗んだものを食べることにした」と答えていた。


仁科史也と井口沙織が、同じ土地の出身であることに気づいた中原は、二人に
それぞれ会う。

そして、小夜子の殺害事件が、20年前のある事件と繋がっていることを知る。
小夜子は、二人に自首を勧めていた。



なるほど・・・・事件の真相が明かされると何とも切ない気持ちになりました。
娘を殺された小夜子が二人に対して、強い態度で自首を勧める気持ちは
十分に理解できます。
人を殺したら死刑が当然と、被害者家族なら思って当然でしょう。

けれど、この物語を読むと、果たしてそうだろうか?と考えを少し改めなきゃいけないのかも・・・・・なんて思ってあれこれ考えちゃいました。

難しいテーマです。

しかし、一気に読ませてくれる東野作品は、やはり流石です!!


                         ★★★★★



発行年月:2013年9月

東野圭吾、全身全霊の挑戦。二○一三年、最大のサプライズ。

悲劇なんかじゃない これがわたしの人生

極限まで追いつめられた時、人は何を思うのか。夢見た舞台を実現させた女性演出家。彼女を訪ねた幼なじみが、数日後、遺体となって発見された。数々の人生が絡み合う謎に、捜査は混迷を極めるが――

                  (講談社HPより)




待ってました!加賀恭一郎シリーズ!

殺人事件の背景にあるもの・・・哀しく切なかったなぁ~。
いろいろな名前の人物が登場するけれど。。。途中で同一人物じゃないかと気づく。
どうしてそうしなければならなかったのか?
そこまでしたのに、それを見破られた事で追い詰められ、人を殺めてしまう。
庇いたい人が居るから・・・同情するような気も少し起きたけれど、
そうする前にほかに方法あったんじゃないか?とも思ってしまう。

そして、今回は、事件の関係者と幼い頃、突然、姿を消した加賀の母親に接点があり
母親の暮らしぶりもわかってくる。
何故、突然、姿を消したのか?
辛かったでしょうね~。
同じ母親として、胸が痛くなりました。

加賀にそんな母親の思いが伝わって良かった!



事件は哀しいものだったけれど、加賀にとっては、母親に関する知りたかった情報が知れて
そして、やっと母親と心が通じたのかな?

 それから、加賀にも、もしかして、ロマンス?という展開もちょっとうれしかった。
今度は、加賀が幸せになる場面も読みたいなぁ~。


やはり加賀恭一郎シリーズは面白い!


                         ★★★★★
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]