忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


発行年月:2019年7月


国力は低下の一途をたどり、監視ドローン飛び交い閉息感が増すばかりの少し先のニッポン。この社会で負けじとタフに生きる女子中学生 里宇(りう)と、母&弟の入谷ファミリーは、石や虫などの自然と心を通わせられる不思議な力を持つ“カザアナ”の末裔と出会う。入谷家&カザアナたちは、不登校中の長男・早久(さく)を皮切りに様子の妙なクラスメイトや職責に悩む市役所員など、かかわった人たちをほんの少し笑顔にしていく。やがて一同は謎のゲリラ組織ヌートリアと相見え、騒動はやがて国を越え――。
作家生活30年目の想像力が大爆発。時空を越えて広がる圧倒の物語世界は、読むほどに勇気があふれ笑顔がこぼれます。純度100%のエンターテインメント小説にして、令和時代のハッピーなおとぎ話。

                             (朝日新聞出版HPより)





近未来の日本の様子は、なんだか厳重監視のもとでの生活があったりと窮屈そう。
しかし、そこで暮らす入谷家の人たちは、結構、のびのび。
父親はテロに巻き込まれて死亡というふつうじゃない状況
母親の由阿は、フリーの記者として、あちこち飛び回って取材をしている。

14歳の里宇と11歳の早久の姉弟も賢く、いい子たち。


修学旅行の京都で里宇が見知らぬおばあさんから貰った石から、カザアナたちが
それに引き寄せられるように集結。


アメリカ大統領が登場したり、スケールの大きな話に発展していく。


お母さんの由阿さんが言った
「この世界は、人間が思っているほど、人間だけのものじゃない」っていう言葉が印象的。


ファンタジーのようなSFのような不思議な物語だったけど、楽しかった。



                                ★★★


PR


発行年月:2019年5月


所長も調査員も全員が女性、「ミツコ調査事務所」の目玉企画は「初恋の人、探します」。青春の甘酸っぱい記憶がつまった初めての恋のこと、調べてみたいとは思いませんか? ただし、ひとつご忠告を。思い出の向こう側にあるのは、地獄です――。他人の不幸は甘い蜜、という思いを、心のどこかに隠しているあなたに贈る、イヤミス極地点!

                   (新潮社HPより)



イヤミス度は、相変わらずだけど、意外と大人しめかな?
真梨さんにしては・・・(^^;)

調査事務所・所長の山之内光子。
依頼人の人探しをする。
そんな話が短編で繋がっていくのかと思いきや、どんどん危ない感じに
なっていく。

人探しって、命がけじゃん!
依頼人の意向で探したら、犯罪の片棒担ぐことにもなり兼ねない。


依頼人の人探しの目的が恐ろしいものばかり。


そして、あっさり、主人公だった光子が死んじゃう。
えぇ~っ!?と驚いたけど、そこに至る真相がこれまたヤバイ。

ああ、怖い話だった。


今までの登場人物の相関関係にはびっくりの結末で、最後まで
楽しませてくれた。


                       ★★★



発行年月:2016年10月


百貨店内の書店、銀河堂書店に勤める物静かな青年、月原一整は、人づきあいが苦手なものの、埋もれていた名作を見つけ出して光を当てるケースが多く、店長から「宝探しの月原」と呼ばれ、信頼されていた。しかしある日、店内で起こった万引き事件が思わぬ顛末をたどり、その責任をとって一整は店を辞めざるを得なくなる。傷心を抱えて旅に出た一整は、以前よりネット上で親しくしていた、桜風堂という書店を営む老人を訪ねるために、桜野町を訪ねる。そこで思いがけない出会いが一整を待ち受けていた……。

 一整が見つけた「宝もの」のような一冊を巡り、彼の友人が、元同僚たちが、作家が、そして出版社営業が、一緒になってある奇跡を巻き起こす。『コンビニたそがれ堂』シリーズをはじめ、『花咲家の人々』『竜宮ホテル』『かなりや荘浪漫』など、数々のシリーズをヒットさせている著者による、「地方の書店」の奮闘を描く、感動の物語。

                      (PHP研究所HPより)





先に「百貨の魔法」を読んで、星野百貨店の6階にある銀河堂書店の

店員・月原一整が主人公のこちらが気になり、手に取った。

書店員の仕事が興味深い。
万引き事件によって、不幸にも書店を辞める決断をした一整。

ネット上で交流のあった桜風堂の店主を訪ねることで、一整の新しい生活が
始まる。


人付き合いが苦手な一整が本を通じて、色々な人と巡り会い、良い人間関係を
築いていく過程が良かった。
桜風堂書店店主の孫・透くんとのやり取りも微笑ましい。

2人とも境遇が似ていて、これから先、二人が幸せな人生歩んでくれたら
いいなぁ~と強く思った。


1冊の本を売るのにも、こんな努力があるんだなぁ~と分かって
今は本を殆ど買わないで、借りているのが、なんだか申しわけないような
気持ちにもなった^^;


                        ★★★



発行年月:2017年10月


 時代の波に抗しきれず、「閉店が近いのでは?」と噂が飛び交う星野百貨店。エレベーターガール、新人コンシェルジュ、宝飾品売り場のフロアマネージャー、テナントのスタッフ、創業者の一族らが、それぞれの立場で街の人びとに愛されてきたデパートを守ろうと、今日も売り場に立ちつづける――。百貨店で働く人たちと館内に住むと噂される「白い猫」が織りなす、魔法のような物
語。

                   (ポプラ社HPより)




創設者の名字がついた創業50年の星野百貨店。

そこで手動式のエレベーターを操作するエレベーターガールの松浦いさなを
中心に働く人とお客さまたちの物語。

お客さんへの気遣いがホッコリさせる。

こういう百貨店、今はどんどん減ってしまって大型ショッピングモールとか
大型スーパーが主流になってきている。

だから、ここのなかに出て来る、屋上広場の回転木馬とか、自分の幼いときの
思い出を蘇らせてくれた。

途中、赴任してきたコンシュルジュの芹沢結子さんがこの百貨店存続の
大きな鍵だったんですね~。

長く存続して欲しいな。

関連書籍だという『桜風堂ものがたり』も未読なので、ぜひ、読んでみたい!



                        ★★★★



発行年月:2016年7月


 第155回芥川賞受賞作!

36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、
変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、
清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、
完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、
私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。

ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は
「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。

現代の実存を問い、
正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。

                  (文藝春秋HPより)




変わった主人公の話だったけど、面白かった!
世の中、色々な人がいて、古倉さん、みたいな人もいるでしょう。

最初は、変な人だな~と思ったけれど、段々と理解出来て
応援したくなってきた!

コンビニの仕事なら、完璧!
マニュアルをきちんと守って働いている人はそんなにいないんじゃないかな?
古倉さんみたいな人をバイトから正社員にすれば会社の利益にもなると
思うのに・・・。


一方、白羽さんも変わった人だけど、こちらは全く応援する気になれず^^;

古倉さんは一人でも大丈夫!
コンビニ人間だって悲観することなし!


スラスラ読める芥川賞受賞作ってあまりないけど、これは面白かった!



                      ★★★★
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
2 3 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]