忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6



発行年月:2017年2月


 その年の五月から翌年の初めにかけて、
私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。
夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降ったが、谷の外側はだいたい晴れていた......
それは孤独で静謐な日々であるはずだった。
騎士団長が顕(あらわ)れるまでは。

                    (新潮社HPより)




主人公のわたしの前に顕れた、騎士団長。
突如姿を見せ、問題解決のアドバイスをしてくれる。

わたしが友人から借りている家を行き来する人々。

免式渉(54歳)・・・白髪のハンサムな金持ち。

秋川まりえ(13歳)・・・わたしの絵画教室の生徒。免色がもしかしたら
娘かもしれないと思っている聡明な少女。

秋川笙子・・・まりえの叔母。まりえの母親の死後、不在がちな弟に
代わり、まりえの保護者として一緒に暮らす。

雨田政彦・・・わたしの親友。


騎士団長は、何故、あらわれたんだろう?と思って読んでいたけれど
それは謎のまま終わったなぁ~^^;
「騎士団長殺し」の絵を描いた雨田具彦氏の入所している施設にその息子である
雨田政彦と共に面会に行き、その場所で何かが起こるとワクワクしながら
読んだ。
政彦が席を外して騎士団長がその場に顕れ、具彦から
何か発言があるかと期待したけれど何もなかったなぁ~^^;

ちょっと肩すかしの場面も幾つかあったけれど、物語としては面白かった!

騎士団長が、わたしと、まりえのピンチを救った。


登場人物たちが、最後、皆、それぞれハッピーな感じになったのも読後感よくて
いい。


                       ★★★★



PR


発行年月:2017年2月


 物語はここからどこに進んでいこうとしているのか?

その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降ったが、谷の外側はだいたい晴れていた......それは孤独で静謐な日々であるはずだった。騎士団長が顕(あらわ)れるまでは。

                 (新潮社HPより)



随分、待ってやっと読める(図書館本にて・・・^^;)。

物語の最初から、ワクワク。
何が始まる?何が起きる?

主人公の私は男性で、肖像画を描いて生計を立てる36歳。
6年間の結婚生活を妻からの突然の申し出を受け入れ解消し、独り知人(雨田政彦)
の父親・雨田具彦所有の家へ移る。
小田原校外の山中にあるアトリエを兼ねた住居。

山中の生活の中で近くに住む免式渉という男と関わりを持ち、その男によって
色々な奇怪な出来事が、私を巻き込んでいく。



具彦が描いたであろう「騎士団長殺し」の絵のなかの騎士団長の出現。
話し方がなんだかユニークで、怪しさが吹っ飛んだ^m^


免式渉・・・・何者なんだろ?
1部を読む限りでは、特に危ない人の感じはしないけれど。

2部ではどんな展開が待っているのか、今から読むのが楽しみ。

読みやすいので、サクサク進む。
読書時間さえ確保できれば、アッと言う間に読了できそう。


                         ★★★★




発行年月:2017年9月

世間から隔絶され生かされている少女たちの一途で激しい想いの行き着く先はーー
狂おしいほど耽美で苦しい恋愛小説集。
ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」で注目の著者の真骨頂!

                  (河出書房新社HPより)




少女たちの独特な世界を描いた短編集。


どれも少し怪しげで暗い。
一途に思う相手は同性というのも共通。

表題作は一番最初
絵梨とひづると美少年・紫菫(シキン)が主な登場人物。
でもシキンは二人にとって何なんだろ?
異常な行動をとる二人の少女が怖かった。


ほかの話も似たようなどこか異様な世界観。

表題作の他は
<針とトルソー>
<星の王様>
<紫陽花坂>


最後の話が一番、印象深いかな?
相変わらずの奇妙な少女たちの恋だけど、女子校特有の恋バナに
教師の猟奇的事件も加わってきて滅茶苦茶。

大人になった少女たちが、一人のお通夜で再会した会話で
ああ、やっぱり・・・・。


校閲ガールと同じ著者とは思えませんが、本来の宮木さんらしい作品は
こちらかな?


                      ★★★



発行年月:2017年7月


 「消された島」をめぐる超弩級イヤミス!
 東京オリンピック前夜の1964(昭和39)年、小笠原諸島にあった「祝言島」が噴火し、生き残った島民は青山のアパートに避難した。しかし後年、祝言島は"なかったこと"にされ、ネット上でも都市伝説になった。一方で、祝言島を撮ったドキュメンタリー映画が存在し、ノーカット版には恐ろしい映像が含まれていた。
 2006年12月1日、東京で3人の人物が連続して殺され、未解決となっている「十二月一日連続殺人事件」。無関係と思われる3人の共通点が「祝言島」だった。半世紀を経て、"消された島"の禍々しい歴史が暴かれる――!!!

                   (小学館HPより)




タイトルと表紙の絵から、嫌な話だと想像できる。
真梨さんのイヤミス度は、期待度大なので・・・^^;


登場人物の相関図をメモしながら読んだので、よくわかったけど
そうじゃなかったら、頭のなか、ぐちゃぐちゃになりそう。


大学生(関東大学芸術部)の九重メイがスタイルリストの母親・サラからの
薦めでドキュメンタリー制作会社にアルバイトとして、あるテープのチェック
作業に関わり、「祝言島」という島に纏わる不可解なことの真相を探っていく。


メイ自身が「祝言島」に関わる人物だとわかった瞬間は、なんだかゾッとした。

登場人物たちが次々、繋がっていく元になっているのも「祝言島」。

かつて、そこで行われていたこと。
暗い歴史を持つ島のこと。

ロボトミー手術のことは、学生時代学んだので、それが関わっている
物語というのもなんだか怖かった。

ああ、嫌な話だった。
でも、また一気読みしちゃった。
そして、次回作もまた期待しちゃいます。


                           ★★★



発行年月:2017年3月

余命、半年――。海老名亜希子は「お掃除コンシェルジュ」として活躍する人気エッセイスト、五十歳独身。歩道橋から落ちて救急車で運ばれ、その時の検査がきっかけで癌が見つかった。潔く〝死〟を受け入れた亜希子は、“有終の美”を飾るべく、梅屋百貨店の外商・薬王寺涼子とともに〝終活〟に勤しむ。元夫から譲られた三鷹のマンションの処分。元夫と結婚した妹との決着。そして、過去から突きつけられる数々の課題。亜希子は“無事に臨終”を迎えることができるのか!?人気ファッション誌「大人のおしゃれ手帖」大好評連載作品、待望の単行本化。カバーイラストは大人気イラストレーター・マツオヒロミさんでお届けします!

                    (宝島社HPより)



余命半年を宣告された亜希子。
終活に励む姿は、なんだか応援したくなり読んでいたけれど・・・
段々、単純な終活だけでは終わらない展開。

やはりイヤミスの真梨さん、最後の最後に期待に応えてくれました!


しかし、こんな最期は嫌だ。

自分の死後、身内が揉めればいいなんて思う関係にあったのは気の毒だとは
思うけれど・・・。
最期に罪まで犯していたとは・・・ビックリ!


お話としては、最初から最後まで面白く読めた。


                       ★★★
 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 4 6 8
10 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]