忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2



発行年月:2016年8月

平穏だった家族が少年事件によって崩れていくさまを描く心理サスペンス。

東京のベッドタウンに住み、建築デザインの仕事をしている石川一登(いしかわかずと)と校正者の妻・貴代 東京のベッドタウンに住み、建築デザインの仕事をしている石川一登(いしかわかずと)と校正者の妻・貴代美(きよみ)。
二人は、高一の息子・規士(ただし)と中三の娘・雅(みやび)と共に、家族四人平和に暮らしていた。
規士が高校生になって初めての夏休み。友人も増え、無断外泊も度々するようになったが、二人は特別な注意を払っていなかった。
そんな夏休みが明けた9月のある週末。規士が2日経っても家に帰ってこず、連絡すら途絶えてしまった。
心配していた矢先、息子の友人が複数人に殺害されたニュースを見て、二人は胸騒ぎを覚える。
行方不明は三人。そのうち犯人だと見られる逃走中の少年は二人。息子は犯人なのか、それとも……。
息子の無実を望む一登と、犯人であっても生きていて欲しいと望む貴代美。揺れ動く父と母の思い――。
『火の粉』の不穏な空気感と『クローズド・ノート』の濃密な心理描写。
両方を兼ね備え、執筆時、著者が最も悩み苦しみ抜いた、渾身の力作。

 

                      (角川書店HPより)




高校1年生の息子が殺人事件に関わっていることを知る。
息子とは、事件後、連絡が全くとれず。
マスコミが家に取材に多数押し寄せる。


父親、母親それぞれが。そんな状況のなか抱く望みは違っている
父親は、加害者に息子がなるなんて信じられない。
母親は、息子が死んだなんて考えられない。

被害者であれば、既にこの世には居ないし、生き延びているということは加害者側で
逃亡してるということ。

どちらにしても最悪の結末しかない。


そんな状況のなか、過ごす両親と妹の3人。

読みながら最後まで結末がわからず、緊迫した状況。

結末を知り、哀しいけれど、ホッとした。

この家族なら、きっと前を向いていけるという望みが感じられたから。

読み応えあって、重たい内容だけど、一気読みでした!


                         ★★★★
PR



発行年月:2014年3月


 卒業生4人が仕組んだ体罰教師への復讐は、恐ろしき連続殺人事件の始まりにすぎなかった。 高校の同窓会で久しぶりに再会した旧友4人。かつて生徒を囚人扱いしていた教師・樫村の変わらぬ姿を見た彼らは仕返しを計画。生きたまま置き去りにしたはずが、なぜか樫村は溺死体となって発見された。4人のうち誰が彼を殺害したのか。それぞれが疑心暗鬼に陥る中、また新たに起きる殺人事件が高校時代の衝撃的な秘密を浮き彫りにさせる! 過去を断ち切ろうとする者たちが大きな悲劇に巻き込まれていく、二度読み必至のミステリー。

                      (幻冬舎HPより)





高校の同窓会で再会した4人。

洋輔、八真人、希一、和康は、体育教師・樫村に受けた体罰めいたしごきに対して仕返しを
しようと話し合う。
暴力は振るわず、懲らしめるのが目的だったのに・・・拉致して廃墟化した工場内に
置き去りにした翌日、別の場所で遺体で発見された樫村。
誰が殺した?

なかなか面白い始まりでした。
そして、その過程で4人がそれぞれを疑い始め事件の真相が段々と明かされていく。

そして、登場の洋輔の兄えもんには、力が抜けました~^^;
美郷もこんな怖い人だったとは!



真犯人たちの樫村を殺した動機がやや疑問。

そして、ラストは、「え~っ?」こんな風に終わりですか?


気持ち悪い終わり方だし予想外の展開で驚いたけど、ま、なかなか楽しめました。


記録を残している読書メーターでのほかのかたの感想は

結構、酷評が多かったけど、そこまで悪くはないかな?

でも正統派ミステリーをこの著者には、期待したいとかつての作品を
知ってる人は思うだろうな。


                           ★★★



発行年月:2013年9月


検事は何を信じ、何を間違えたのか。

東京地検のベテラン検事・最上毅と同じ刑事部に教官時代の
教え子、沖野啓一郎が配属されてきた。
ある日、大田区で老夫婦刺殺事件が起きる。
捜査に立ち会った最上は、一人の容疑者の名前に気づいた。
すでに時効となった殺人事件の重要参考人と当時目されていた
人物だった。
男が今回の事件の犯人であるならば、最上は今度こそ法の裁きを
受けさせると決意するが、沖野が捜査に疑問を持ちはじめる。

正義とはこんなにいびつで、こんなに訳のわからないものなのか。

                  (文藝春秋HPより)



う~ん。と考え込んでしまうような内容でした。
時効になった殺人事件。
かつて自分がお世話になった一家の中学生だった長女が絞殺された事件。
一家に対して、特別な思いがあるだけに犯人には強い憤りが今も消えない最上。

当時、重要参考人として捕らえながらも、確固たる証拠がなく逮捕保留になった男。
その男が、再び、殺人事件の容疑者の一人としてあがってきた。


気持ち的には、十分、理解出来るけれど、最上のやったことは、犯罪。
法のなかで正当に裁かなければならない立場なのに、この行動は異常。
正義感が強いとも思えるけれど、行き過ぎた行動には、嫌悪感のみ。

そして、後輩の沖野を苦しめてしまったことも許せない。
沖野は当初から疑問を感じながらも、優秀な先輩の考え方に最初は同調。
しかし、間違いなのでは?と気づき、辞表まで提出したのには驚いた。
沖野の行動には本当の正義感を見た気がした。
自らの考え方に誤りがあったと気づき、容疑者の松倉にも謝罪し、
弁護側に力を貸す。

しかし、事の真相に近づくと、また沖野は苦悩する。
ああ、切ない。
沖野が今後、立ち直って、優秀な弁護士として活躍する話を読みたい!!


                         ★★★★ 
6229.jpg    発行年月:2012年8月


   理想の女は「浮気を許してくれる都合のいい人」と言い切っていたフリーライターの長谷部は、突如として正反対のタイプに惹かれてしまう。結婚を前提に付き合ってほしいと迫るものの、恋愛は自分の気持ちだけでは成立しないという現実にうちのめされる。婚活中のOL・奈留美は、冷凍食品を温めた夕食を取りながら、合コンで一度会ったきりの漫画家にデートのお誘いメールを送信。今までのそっけなさすぎる返信とたび重なるドタキャンのことは忘れて、最後のチャンスに望みを託す。


                                    (幻冬舎HPより)



上巻で登場人物たちの仕事や性格などのプロフィ-ル的なものが頭のなかにイメ-ジ出来ていたので
それぞれの人物たちがどうやって恋愛のパ-トナ-を見つけていくのか?
その過程が楽しかった(^^)

上巻では登場しなかった、覚本敬彦の兄・祐樹が出てきて、バイク事故を起こして漫画を描くことを休んでいたということで心配だったけれど、奥さんと娘と新たな道に進み始めたことがわかってホッとした。

途中からどんどんカップル誕生!!
え?この人がこの人と?というカップルもあれば、ああ、やっぱり二人は・・・・。
なんていうカップルも。

普通のOLの松尾奈留美が、恋愛のアドバイスをネット上で受けながら、覚本敬彦にめげずにアプロ-チしていく様子も微笑ましかった。
そのアドバイスをする側の「ヌエ」という人物の正体が途中でわかったのも面白かった。
なるほど・・・・そういうわけで的確なアドバイスが出来たんだぁ~(^^)


登場人物たちが漫画家だったり、その編集者だったりで、よく知らない仕事の裏側を知れたのも興味深く
本の表紙(裏表紙も)にある、フカザワナオコさんの漫画「おさきに読みました」も面白かった。

途中の一歩という表題もいい!!


                                         ★★★★


5952.jpg    発行年月:2012年8月


   昨日と同じような一日から抜け出すために、
   6人の独身男女はこれからの人生を共に過ごす
   たった一人のパートナーを探し始めた。
   悩める大人に愛と勇気を贈る、共感度120%の恋愛群像劇。


                       (幻冬舎HPより)



最初は、登場人物が次々出てきて、やや混乱した・・・(^^ゞ
でも途中から段々とそれぞれの人物に馴染みが出てきて、この先どうなる?と
想いながら楽しんで読めた。

主な人物は・・・

覚本敬彦・・・漫画家
相馬慧・・・大手広告代理店勤務
玉石研司・・・編集者(元覚本の担当で慧の友人であったため覚本を引き合わせた)
長谷部昇吾・・・覚本の同級生、ゴ-ストライタをしたり漫画の原作に関わったり大きなイベントも企画する
やる気満々、自信家な男。

西崎綾子・・・編集者(仕事のためなら女も捨てる?と噂されている仕事の出来る女)
緑川優・・・売れっ子漫画家。編集側の男と不倫関係にあったが・・・
松尾奈留美・・・OLで編集社との仕事上の付き合いもある。


男女6人とあるけれど、実際はもっといろんな人が登場。
彼らが今後、どんな風に恋愛をしていくのか?
上巻ではまだあまり進展がなかったので、下巻を早く読もう!


★★★
 
 
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]