忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4


発行年月:2019年9月


死ぬことは、今も怖い。
恋してからは、ますます怖くなっている。

名前も記憶もお金も持たない某(ぼう)は、
丹羽ハルカ(16歳)に擬態することに決めた。


変遷し続ける〈誰でもない者〉はついに仲間に出会う――。
愛と未来をめぐる、破格の最新長編。


ある日突然この世に現れた某(ぼう)。
人間そっくりの形をしており、男女どちらにでも擬態できる。
お金もなく身分証明もないため、生きていくすべがなく途方にくれるが、病院に入院し治療の一環として人間になりすまし生活することを決める。
絵を描くのが好きな高校一年生の女の子、性欲旺盛な男子高校生、生真面目な教職員と次々と姿を変えていき、「人間」として生きることに少し自信がついた某は、病院を脱走、自立して生きることにする。
大切な人を喪い、愛を知り、そして出会った仲間たち――。
ヘンテコな生き物「某」を通して見えてくるのは、滑稽な人間たちの哀しみと愛おしさ。
人生に幸せを運ぶ破格の長編小説。

                    (幻冬舎HPより)



不思議な話。
何者でもない者の「某」は、いろいろな人間に変化しながら生きる。

最初は、高校2年生の丹羽ハルカ。
その次は、同じ高校に転校生として通う野田春眠。

そのあとは、高校で事務員として働く中山文夫。
そしてキャバクラで働くマリ、その後は、ラモーナ、片山冬樹、ひかり、というかんじ。


それぞれの人で生きるなかで、それぞれの人間関係が生まれる。
その人でいることで、何か辛いことに出会うと、別の人になっていく「某」。


最後になった「ひかり」は同い年で一緒に赤ちゃんの時からそだった、みのりの
ために最後までひかりであり続けようとする。
今までの「某」なら、別の人に変化するところなのに・・・・
「某」にとって変化して、みのりとの関係を断ち切ることが自分がこのまま消滅して
しまうことより怖かったのかな?


変わった話だなぁ~と思いながら読んでいたけれど、最後に、なんだか感動した。



                         ★★★★
PR



発行年月:2017年10月


 川上弘美さんの最新刊は、長らく待ち望まれていた恋愛と結婚を描いた長編小説。500ページ超えも一気読み必至の傑作です。

主人公は1966年ひのえうまの同じ日に生まれた留津とルツ。このパラレルワールドに生きるふたりの女性は、いたかもしれないもうひとりの「自分」。それは読者のあなたのもうひとりの「自分」かもしれませんし、留津とルツの恋人や夫も読者のあなたのもうひとりの「自分」かもしれません。

主人公の2人のように「いつかは通る道」を見失った世代の女性たちのゆくてには無数の岐路があり、選択がなされます。選ぶ。判断する。突き進む。後悔する。また選ぶ。進学、就職、仕事か結婚か、子供を生むか……そのとき、選んだ道のすぐそばを歩いているのは、誰なのか。少女から50歳を迎えるまでの恋愛と結婚が、留津とルツの人生にもたらしたものとは、はたして――

道は何本にも分かれて、つながっていて、いつの間にか迷って、帰れなくなって……だからこそ「人生という森は深く、愉悦に満ちている」。

装画と挿画はファッションブランド「ミナ ペルホネン」の皆川明さんが手がけています。
たくらみに満ちた造本にもご注目ください。

                       (日本経済新聞出版HPより)



留津とルツ。
0歳から60歳までの出来事を綴る。

家族構成はおなじ。
両親と弟。


留津は危機的状況を経て生まれ、ルツは安産で生まれた。

その後の小学校時代、中学時代、高校時代、大学時代。
友だち、ボーイフレンド、進路など、それぞれに問題が出て
それなりに解決しての繰り返し。

どんな道を選ぼうとそこには、困難もあるし、幸せもある。

成人してからは、それぞれが出会っていた人たちが交錯する。

共通して登場したルツの中学時代のちょっと気になっていた林くんが、なんだか
良い感じだったなぁ~。
ゲイなんだけど、人間として正しいことを言っていた。

それに対して、留津の夫・神原俊郎はよくわからん人だったな~。
ずっと独身だったルツの夫としても登場するんだけど。


最後は、留津とルツ以外の流津、琉都、瑠通、るつ
と登場して、それぞれ60歳にして誰と歩んでいるのか語る。



まあ、いろいろな人生の岐路があるけど、
自分が選んできた道が一番で今ここにいる自分は幸せなんだと
思える生き方したいなと思った。

なかなか面白かった!



                         ★★★★



発行年月:2006年4月

わたしいま、しあわせなのかな。
寄り添っているのに、届かないのはなぜ。
たゆたい、変わりゆく男女の関係をそれぞれの視点で描き、
恋愛の現実に深く分け入る長篇。

               (中央公論新社HPより)




少し前の川上作品、図書館棚にて手に取る。


中西リリ、35歳で2年前に結婚した幸夫を、好きじゃないことに気づいてしまう。
真夜中の公園を歩くのが日課になり、そこで同じように、マウンテンバイクで
公園を周回している青年・暁(26歳)と昼間のスーパーで偶然、会い、そのまま暁の家に。


リリの親友・宮本春名。私立の女子高の英語教師。
リリの夫とリリの結婚後、不倫しながら、年下の悟(28歳)、遠藤(33歳)とも付き合う。


そして。。暁と悟は兄弟。

なんだか、ハチャメチャな設定だけど、物語だから、面白かった。

リリの結婚後の幸夫に抱く感情は、理解できる。
でも、現実的に、こんな風に行動するのはね~。
ま不倫は仕方ないと考えても、妊娠したあと、離婚を申し出て暁とも別れるって
これからどうするの?
これからのリリが気になる終わり方だわ~。


春名の行動も謎だけど、こちらは独身だったから、まあ正しい判断だったかな?



                          ★★★



発行年月:2017年3月


 ちょっと奇妙で愛しい物語の玉手箱
ヴァラエティ豊かな18篇からほんの一部をご紹介――

「大聖堂」 
家賃は格安で2万円。そのかわり、一匹だけ扶養義務を負うというのがこのアパートの決まり。動物は三種(猫と兎とぼくの知らない小さな生き物)。そのなかからぼくは三番目を選んだ。四つ足でなめらかな毛、耳が立っていて、目はぱっちりと大きい。背中に一対の小さな羽根をたたんでいる――ぼくは〈つばさ〉と名づけた。

「ぼくの死体をよろしくたのむ」
 「恋愛の精算に他人をもちこむのって、ずるくないですか」「そうよ、ずるいの、わたし」--銀座 午後二時 歌舞伎座あたり。知らない男と二人でてのひらに乗るぐらいの小さな男の人を助けた。「恋人を助けてほしい」と小さな人は言う。『猫にさらわれたのだ』と。

「二百十日」 
伯母の代わりにやってきたのは「るか」という男の子だった。彼は少し魔法が使えるのだという。時間の流れを変えることができるのだ。

「スミレ」 
人間を精神年齢に応じた外見にするための技術は、今世紀後半に発達した。わたしの実年齢は58歳だけれど精神年齢は18歳なので、宿舎の中では18歳の姿で過ごす。


                      (小学館HPより)





独特の雰囲気で、それが心地いい。
ちょっとSFっぽいのも多いけど、ひょっとしたら、そんなことあるのかも?
と思わせてくれるほど自然でイヤミがない。

表題作は、どんな話?と表題から最も興味を誘う。
ぼくの死体・・・ぼくの死んだあとをよろしくってことかな?
そんな風に頼まれちゃう黒高知瑠莉香さんに興味が沸きました^m^


最後の話、「廊下」も死後の世界に居る人と自然に出会い会話する様子が何だか
温かいかんじで良かった。

どれも不思議な余韻が残る作品たち。
感想を書きにくいけど、どの話も好きだ。


                         ★★★★



発行年月:2016年4月


 遠く遙かな未来、滅亡の危機に瀕した人類は、「母」のもと小さなグループに分かれて暮らしていた。異なるグループの人間が交雑したときに、、新しい遺伝子を持つ人間──いわば進化する可能性のある人間の誕生を願って。彼らは、進化を期待し、それによって種の存続を目指したのだった。
しかし、それは、本当に人類が選びとった世界だったのだろうか?
絶望的ながら、どこかなつかしく牧歌的な未来世界。かすかな光を希求する人間の行く末を暗示した川上弘美の「新しい神話」

                   (講談社HPより)




途中まで、不思議な話を集めた短編集?と思ったら・・・

繋がっているんですね~。

現代からかなり進んだ未来の話。
人間がふつうの生殖で生まれたのは5000年以上前だというのだから・・・。
もうそんな未来の話、想像できません^m^


人類は滅びたのか?
でも見た目人間の生物はいるみたい。
人間にみえる生物はクローンで、似た姿の者が何人もいて・・・・
分離代謝する者、合成代謝する者?


意味不明なことの連続で、理解不能な物語でしたが
不思議とこの世界観にハマってしまって、わけわからないのに意外と面白かった。


川上さん、作風がいろいろ変りますな^^;


                      ★★★
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★☆最後まで読んだが好みじゃなかった
★★飛ばしつつ一応最後まで目を通した
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]