忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6



発行年月:2017年7月

タンゴにしか興味がない孤独な殺し屋<ハムレット>。
その男に両親と弟を殺され、一人生き残った少女、ヒロミ。
ブエノスアイレスに住む唯一の肉親である日系二世の祖父に引き取られた少女は、家族の復讐を果たすため、人の殺し方とタンゴの踊り方を覚えてゆく。
「あの男を殺して、人生の一部を取り戻す」。それだけが彼女の生きる目的となった。
やがて彼女は<ロミオ>と名乗る凄腕の美しい殺し屋に成長する。
アルゼンチン軍事政権時代の暗黒の歴史を絡めた血塗られた復讐劇はどこへ向かうのか?

全編にちりばめられたタンゴという音楽とシェイクスピア作品への深いオマージュ、破滅へとひた走る狂気のような疾走感、切なく痛ましい殺し屋としての宿命。
ピアソラの「タンゴ・ゼロ・アワー」を暗殺者のための音楽として崇める殺し屋<ハムレット>。
タンゴのステップを踏むように踊りながら殺す、いかれた女殺し屋<ロミオ>。
東京とブエノスアイレスを舞台に、<ロミオ>と<ハムレット>の壮絶な闘いが幕を開ける――。
読みはじめたら止まらない、圧巻のノンストップ・ジェットコースター小説!
美しく、激しく、そして息苦しい程の切なさが胸を打つ、傑作ノワール長編、誕生!


                 (朝日新聞出版HPより)



殺し屋なのに、タンゴ好き。
そして猫好き。

シェークスピア好きの雇い主・キング・リア。
コードネームは、皆、彼の作品の登場人物の名前。


両親と弟を殺されたヒロミは、10歳で、父方の祖父・新垣龍三の暮らす
アルゼンチン・ブエノスアイレスに引き取られる。

龍三もかつては殺し屋で、ハムレットに息子家族を殺されたのは、自分のせいだと
ヒロミに打ち明け、復讐を誓う。


ヒロミは大学の医学部で学ぶ。
そして、龍三と共にハムレットを殺すことだけを生きがいに殺し屋として
成長する。


ラスト、ヒロミがロミオとなり、ハムレットと対峙する場面はゾクゾク感でいっぱい。
お互いに魅力を感じながら、お互いを殺そうとする。


二人が憎み合う関係じゃなければ、最高のパートナーになれたのに。
切ないなぁ~。
でも、なんだか華麗な殺し屋の物語だった。


最高に面白かった!!



                        ★★★★★
PR



発行年月:2016年6月

傷心のOL、秘密を抱えた男、病を得た伴侶、異国の者、どら息子、居候、苦学生...今はもういない者たちの日々がこんなにもいとおしい。優しく心をゆさぶる、著者会心の最新小説。

                (中央公論社HPより)



第一藤岡荘の5号室に暮らした歴代住人たちの日常を描いた本。
1階に2室。二階に3室。
でも5号室の隣は3号室。

最初の住人は、アパートの大家の息子・藤岡一平(1966~1970年まで住む)
合計・13世帯の物語。

同じ部屋なので、先の住人の生活の痕跡をそのまま引き継いだりしていて
クスッと笑えます。

住人は、学生だったり、単身赴任者だったり、家族だったり、OLだったり。
様々な日常は、特に面白い事が起きるだけでもないけれど、何となく可笑しい。

なかには訳あり住人も居ました。
なんと殺人者で、結局、本人も殺されるんだけど、その辺のことは、大して重要では
ないかのように、サラッと。

藤岡荘最後の住人・諸木十三は、最期をその部屋で迎える。
世間では孤独死と呼ばてしまうものだけど、たまたま一人の部屋で亡くなったというだけ。
彼の周りには、友好的な人間関係があったし、安否確認を頼んでいた人もいた。

最後は、ちょっと哀愁漂う終わり方だったけど、それも良かった。

第六話 ザ・テレビジョンでは、歴代のテレビ番組が並んで
懐かしいなぁ~と一人、にやり^m^


最初から最後まで楽しく読んだ♪



                      ★★★★
 



発行年月:2016年4月


 孤独な純情ヤクザが、宝塚の娘役に恋をした!?好評の宝塚シリーズ最新作。


宝塚の娘役と、ひそかに彼女を見守り続ける宝塚ファンのヤクザの組長。決して交わることのない二人の人生が一瞬、静かに交差する。娘役としての成長と、ヤクザとしての人生、それぞれの十年をドラマティックに描く。

                  (角川書店HPより)



「男役」は読んで、殆ど知らない宝塚のことを知ったりして楽しみました。
今回は、ヤクザの片桐が偶然、見た宝塚から話が展開していきます。
ヤクザと宝塚の娘役・野火ほたる。
なかなか面白い組み合わせでした!

片桐の考え方は恰好いい。
カタギになれと言って息を引き取った、慕っていたムッシュの意志を貫き通す
生き方を選んで欲しかったなぁ~。

最後はヤクザの世界っぽく壮絶。
ああ、薔薇の花束・・・せめて届けさせてあげたかった(T_T)


宝塚シリーズ第3弾もありでしょうか?

タイトル何になるのか、今から期待しちゃいます^m^


                           ★★★★



発行年月:2016年1月


 我慢することが、大人の恋だと思っていた。 みのり28歳。恋は3年していない。 美味しい料理があって、気の置けない友達がいて、 私の生活はどうにか回っている。 そんな時、通い始めた生け花教室で、 8歳年下の透と出会い・・・・・・。 でも、この気持ちは封印しなければいけない。 今年一番の恋愛小説

                    (幻冬舎HPより)



女性の方が8歳年上の恋愛場話。
最初は、上手くいくのかなぁ~?と思って居たけれど・・・
意外にも、お似合いの二人。

出会った場所が、華道教室で、70代の先生の助手として教室に来ていた
先生の孫の透センセイに好意を抱くみのり。
一方、透もみのりに対して好意を抱く。

それでも最初は、華道教室で会う、生徒とセンセイの関係。
年は8つもみのりが上なのに、センセイという立場の透に対しては
敬語で、透もまた年上ということで敬語。
けれど、二人の会話は楽しげでこちらも楽しい気持ちにさせられる。
良い関係だなぁ~なんて思って、二人の気持ちが同じならこれは恋愛に発展して
欲しいと思いながら読んでいました。

当初、みのりの方がブレーキをかけていましたが、その辺は当然ですね。
一方の透も若さゆえのがむしゃらな感じが薄くてそれでも勇気を出して
自分の気持ちをストレートに伝えるあたりは、育ちの良い青年というかんじで
好感が持てました。

二人の恋は始まったばかりという感じで終わるのもいい。

久しぶりにキュンとする恋バナでした^m^


                          ★★★★



発行年月:2015年10月

東京で挫折し、愛媛の実家で療養のような日々を過ごす・和樹。2020年のオリンピックが東京に発表されたとき、寡黙な祖父から糊付けされたままの一通の古い封筒を預かる。「これは……」。開くと中から古い写真と「私たちの約束をここに埋めました」と書かれた手紙が入っていた。

                 (キノブックスHPより)




主人公の藤川和樹は、信頼していたひとに裏切られ、仕事をなくし東京から実家のある

愛媛に戻る。
みかん農家を営む両親は日中は家にいない。
その為、祖父の面倒をみることになる。

祖父は78歳。
ある日、祖父が封筒を差出しそこには手紙と写真。
祖父の代わりに和樹は、再び東京に戻り、その手紙に書かれた5人を探し
約束を埋めた場所をみつけようと決める。


寡黙な祖父の過去が5人と順番に会ううちにわかってきた。
1964年の「東京オリンピック」開催が決まったときの、祖父と5人。

それから2020年開催予定の「東京オリンピック」。

タイムリーな物語でした。

和樹の行動のおかげで、祖父の新たな生きる活力も沸いてきた様子。
和樹自身も前向きに先に進む姿勢を見せた。

2020年の東京オリンピック、わたしも楽しみ♪


                        ★★★★★
 
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]