忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


発行年月:2006年3月


日本人の観光は少しせわしすぎる、という著者が「観光しない観光」を提案。目指すのは、どこへも行かない旅、何もしない旅。人影のない山道に分け入って手付かずの自然の美景に出会ったり、人知れず佇む老建物を裏手に回って観察したり。日本と英国での経験を元にリンボウ先生が実践的な旅を旅情たっぷりに指南。文庫版だけの「リンボウ流旅の流儀」も巻末に。【「BOOK」データベースの商品解説】



表題に惹かれて・・・。
どこへも行かない・・・・と言いつつ出かけなきゃ旅じゃない^^;

でも行った先で、観光名所みたいな賑わいのある場所には出かけず、その土地で
出会えた風景だったり、自然を感じるみたいな旅の楽しみ方。
いいなぁ~、
写真がどれもいい。

イギリス好きなリンボウ先生が語るイギリスの話も楽しい。
そして、イギリスの風景もまた美しい。


写真も豊富で、読んだ後、写真だけを再び、パラパラ捲って楽しんだ。


のんびりした気持ちになれる本でした♪


                      ★★★★
PR



発行年月:2013年12月

「すべての子どもに教育を」と訴え、イスラム武装勢力に銃撃された16歳の少女・マララの手記。本書は、テロリズムによって生活が一変した家族の物語でもあり、女の子が教育を受ける権利を求める戦いの記録でもある。世界36か国で翻訳のベストセラー!

                 (学研パブリッシングHPより)




1997年、7月12日
パキスタンの北部山岳地帯のスワート渓谷で生まれる。
11歳で英BBC放送のウルドゥー語ブログに、ダル・マカイという
ペンネームで日記を投稿。

タリバンにより教育の場を奪われたことを憂い、女の子にも教育と学校に通う
権利をと訴え続けている。


2011年、パキスタン国民平和賞
2013年、国際子ども平和賞
史上最年少で、ノーベル平和賞候補にも名前が挙がる。



彼女が強く賢い女性に育ったのには、父親の影響も凄く大きいと本書を
読んで強く思った。
間違ったことを要求する集団、従わない者を暴力で従わせようとする相手に
武器も持たず、立ち向かうのには、相当、強い信念がないと出来ない。

日本とは全く違う過酷な環境。
日常のあちらこちらに気が滅入る事件が起きて、恐怖のなかで暮らす生活。
想像しただけで脚がすくむ。

恐怖は人を変える。
恐怖は人を残酷にする。

という言葉は衝撃的だった。


自分の子どもの命を狙われないためにタリバン兵に志願させる親。
タリバン兵に拷問にあっている人が目の前に居ても、仕方ないで通り過ぎる。

ああ、読んでいて、本当にこちらの気も滅入る内容でしたが
そんな生活から逃げ出せない人たちがいると考えたら・・・・・言葉がない。


マララさん襲撃のニュースも衝撃的で、その時の状況も本書で初めて詳しく知った。
しかし、事件後、奇跡的に回復して、弱さと恐怖と切望が消え、強さと力と勇気が
生まれたという。
なんて、凄い女性でしょう。


最後にある、国連本部でのスピーチ文は、本当に素晴らしい!!


これは多くの人が読むべき本だと思う。


                       ★★★★★


発行年月:2016年3月


 沢を知りつくした
4人の友人と巡る、つぶよりの金沢


辻 和美さん(ガラス作家)
竹俣勇壱さん(金工作家)
利岡祥子さん(福光屋)
岩本歩弓さん(岩本清商店)


人気スタイリスト伊藤まさこさんが、金沢を知り尽くした地元の「通」4人とともに、金沢および周辺の見所を厳選案内。著者が選んだ名店から、金沢人しかわからない穴場、オススメメニューをはじめ、季節ごとの街の表情までも紹介。グルメ、カフェ、お買物、美術、骨董、自然、散歩、そしてホテル情報まで、幅広く金沢を愉しみ尽くすための一冊です。巻末には、まさこさんが現地で手に入れた器や道具、食材の使い方のページ、地図、交通情報も。

                    (宝島社HPより)



金沢の魅力が沢山、詰まった本!
やっぱり素敵な場所だなぁ~。

次女が金沢の大学にいるので、数回は行ったことあるけど
観光目的で、のんびり、ここにある幾つかを巡ってみたいなぁ~。

21世紀美術館は、素敵だったので、また行きたい!
暗くなってから行くのもいいな~。


今度、実際に行くとき、またこの本、開こう♪


                      ★★★




発行年月:2016年5月

宇宙へ飛び、“小さなキリスト”と呼ばれ、ベーブ・ルースとも対決――世界中で愛される20世紀アメリカのアイコン、スヌーピー。その誕生のひみつから、スポーツと文学を愛した作者シュルツの素顔、そしてファンの聖地サンタローザまで、永遠に色あせない漫画『ピーナッツ』の世界をA~Zのキーワードでご案内します。

                   (新潮社HPより)



スニーピー好きには嬉しい1冊。
スヌーピー誕生秘話あり、シュルツ氏の漫画家を歩むまでの話やご家族のこと。
多くの知らなかった情報満載で読み応え十分!

読む箇所が多く、スヌーピーやピーナッツの仲間たちも沢山登場。
巻末の漫画に登場した人物たちには知らなかった子も多数。

図書館で借りたけど、手元に置いて、何度も何度も開きたい本だと思った!
注文しちゃおうかな?^^;


これからもスヌーピーは老若男女問わずに愛されていくこと間違いなし!



                         ★★★★★



発行年月:2016年3月


被災者を助けた、本当に役立つ実例が盛りだくさん。
イラスト満載で楽しく学べる、災害支援のヒント集

                   (木楽舎より出版)



災害支援する前に絶対読んだ方がいい情報あれこれ。
災害ボランティアとか、物資支援とか、勘違いしたおしつけ行為は
支援どころか、あり難迷惑的行為になってしまうということですね。

間違いない、お金で支援するのが、わたしの場合一番いいかな~?


                      ★★★★★
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]