忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4



発行年月:2018年9月

恋のライバルが、人類だとは限らない――!? 洋食屋の見習い・藤丸陽太は、植物学研究者をめざす本村紗英に恋をした。しかし本村は、三度の飯よりシロイヌナズナ(葉っぱ)の研究が好き。見た目が殺し屋のような教授、イモに惚れ込む老教授、サボテンを巨大化させる後輩男子など、愛おしい変わり者たちと地道な研究に情熱を燃やす日々……人生のすべてを植物に捧げる本村に、藤丸は恋の光合成を起こせるのか!? 道端の草も人間も、必死に生きている。世界の隅っこが輝きだす傑作長篇。

                    (中央公論新社HPより)






T大大学院理学研究科の植物科学専攻のメンバーたち。
研究しているのは、植物。

シロイヌナズナの葉っぱの研究をしている本村さんに恋をした
大学近くの洋食店で見習いとして働く藤丸くん。

ちゃんと告白するのに、はっきり振られる。
けれど、変わらず研究室に注文された食事を運んだり、研究室の面々とも
親しく接する。

本村さんも藤丸くんを嫌いじゃなくて・・・・
愛のない世界を生きる植物の研究にすべてを捧げると決めているゆえ。

最後の方、良い雰囲気になってきたのに、再び振られた藤丸くん。
がんばれ!!
嫌われているわけではないんだから!と声援を送りたくなる。

純粋な二人、カップルになったら素敵なのになぁ~。


研究者って堅物のイメージあったけれど、ここに登場する人たちの
関係は温かくていいな。

研究の内容はよくわからなくて少し斜め読みしてしまったけど
面白かった!


巻末には取材協力の人たちがたくさん!

時間かけて取材して書かれた物語なんでしょうね~。凄い!


                          ★★★★
 
PR



発行年月:2018年5月


 

最高に甘美で残酷な女子大河小説の最高峰。三浦しをん、小説最新作。

横浜で、ミッション系のお嬢様学校に通う、野々原茜(のの)と牧田はな。庶民的な家庭で育ち、頭脳明晰、 横浜で、ミッション系のお嬢様学校に通う、野々原茜(のの)と牧田はな。
庶民的な家庭で育ち、頭脳明晰、クールで毒舌なののと、
外交官の家に生まれ、天真爛漫で甘え上手のはな。
二人はなぜか気が合い、かけがえのない親友同士となる。
しかし、ののには秘密があった。いつしかはなに抱いた、友情以上の気持ち。
それを強烈に自覚し、ののは玉砕覚悟ではなに告白する。
不器用にはじまった、密やかな恋。
けれどある裏切りによって、少女たちの楽園は、音を立てて崩れはじめ……。

運命の恋を経て、少女たちは大人になる。
女子の生き方を描いた傑作小説。


                   (角川書店HPより)



2人の少女、野々原茜(のの)と牧田はな。
親友が恋人になっていく過程は、ドキドキした。
こんな風に女の子同士の恋って始まるのかぁ~。

でもちょっとした好奇心で起こした、茜の行動から二人の関係が一時は崩れそうに
なる。
けれど、再び2人はそれぞれをかけがいのない存在だと認め合う。

2人は大学進学で別々の道へ。
それでも文通は続き、第三章の2010年からはメールでのやり取りに。

はなは、外交官夫人として夫の赴任先、アフリカに住み
ののは、ライターとして日本を飛び回り、独身生活。オス猫と暮らす。


そして、日本では3.11が起きる。
取材で、宮城県に居た、ののは、震災の恐怖を肌で感じる。
同じころ、はなの暮らすゾンダ共和国内では、内戦が再び勃発する気配が
日に日に濃くなる状況。

それぞれが違う場所で、恐怖と不安の日々を過ごす。
ののは、はなの様子が気になり、メールを送るが返事が来ない日が続き
一層、不安が募る。


物語の終わりまで、はなの通信は途絶えたまま。
どうなったんだろ?

大きな決断をして帰国することを選ばなかった、はな。

また、いつか、ののはな通信が再開することを祈ります。


読み始めは、同性愛の話?と思いましたが、それだけで終わらせないのが
しをんさん!
読み応えあって素晴らしかった!



                           ★★★★★



発行年月:2015年7月

謎の老人の活躍としくじり。ストーカー男の闖入。やがて重なりあう生者と死者の声――古びた洋館に住む女四人の日常は、今日も豊かでかしましい。ざんねんな女たちの現代版『細雪』。

                     (中央公論社HPより)




「細雪」を詳しく知らないですが・・・・

四人の女性たちの暮らしぶりがほんわかしていていいです!

そして同じ敷地内に暮らす老人・山田。

最初は、厄介な存在か?と思っていたけれど、用心棒意識が高い害なき人と
わかりホッとした~。
最後には、可愛げある感じも好印象に変わったりして・・・^m^


この家の過去を語るのがカラスというのも面白い。
そして河童も登場!!
しかも、河童が大活躍!

ちょっと森見登美彦氏の不思議なお話に雰囲気似てたかんじ。


行方知れずの佐知の父親のこともわかって、その思いを知り、ちょっと切ないような
気持ちにもなったけれど、思わぬ形で佐知にその存在を少し感じて貰えたのは
良かったなぁ~。


面白かった!


                          ★★★★
 




発行年月:2004年5月(本書は2001年5月に刊行された単行本に書き下ろしを
加え文庫化したもの)

古書店『無窮堂』の若き当主、真志喜とその友人で同じ業界に身を置く瀬名垣。二人は幼い頃から、密かな罪の意識をずっと共有してきた―。 瀬名垣の父親は「せどり屋」とよばれる古書界の嫌われ者だったが、その才能を見抜いた真志喜の祖父に目をかけられたことで、幼い二人は兄弟にように育ったのだ。しかし、ある夏の午後起きた事件によって、二人の関係は大きく変わっていき…。 透明な硝子の文体に包まれた濃密な感情。月光の中で一瞬見せる、魚の跳躍のようなきらめきを映し出した物語。 

                       (角川文庫HPより)



ちょっと多田便利屋の二人のようなかんじ。

本田真志喜と瀬名垣太一。
でも少し怪しい雰囲気もあるんだけれど・・・・。

二人は特殊な世界で幼いときから生きてきた。
古書の世界って、よくわからないけれど、お客の元に出向いて
本の査定をして引き取り、またそれを売るという商売。

ふたりは、真志喜の祖父・本田翁に目をかけられる。
真志喜の父親はそんな様子を見て、自分の居場所がないと姿を消す。

そんな父親と再会し、とある蔵の蔵書を査定し合う。
依頼主は夫が亡くなったため、その蔵書をどちらかの古書店に売りたいという未亡人と
その親族。
査定合戦に加えて、1冊だけ手元に残すとしたらどの本が良いか選んで欲しいという注文。

ここでも敗れた父親。
ちょっと哀れだったなぁ~(^^;
 

二人の今後の話も読めるといいんだけれど、もう書かないのかな?


                           ★★★★
 

発行年月:2013年10月


まほろ駅前で起きる、混沌と狂乱の大騒ぎ!

まほろ市で便利屋稼業を営む多田と行天。
ある日多田は行天の元妻から子供を無理やり預けられて困惑する。
待望のシリーズ第三弾。

                  (文藝春秋HPより)



高校時代の同級生の二人。
多田啓介と行天春彦。
多田が営む、2年前便利屋に転がり込んで居候している行天。
二人のドタバタな感じが今回も楽しめました♪

でも、今回は、二人の過去がちょこっと詳しくわかり・・・二人ともそんな
辛いことがあったのね~(;O;)とややショックを受けて・・・

特に今回は、行天の元妻から娘・はるちゃんを預かることになり・・・
子どもが大の苦手の行天が、はるちゃんから最初は逃げ回るのだけど
少しずつ変化していく様子が微笑ましくもあり感動もした。


それから多田の恋バナも微笑ましい。


怪しげな宗教っぽい団体が絡んで来たり、やくざが登場したり
行天の指が飛んだり、話題豊富過ぎる最初から最後。

でもキッチリまとまるのは、凄いなぁ~。


行天のこれからの仕事ぶり、多田の恋の行方など、今後が気になることが
あれこれあるので、これはまた続編ぜひ書いて欲しいです。

ああ、そういえば、映画化されたのも見てみたいなぁ~。


                       ★★★★★
 
カレンダー
02 2019/03 04
S M T W T F S
1
3 4 5 7 8 9
12 13 14 15
17 18 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]