忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5



発行年月:2016年12月


 

絶品料理の数々と極上のミステリをどうぞ!

下町の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マルは、スタッフ四人、カウンター七席、テーブル五つ。フランスの田舎を転々として、料理修業をしてきた変人シェフ三舟さんの気取らない料理と、身も心も温めてくれるヴァン・ショーは大人気。そして、実はこのシェフ、客たちの持ち込む不可解な謎を鮮やかに解く名探偵でもあるのです。
豚足をめぐる少年と母親の再婚相手との物語、おしゃれな大学教師が経験した悲しい別れの謎、消えたパティシエが残した言葉「マカロンはマカロン」とは?……等々、胸を打つ話ばかり。ブーダン・ノワール、豚足料理、マカロン、ベリーのタルト……メインディッシュもデザートもきっとご満足いただけます。

                    (東京創元社HPより)



ビストロ、パ・マルのお客さんたちの謎解きあれこれ。

フランス料理の勉強にもなります。
知らない料理の知識も増える^m^

心温まるものもあれば、ちょっと苦い思いのする物語もあり

表題作<マカロンはマカロン>は、トランスジェンダーのパテシエのお話。
なるほどね・・・・。というかんじだけど、他に、もっと感動的な話があったのに
なぜ、これが表題作なんだろ??


感動的だったは<ムッシュ・パピヨンに伝言を>かな?
いつも蝶ネクタイを着けている大学の教師西田氏の思い出話。
リヨン滞在中に知り合ったパン職人のジュリー。
ブリッオッシュを最後の渡され病気療養するからと言われたきりその後は会えず
彼女の大家から「病気で亡くなった」と聞いた。

が。。。三舟シェフは、彼女が本当に言いたかったことの意味をブリオッシュの
パンの由来から推理。

ああ、このあと、西田氏はジュリーと再会出来たんだろうか?



どの話も楽しめた。
このシリーズは面白いな。

                     

                      ★★★★

PR



発行年月:2016年10月


 犬を飼うと、犬を飼っている知人が増える。
犬の名前は知っているけど、飼い主の名前は知っているとは限らない。
シャルロットは雌のジャーマンシェパード。警察犬を早く引退し、四歳で池上家にやってきた。はじめて犬と暮らす共働きの夫妻にとって、賢くて聞き分けがよく、少し甘えん坊のシャルロットとの日々はとても新鮮。犬同士、飼い主同士、ゆるやかな連帯も生まれるが、なかには不穏な事件を持ち込む者もいて──
トラブルを起こすのはたいてい飼い主。家族として、犬を迎えたはずなのに。

                    (光文社HPより)




不妊治療の効果なく子どもに恵まれない夫婦が犬を飼うことに。

親戚の紹介で脚の手術後、日常生活には支障はないが、警察犬を引退した
メスのジャーマンシャパード犬を譲り受けて飼う。
名前はシャルロットに。
よく訓練されているのでとても賢くむやみに吠えない。
大きいからだなのにキャンキャン吠える小型犬は苦手。
犬にもいろいろな性格がやはりあるんですね~。


犬は毎日、散歩をしなければいけないから大変そうとずっと思っていましたが
自分自身の運動にもなるし、同じように犬を散歩させている人たちと
新たな人間関係が出来るのも、なんだかいいなぁ~
シャルロットみたいな賢い犬なら飼いたいな~なんて思ってしまった^^;


ちょっとしたミステリーも絡ませながらの楽しい本でした!

この夫婦の関係も素敵。
赤ちゃんが生まれてのシャルロットとの暮らしを続編として読めたら最高!


                         ★★★★





発行年月:2016年4月

おそうじ上手は、謎解き上手――

読めば元気になれる大人気ミステリ〈清掃人探偵・キリコ〉シリーズ第5弾!

キリコは、オフィスや学校、病院に派遣される清掃作業員。ミニのフレアにハイヒールで軽快に掃除をしながら、事件を解決する名探偵だ。「大丈夫、世の中はお掃除と一緒だよ。汚れたらきれいにすればいい。また、汚れちゃうかもしれないけど、また、きれいにすればいい」――そう言ってこれまで鮮やかに謎を解いてきたキリコだが、今回の事件はかなり厄介なようで……
ハートウォーミングな連作短編ミステリ。

                   (実業之日本社HPより)



大好きなシリーズですが、これが最後みたいでちょっと寂しいな。
今回は、英会話スクール内とビルのなかに入っている会社内の事件に絡む
清掃員のキリコ。
お仕事相変わらず掛け持ちで頑張ってるんだなぁ~。


英会話スクール内は、人気の講師をめぐる女性受講者たちが嫉妬によって起こす事件。
こういう女たちって嫌だなと思う。


そして、もう一つは別のオフィス内の事件。
こちらは、鈍感な男が招いた事件。
ふざけ半分でこういう、いたずらする人いるけど、こういう男も嫌だな。


そして最後にキリコ自身のこと。
大介くんと結婚して、二人の仲は相変わらず良いのは微笑ましい。
でもキリコにはショックな出来事が起きて、黙って暫く旅に出てしまう。

大介くんは、そんなキリコを認めてあげて心が広い!
偉いぞ、大介くん!


シリーズ、全部読んでないかも?^^;
読んでないのを調べてみよう^m^


                         ★★★
 




発行年月:2015年8月

いつも通りの夏のはずだった。その事件のことを知るまでは……。

 海辺の小さな町で暮らす高校生・光介。夏休みに入ったある日、母の姉・芹とその娘の双葉がしばらく一緒に暮らすことになった。光介は芹から、心中と聞かされていた祖父母の死が、実は「どちらかがどちらかを殺した」無理心中事件であり、ここで生きていくために事実をはっきりさせたい、という決意を聞かされる。カメラマンであった祖父とそのモデルも務めていた祖母。二人の間にいったい何が起こったのか。

 残された写真が語るもの、関係者たちの歪んだ記憶、小さな嘘……。そして真相を追う光介が辿り着いた、衝撃的な事実とは……。

 『サクリファイス』『タルト・タタンの夢』などで話題の著者が、海辺の町を舞台に、青年のひと夏の冒険と成長を描く、切なくてさわやかな青春ミステリー。 

                   (PHP研究所HPより)




高校1年生の光介が主人公。
地元では偏差値の一番高い高校に入学し、中学でのいじめからも解放。
そんな光介の家に、母の姉・芹と娘・双葉(8歳)が同居することに。

伯母である芹から聞かされた亡き祖父母のこと。
そこから知る祖父母の生前のこと。
祖父は写真家で被写体は祖母だった。
その写真を見た光介は、その写真のなかの祖母の美しさとその写真から強烈な何かを
感じる。

母親にはナイショで祖父のこと。祖母のこと。
二人の死に至った理由を知りたくなり過去の祖父を知る人たちに会って話を聞く。


なるほど・・・・芸術を追い求める人の周りにいる家族って大変だと思う。
祖母の苦悩に気づいたときは辛かった。
光介にとっても辛いことを知ってしまったと思う。

でも光介は良い子だな。

ひと夏の出来事で、色んな思いをして成長した光介の物語、
なかなか面白かった!

彼の今後もちょっと知りたい。


                      ★★★★


                           
 



発行年月:2015年10月


相棒は青いスーツケースただ一つ。
今日も残りの半分に、温かいドラマが詰まってゆく――
人生は、一人旅。
明日はどこへ行こう?
心がふわっと軽くなる、幸せつなぐ物語。

大丈夫。
一歩踏み出せば、どこへだって行ける。
30歳を目前にした真美は、フリーマーケットで見つけた青いスーツケースに一目惚れ、衝動買いをしてしまう。そのとき、彼女の中で何かが変わった。心配性な夫の反対を押し切り、憧れのNYへ初めての一人旅を決意する。出発を直前にして、過去のある記憶が蘇り、不安に駆られる真美。しかし、鞄のポケットから見つけた「あなたの旅に、幸多かれ」というメッセージに背中を押され、真美はNYへ旅立った。やがてその鞄は友人たちへとバトンされ、世界中を旅するうちに、“幸運のスーツケース”と呼ばれるようになってゆく――。

                  (祥伝社HPより)



30代目前の4人の女性。

山口真美・・・・デパート勤務、結婚三年目。
中野花恵・・・・オフイスクリーニングの会社でマネージャ業。
ゆり香・・・・・派遣での仕事を転々と。お金が貯まれば海外へ気ままな一人旅。
澤 悠子・・・・フリーライター。あちらこちらの海外へ取材と執筆のため出かける。


青色のスーツケースを買ったのは、山口真美。
ニューヨークに行きたいと結婚前から夫に言っていたけれど、一向にその計画が具体化
する様子がなく、臆病で一人旅なんか無理と最初は思ってが、フリマで青色のスーツケースが
目に留まり、衝動買い。
そして本当にニューヨークへ。

スーツケースは友達にも貸し、それを持って旅行に出かける女性たち。

花恵は旅先の香港で職場の年下の男性に偶然会い、意気投合。
やがて結婚。

ゆり香は旅先で恋人と別れることになるけれど、それは正しい選択!

悠子は、パリに行くといつも会うマリーとの関係がギクシャクするけれど
その理由を知り、一層親交が深まる。



短編連作の形で登場人物たちのその後は別の人の話で分かるのも楽しかった。

最後の話だけ、直接は4人に関係ない人の話だったと思うけど
その話もまた素敵でした。

楽しく読めるお話でした。




                         ★★★★
 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23
26 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]