忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3



発行年月:2017年9月



 経営危機に瀕している旅行会社の名物企画「失恋バスツアー」。このツアーの趣旨は、失恋した参加者に、鄙びた旅館、わびしい粗食、うら寂しい観光地を提供してどん底まで落ち込んでもらい、あとは上がるだけ、グイグイ元気になってもらいましょうというもの。しかし、添乗員として乗り込んだ37歳の天草龍太郎は、カウンセラーとして同じく添乗している小雪に自らがフラれたばかりだった。ツアー中も小雪はツレない態度。しかも今回の参加者はとことん濃いメンツで、やたら元気な金髪ハーフ美女、自称パンクロッカー、修験者のような巨漢、謎の中国人、文学少女ふうお嬢様など、彩りが豊かすぎる9名。ハプニング続きで翻弄される龍太郎だが、意外な事実が次々と明かされていく。笑いあり、涙ありの感動ツアー、いざ出発進行!

                     (双葉社HPより)




失恋バスツアー参加者


<男性>
入道さん、サブローさん、教授、陳さん、ジャック
<女性>
桜子さん、ヒロミン、モモちゃん、るいるいさん

添乗員・天草龍太郎、 運転手・吉原まどか、 カウンセラー・小泉小雪



個性豊かなメンバーたち・・・^m^

それぞれの参加理由も徐々に明かされ、ツアー最後は、みんなハッピーという
かんじで、実に楽しい。

特に、陳さんと入道さんが傑作!


森沢さんの物語は、読後感良いから好き♪



                         ★★★
PR



発行年月:2016年6月


 移動販売で「買い物弱者」に元気を届けたい!!
心にエネルギーが満ちる、癒しの感動長編

過疎化と高齢化が深刻な田舎町で「買い物弱者」を救うため、
大学を中退したたまちゃんは、移動販売の「おつかい便」をはじめる。
しかし、悩みやトラブルは尽きない。外国人の義母・シャーリーンとのいさかい、
救いきれない独居老人、大切な人との別れ……。
それでも、誰かを応援し、誰かに支えられ、にっこり笑顔で進んでいく。
心があったまって、泣ける、お仕事成長小説。

                    (実業之日本社HPより)





主人公は20歳の葉山珠美。

大学を中退して地元に戻り、高齢者たちを対象に移動販売を始める。

珠美の父親・正太郎。
父親の再婚相手・シャーリーン。

珠美の心のなかにあるシャーリーンに対してどこか疎ましく思う気持ちが
色々な出来事を通じて、変化していく。

父親・正太郎の接し方がいい。
相手の気持ちを汲んで話すことが出来る人は素敵だ!

周りの人たちもみんな素敵で、森沢作品には、悪い人が殆ど出てこないのが
いい。
読んでいて、ほっこりする。

書きとめておきたい様な素敵な言葉も沢山。


でも、あとがき読んでビックリ!
20代の頃、野宿の放浪者でした・・・っていきなりの発言!
凄く興味あるんだけど、その辺の話、エッセイかなにかになってる?
後で探してみよう^m^


                       ★★★★




発行年月:2016年4月

自分の居場所はここにある……癒やしを求め、次なる挑戦へ!


都内で暮らしていたエミリだったが、恋人に裏切られ居場所を失ってしまった。藁をも縋る思いで身を寄せたのは祖父の家。温かく迎え入れてくれた祖父や周囲の人たちの優しさに触れ、だんだんと自分を取り戻していく。


                   (角川書店HPより)



相手に妻子があると知らずに社内恋愛していて、その噂話に追い込まれ仕事を

精神的にも追い詰められ、仕事を辞めて15年ぶりに独り暮らしの祖父の元へ
向かうエミリ。

10歳のときに両親が離婚。
その後、母親の元で暮らすが、母親は次々に違う男性と付き合っていた。
兄はそんな母親に愛想を尽かして高校卒業と同時にアメリカに留学。


なんてヒドイ母親なんだと思った。
けれど、その母親の父親であるエミリの祖父・大三さんは、とても素敵な人。
こんな父親が育てたのに、そんなヒドイ母親になるかな?と疑問が沸きました。

それはラストに出て来た母親によって、疑問解決。


傷心のエミリがどんどん元気になっていく様子が嬉しかった。
この先も頑張って!と応援したくなる。

大三さんの言葉にグッと来るもの多くて、ジ~ンときた。
森沢さんの物語は、温かいな。


                            ★★★★



発行年月:2015年11月


 双葉社文芸WEBマガジン「カラフル」で大好評のうちに連載を終えた、人生の岐路に立つ若者の、せつなくてひたむきな恋と決断の物語。愛猫ペロを亡くした喪失感にうちひしがれていた立花明海は古本屋で普段は読まない自己啓発本を買った。中には前の所有者か、「大滝あかね」と書かれた名刺が挟まっていた。そして自分が唯一心を打たれたフレーズには傍線が。明海は思い切ってあかねにメールしてみるが……。新たな出会いとともに違う人生が現れ、明海は悩み、勇気を奮い、道を決めていく。


                    (双葉社HPより)




久しぶりに泣ける純愛小説を読んだ感じがする。
登場する人たちが皆、良い人たちで・・・

主人公の立花明海(25歳)が古書店で購入した本の元の持ち主・あかねと出会い・・・


主人公の明海がいい。
過去にイジメにあって辛い思いをした青年が、こんな風に相手の気持ちを察して
本当に気持ちの優しい人に成長しているのがいい。
彼の優しさに惹かれる職場の先輩と最初、良い感じになるのかな~?とも
思いましたが、彼自身が自分で好きな人に対して素直に向き合う姿勢も良かった。


きらきら眼鏡の意味が読むとわかります。

そういう風に物事を捉えていくって大事かも。

あかねの恋人・祐二の言葉にもハッとさせられました。

「あたりまえの幸せに気づかないと、もったない人生になるんだよ」

森沢さんの物語は、温かいものが多いなぁ~。

以前読んだ、作品の登場人物?と思う人が登場するのも嬉しかった!


次の作品も期待しちゃう作家さんです♪


                      ★★★★★




発行年月:2014年8月

悩みがあるということは、それを解決した喜びと幸せが、
これからのあなたを待っているということ。

読みながら心のデトックスができる、読んだ後、
回りの人に優しい気持ちになれる感涙小説。


                    (幻冬舎HPより)



純喫茶<昭和堂>のオーナー・有村霧子。
お客の悩みを聞きながら癒す力があるという噂で、色々な人が訪ねてくる。
が。。。キリコは、ロッキングチェアーに揺られながら、たばこをふかし
コーヒーや紅茶を美味しく入れるのは、柿崎照美(通称・カッキー)。

カッキーは、美味しいコーヒーの淹れ方を以前、岬の喫茶店のママに伝授して
貰ったとか。



常連客の入道、イケメン青年の諒くん、キャバクラ嬢のキララなど楽しいメンバーが
勢ぞろい。
お客の悩みを解決していく過程も面白かったけれど・・・・
終盤は、カッキーとキリコの話。

カッキーは、DV夫から逃れて生きている身だった!
しかし、居場所がばれた。
その夫が今度、別の女性と結婚したいからと離婚届を提出したいという、
カッキーはDV夫と店で会うことに・・・。

キリコがアドバイスした言葉は良かった!
なるほど・・・・過去を受け入れましたの言葉は、前に向かうために必要な言葉。
深い話だなぁ~。


そして、物語の途中から気になっていたキリコへの脅迫状。
誕生日に殺すという殺人予告。
キリコは親友のジョークだから心配要らないと周囲に言っていたけれど・・・
その真相は違った。
そういうことだったんだ~。

能天気でガサツな感じのキリコだったけれど、本当は、人の気持ちの細やかな部分を
汲むことが出来る、本物の癒し屋だったんだなぁ~。


旅に出たキリコは、この後どうするんだろ?


あちらこちらに胸に響くセリフがありました!
森沢さんらしい素敵なお話でした♪



                              ★★★★★
 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 4 6 8
10 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]