忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6



発行年月:2018年11月


 長谷眞32歳、通称ハセ、陰気な男。相棒の沖遼太郎、通称沖、30歳だけど可愛い。
コンビを組む二人は違法カジノで働いていたが失敗ばかり。今度は偽宝石売りでも騙した女に騙され無一文に。切羽詰まったハセは商店街にたむろする老人たちを見て閃いた。これからは、年寄りだ。
話題作『みちづれはいても、ひとり』に続く、心揺さぶる書き下ろし長編。

                   (光文社HPより)



長谷と沖。

2人のコンビは最高に愉快。

人を騙してお金を儲ける。
そんな生活を借金のために続ける2人。
でも、うまく行かず・・・・老人を騙そうと計画を企てる二人。


老人たちに近づく動機は、犯罪だけど、二人のどこか人をホッとさせる雰囲気は
老人たちには大切な存在になっていくという展開。

沖の母親もターゲットにする二人だけど、母親が認知症と知ると
病院に付き添ったりして、なかなかの孝行ぶり。


そして、二人は気づく。
詐欺師よりもっと自分たちには別の生き方があると。


心温まる話でした♪

表紙の絵は長谷だけど、その後ろは沖でこちらも涙ぐんでいる。
なんともかわいい^m^




                         ★★★
PR



発行年月:2018年9月

大学病院で過酷な勤務に耐えている平良祐介は、医局の最高権力者・赤石教授に、三人の研修医の指導を指示される。彼らを入局させれば、念願の心臓外科医への道が開けるが、失敗すれば……。さらに、赤石を告発する怪文書が出回り、祐介は「犯人探し」を命じられる。医療ミステリーの旗手が挑む、スリリングなヒューマンドラマ!

                   (新潮社HPより)




ミステリーというより、ヒューマンドラマの要素の方が大きく温かい気持ちになれた。
医療ものなので、少し専門的な知識がないと難しい話も出て来るけれど
分かりやすく書かれているので問題なくスラスラ読める。


怪文書の犯人捜しよりも、平良医師が研修医3人と関わりながら
患者の治療にあたる姿勢が本当に理想的で読んでいて気持ち良い。

大学病院内の教授との関わりなどリアルな医師の人間模様も興味深かった。

診療科によって激務なところと比較的楽なところ、あるのは事実。
そんな場所で女性でありながらバリバリ働いている医師って心身共に
強靭じゃないと続かない職場だなぁ~とつくづく感じた。

研修医のなかの唯一の女性・宇佐美麗子も平良によって
気負っていたものから解放されて、いい意味で肩の力を抜けて良かった。

平良は外科医としても優秀だけど、人の心の痛みに気づくことが出来る
素晴らしい医師だと思った。

支える妻も素敵な女性。


希望した場所への出向とはならなかったけれど、教授も平良のことを考えての
異動。
きっと新たな地でも変わらぬ理想的な医師でいてくれるでしょう。

また平良医師の話が読みたいな~。
この話、凄く好き。
ドラマ化しても面白そう。


                          ★★★★★
 



発行年月:2018年3月

あなたも〈4ミリ〉のお仲間ですか?

ポイット氏は、今日もがっくりと肩を落とした。「またダメだった……」果たしてこれは何度目の失敗だろう。いったいいつになったら……?ひとり悩むポイット氏に、ある日見知らぬ女性が声をかけてきた。――「あなた、まだ〈アレ〉を食べていませんね?」そして知らされる衝撃の事実。どこか風変わりな中年と老年の男女4人による、ちょっと奇妙なお話。もしかしてあなたも、〈4ミリ〉のお仲間ですか?

                     (福音館HPより)



児童書の新刊コーナーにありました!
子どもが小さい頃はよく読んだなぁ~。

でもこれは、大人が読んだ方が楽しめそうな内容でした♪

4ミリ地面から浮いている大人たち4人の冒険物語。


ポイット氏(48歳)、エビータさん(夫と子どもがいる主婦)、画家のバルボーロ氏と
コロリータおばあちゃんの4名。



地に足がついていないってことですね・・・・^m^
なんともユニークな発想で、さすが高楼さん!!と感心。


絵も可愛くて素敵。
やはり高楼さんの本は素敵な絵も一緒に楽しみたい!



                          ★★★★
 




発行年月:2018年12月



 地球に向けて、巨大小惑星ダイスが接近中。
人類は、あと5日で終わりを迎える。
人々はその瞬間、『裁きの刻』をどう迎えるのか――
高校生の漆原亮の姉、圭子が殺された。コスモスの咲き乱れる花壇で、全裸で胸にナイフを突き刺された姿で発見された姉は、亮にとって唯一の家族、”世界そのもの”だった。恋人のこともそっちのけで、亮はとにかく犯人を見つけ出し、自分の手で復讐したいと暴走。そして”あるもの”を手に入れるため、クラスの“禁忌”と呼ばれる異端児・四元美咲に接触する。

優しく、美しかった圭子を殺したのは、圭子の恋人だったのでは?しかしそれが誰なのかわからない。犯人を追い求めて、亮は圭子が入っていた天文学同好会、そしてダイスを崇拝するカルト集団『賽の目』に踏み込んでいく……。
人類滅亡まであと幾日もない中で、なぜ圭子は殺されなければならなかったのか――
ヒット作連発中の著者が、エンターテインメントの力で永遠のテーマに挑む!!

                      (光文社HPより)



面白い設定下でのミステリー。
最初から最後まで飽きずに読めた。

犯人を見つけて自分の手で殺すと決めた高校生の亮。

クラスメイトの四元美咲との関係がいい。

巨大惑星が接近しつつある状況で、国民たちが混乱して行く様子も
描かれ、実際こんなことが起きたら、どうなるかな?とちょっとだけ
考えた。

結局、姉を殺したのは・・・・


へ~そうか。なるほど・・・。
と一応は納得したけど、そんな風に死んでしまった姉がなんとも哀しい。


ラストの場面は、よかった。


絶望し孤独だった亮と美咲が、寄り添っている姿は、状況としては
最悪なのかもしれないけど、少しホッと出来る。



でも、今まで医師だから説得力ある作品の方が好きだな。


                       ★★★




発行年月:2018年10月


 わたしと那谷紗はまだ手をつないだままだったが、このままずっと谷に立っていることはできなくて、もうすぐ町に降りていくことになる。降りる階段は暗くて不規則だから、どこかで手を離すことになってしまうだろう。でもわざと手を離さない、という遊びを考え出して降りることもできる。新しい遊びを考え出した方が勝ちだ。


近づいたかと思えば遠ざかり、遠ざかると近づきたくなる。
意識した瞬間にするりと逃げてしまうもの――。

重ねたはずの手紙のやりとり、十年ぶりに再訪したはずの日本、そして私とあなた。
輪郭がゆらぐ時代のコミュニケーション、その空隙を撃つ7篇の物語。

                 (文藝春秋HPより)





短編集。

理解出来そうで出来ない話も多かった・・・・でもこの人の書く
文章はとても好き。

<胡蝶、カルフィルニアに舞う>
<文通>
<鼻の虫>
<ミス転換の不思議な赤>
<穴あきエフの初恋祭り>
<てんてんはんそく>
<おと・どけ・もの>


前半3つの話までは理解できましたが・・・その後は・・・・???

特に表題作が意味不明・・・^^;
魚籠通・・・ビクトル
那谷紗・・・ナターシャ

名前のインパクトは凄い!と思ったけど。



<鼻の虫>は、想像したら、なんだか鼻のなかが痒くなってきた(笑)



短篇なのでスラスラは読めて楽しかった。


                     ★★★
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
3
5 6 8 10
12 13 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]