忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


発行年月:2019年7月

あの人は、きれいな思い出なんかじゃない

きつい目に大柄な身体、恋愛なんて私には似合わない。
そんな二十歳の藤子に恋を与え奪ったのは
死んだ父より年の離れた写真家だった

              (文芸春秋HPより)


20歳の藤子は、二人暮らしだった父親を亡くしばかり。
そこに現れた、同じ町内の写真館の息子・全さん。
父より10も年上の男に、だんだん惹かれていく藤子。


自分の小さい頃のことを知っていて、弱っているところに
するっと入り込む全さんに読みながら、藤子、危ないぞ!と
警告のことばを心の中で叫びながら読んでいた(笑)。

でも、案の定、恋愛経験のない藤子は、まんまの全さんに
はまってしまう。
あ~全さん、なんと罪深いんだ~!(怒)


でも、全さんは自分からは誘ってないな。
積極的に誘ったのは藤子の方だしね。
でも、普通の大人なら、断ると思うけどなぁ~。
余命短い身なら尚更。


兎に角、読みながら、あれこれ突っ込みしたくなった。


20歳だった藤子がその後、社会人になり、全さんの遺した
写真集を見る場面は、ちょっとドキッとした。
全さんが自分のことをどう見ていたかに気づく瞬間。


藤子には、新たな恋をしてほしいな。

タイトルの意味をあれこれ考えた。

神様は、誰だ?
全さんにとっての神様は藤子。
藤子にとっての神様は全さん。


そんな二人を引き合わせたのは、どこかの神様?
その神様の暇つぶし?

う~ん。わからん。

何処かに著者のインタビューでタイトルについて語って
いないかな?


なかなか、良い話だったと個人的には思う。



                   ★★★★

PR


発行年月:2019年11月

ふり返れば、いつもかたわらに猫がいた――。
離婚して心身ともに打ちひしがれたとき、大切な家族を亡くしたとき、家庭のある男を愛したとき……人生の様々な場面で、猫に寄り添われ救われてきた女性たちを描く、心ふるえる全七編の短編集。

『ミャアがそろそろ旅立ちそうです』実家の猫に死期が近いことを母親から知らされ、私は東京から金沢へ向かうが……/「ミャアの通り道」

離婚で気力を失い、人付き合いがなくなり生活が荒れていった江美。ある冬の日、マンションのベランダに一匹の猫が現れて……/「運河沿いの使わしめ」

離れて暮らす会社員の息子が急死した。一日のほとんどを仏壇の前に座って過ごす富江のもとに、お線香を上げたいと言う若い女性が訪れ……/「陽だまりの中」

軽井沢のフラワーショップに勤める早映子を訪ねてきた男がいた。それは30年以上前に別れ、ずっと会っていなかったかつての恋人だった……/「残秋に満ちゆく」

               (集英社HPより)



猫好きなら涙腺崩壊の物語たち。
特に最初の話は・・・(/_;)


猫はその存在そのものが癒し。



                 ★★★★★



発行年月:2019年10月





「おいしいね」を分け合える
そんな人に、出会ってしまった。

  古い京町家で暮らす夕香と同居することになった正和。
  理由は“食の趣味”が合うから。ただそれだけ。なのに、
  恋人の華には言えなくて……。

三角関係未満の揺れ動く女、男、女の物語。



  恋はもういらないと言うデザイナーの夕香。
  夕香の“まかないが”が忘れられない営業職の正和。
  食事より彼氏より、研究一筋の日々を送る華。


            一人で立っているはずだった。
            二人になると、寂しさに気づいてしまう。
            三人が過ごした季節の先に待つものとはー。

            
                     (祥伝社HPより)





さんかくって三角関係のことだったんだ~(^^ゞ

アラフォー女子の高村さん、営業職の伊東くんとその彼女・華。
三人の語りが交互に進む。


高村さんと伊東君は、伊東君が大学時代、同じバイト先だった。
伊東君は、高村さんが作る、賄い食が好きだった。
高村さんの作るごはんが好きで家にもちょくちょく食べに行く。

高村さんは、今はデザイナーで家のパソコンの前で仕事をしていることが多い。
家の二階が空いているからと伊東君は高村さんの2階へ引っ越し。


恋人いるのに、これはまずいんじゃないのかなぁ~?と思っていたら
案の定、バレる。
でも、伊東君の彼女・華もちょっと変わっている。
動物を解剖したりして、大学の教授の下で研究している。
徹夜になったり、何日も家に帰らずだったり、伊東君と会うより
優先される研究。
そんな自分のことも少し、伊東君に対して申し訳ないと思っている様子。

でも、悪いのは、伊東君だよなぁ~。
こういう男は嫌いだな(^^ゞ

でも、大した波風も立たず、高村が引っ越し京都から東京に拠点を移して
仕事をすることになったということで、終結。


高村さんの作るごはん、美味しそうだった♪

最初から最後まで、いいかんじの緩さで、読んでいるのは面白かった!


                     ★★★



発行年月:2019年9月


出奔した妹の子ども・朔と暮らすことになった椿。
決して《育てやすく》はない朔との生活の中で、
椿は彼を他の子どもと比べていることに気づいて――。

                    (中央公論新社HPより)



椿は出奔した妹の子どもを2歳から小学2年生になるまで育てた。
本当の親じゃなくても、ちゃんと愛情をもって・・・。
良い伯母さんだな~と感心した。

そんな椿が育てたから、朔もいい子に成長した。
少しくらい勉強ができなくても、他の子と同じようにできないことが
あっても、その子にしかない何か優れたものはあるはず。
朔は人のことを思いやる優しさに優れていると思う。

幸せに生きていくためには、案外そういうことのほうが勉強がすごく
できることより大切なんじゃないかな?と思う。


最後は、新しい生活環境で朔が楽しそうにしている描写にほっこり。


                      ★★★★★



発行年月:2019年4月


 奇跡が起きなくても、人生は続いていくから。
『大人は泣かないと思っていた』で話題沸騰の著者が贈る感動作!

大阪市近郊にある暁町。閉店が決まった「あかつきマーケット」のマスコット・あかつきんが突然失踪した。かと思いきや、町のあちこちに出没し、人助けをしているという。いったいなぜ――? さまざまな葛藤を抱えながら今日も頑張る人たちに寄りそう、心にやさしい明かりをともす13の物語。

                    (ポプラ社HPより)





あかつきマーケット付近に暮らす人々の色々な日常。


色々な重たいものを心の中に抱えている人たちに、ふとした言葉が今までと違った
考え方に導いてくれる瞬間があり、そのことからその後のその人の生き方まで
変えてくれる。
そんな瞬間を幾つか違う場面で読ませてくれる。

ひとつのお話のなかで、「ああ、この人、この先良い方向にいくといいな」と
思って読み終えると、別の話で、その後の様子が垣間見えたりしてホッと
したりした。


そんな話の一コマで、あかつきんが出現する。

そして最後にわかった、あかつきんの中に入っていた人のこと。

中に入っていた人も、あかつきんになって感じたことや見たことで今までの
物の見方や考え方が変わったんだなぁ~。



温かい気持ちになれるお話だった。


                      ★★★
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★☆最後まで読んだが好みじゃなかった
★★飛ばしつつ一応最後まで目を通した
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]