忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6



発行年月:2017年4月


 

倉沢みちるは湘南の葉山で生まれ育った、純粋でひたむきな女の子。不器用でおとなしく見られるが、実は誰よりも芯が強い。高3の夏に、中学の同級生の蓮見優斗と海で遭遇する。葉山の老舗ホテルの御曹司で、男女問わず人気者の優斗は、地味なみちるにとって雲の上の存在だったが、海で共に時間を過ごすうちに付き合うことに。だが、葉山の花火大会の夜、行き違いから出会えなかった二人は、そのまま優斗が留学してしまったために悲しい別れを迎える。

傷ついたみちるは、その秋に妹に誘われて応募した「小説オリオン」新人賞を史上最年少で受賞。目立たない存在だったみちるが、一躍ベストセラー作家として脚光を浴びることに。本人はいたってマイペースだったが、妹との間に決定的な溝が生じてしまった上に、小さなパン屋を営んでいた両親は、突然転がり込んできた大金に目が眩み、徐々に人生を狂わせていく。

あの高3のひと夏の眩しい恋愛から5年後、優斗が日本に帰国。葉山で再会したみちると優斗は、急速に惹かれ合う。好きな人と過ごし、好きな小説を書き、人生で初めて幸せに身を委ねたみちるだったが、それは束の間の“幸福”だった……。

人は、どこまで愛を貫けるのか。本当の幸せとは何か。何度も引き裂かれながら、愛し合う二人が“青い鳥”を探す現代の純愛小説。

                    (講談社HPより)





分厚い本(587頁)でしたが、スラスラ読めました。


内容は・・・一言で言うと、少女マンガを文章にしたかんじ?
著者の経歴知らずに読みましたが・・・少女漫画家だったと知って
「やっぱりね・・・」と。

純愛小説で、読んでいて、ハラハラドキドキもあって楽しかった。
けれど・・・主人公のみちるが、何度も死にそうな目に遭いそのたび、
登場の優斗の場面は、感動的なんだけど、ちょっと段々、しらけて来たかな?

若いまだ恋に焦がれる少女が読むにはいいかも。

あと、読書メーターの他の方の感想にもあったけど、韓流ドラマっぽい。

案外、ドラマにした方がこれは面白いかも・・・なんて思った。


                           ★★★

PR



発行年月:2010年3月

日当たりの良い場所を目指して仲間を蹴落とそうと必死な四天王寺のカメ。
迷子札を首につけてのんびり歩いているご近所のネコ、
自己管理をしているイヌ。
小さいことで悩むのがアホらしいと思えてくるエッセイ。
      

この本の目次

四天王寺のカメ
骨盤の不思議
これからのおやじ
犬の気持ち
美人とは何だ
出歯亀子の一人天下
お天道さまは見ている
「おしゃべり」のマシンガントーク
汚部屋の真実
女の偽〔ほか〕

                     (筑摩書房HPより)



図書館棚より見つけ、少し前のエッセイですが借りて来ました。
猫好きの群さん、やはり猫のお話が多くて猫好きには嬉しい♪

猫の声はどんなに騒がしくても許せちゃうのに
子どものギャーギャー騒ぐ声は、我慢できないとか。
へ~意外でした。
そして、最後は少子化でもいいんじゃない?と軽く言っちゃって・・・^^;
この箇所だけ本音吐き過ぎじゃない?と苦笑しちゃったなぁ~。

まあ、でも面白いです。群さん。

お母様が軽い認知症になった話も明るく書いていて
「どなた?」と言われたら大笑いしちゃうって、いいな。
そんな日、来たら自分なら笑えるかな?
なんてちょっと考えちゃいましたが・・・


                       ★★★
 




発行年月:2014年11月

金色のたてがみを持つ金ライオンは、
一国の王になりたかった。
自分こそが王にふさわしいと思っていた。
ところが、街はずれに住む優しい銀のライオンが
「次の王様候補」と噂に聞く。
ある日、金のライオンはとんでもないことを始めた-―。
登場するのは動物ばかり。人間はひとりも出てきません。
けれど1ページ目はこの言葉から始まります。
「これが全て作り話だと言い切れるだろうか」 

                   (小さい書房HPより)




以前、FMラジオで紹介されていた小さい書房。

たった一人でやっているとか。
その時、この本も紹介されていて、興味があって図書館で借りてみた次第。


道徳の時間の本みたいなはなしでした。
自分の私欲のために意図的に根拠もなく流す「噂」。
それを信じて広めちゃう者たちをここでは、二番目の悪者と呼ぶ。

なるほどね。。。世の中、こういう二番目の悪者いっぱい居そうだし
自分も二番目の悪者になる可能性あるかも。
気をつけよう。
誰かから聞いたり、メディアから得たりした情報は、確かめてからじゃないと
他の人に伝えちゃダメですね。
そして、むやみに信じず、自分で真実を確かめることも大事だな。

絵が素敵です。
庄野さんが描かれた他の絵本もあるか、ちょっと探してみよう!


                         ★★★★
 



発行年月:2003年9月


 ウォルターとダニーが公園で見つけたゲームは、呪われたゲームだった! 
サイコロをふり、ゲームをはじめたふたりをまっていたのは、
予想もしなかった危険で奇妙な冒険だった……。

                  (ほるぷ出版HPより)



ジュマンジの続編。
今度は、宇宙に・・・・。

ジュマンジの最後の頁、確かに、二人の子どもがゲームを持って
走り去る姿が描かれていました!
その子どもたちが、この絵本の二人だったんですね~。

ウォルターとダニーの兄弟。
ゲームを始めるのは、弟のダニー。
でも突然、宇宙のなかにいる二人。

スケールが大きくて楽しい。

これも映画化されているようなので、是非、見てみたいなぁ~。


こちらのラストは、ジュマンジとはちょっと違うというのも読み手の
想像力を膨らませてくれる。


やはり絵が素晴らしい!!


                      ★★★★★
 

発行年月:1981年2月


いたずら犬フリッツの世話を頼まれたアランは、魔術師の広い庭に逃げ込んだフリッツを追いかけた。アランは魔術師ガザージ氏に犬を返してくれるように頼んだが、返してくれたのは一羽のあひる。犬が大嫌いなガザージ氏が魔法をかけたのだ。

             (絵本のデータベースより/ほるぷ出版)




「ジュマンジ」が素晴らしい絵本だったので。
こちらも素晴らしい!
話は、単純だし、よくある話といえば、そうだけど・・・
やはりこの白黒の絵が凄い!!

お話も最後の一文が効いてる!


                        ★★★★★
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 4 6 8
10 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]