忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
41MqnYrB0XL__SL500_AA300_.jpg 発行年月:2010年10月
 

「くまのがっこう」のコンビがおくる最新作。

ふたごのニコとニキは、フ
ランボワーズ魔女学校に通ううさぎの女の子。魔女学校では、ほうきの使い方や、薬の調合、魔法の呪文の唱え方を習います。でも、ふたりは薬の調合を間違えて実験室を丸焦げにしたり、呪文を間違えて先生をカエルにしたり、失敗ばっかり。先生から「おまえ達は、学校一番のへっぽこまじょこだ!」と怒られてしまいます。
はたして、ふたりは素敵な魔女になれるのでしょうか?

                                          
                                         (小学館HPより)


「ジャッキ-のいもうと」と同時に図書館から借りて来た同じコンビの絵本。
こちらも双子が主役です。

うさぎの魔女、ニコとニキ。
へっぽこ魔女と言われてしまったニコとニキですが
名誉挽回できて良かった(^^)

相手の気持ちを察して、その人が望んでいることを叶えてあげられたら素敵なことだなぁ~。
魔法が使えなくても、こういうことなら人間にも出来そう!

「ひとのこころをちゃんとわかるのがほんとうのまじょなんだよ」
おばあちゃんのことばを思い出したニキとニコ。
もうへっぽこじゃないはず^m^

やはり絵が綺麗。
可愛い。

あだちなみさんの絵、本当にいいな♪


                                       ★★★★★

 
PR
41fJSVsuoAL__SL500_AA300_.jpg    発行年月:2007年2月
 

くまのがっこうに、ある日、ふたごのちびくまちゃんがまよいこんできました。とびきりやんちゃなルルとロロ。いつもはおてんばジャッキーですが、こんどはいもうとたちのお世話に大ふんとう。おねえさんはたいへんです! 人気のくまのがっこうシリーズ第7巻。

                    (ブロンズ新社HPより)


毎朝、NHKのEテレで放送中の「がんばれルルロロ」のルルとロロが登場する絵本。
テレビアニメでは、ルルとロロは、両親とおばあちゃんと暮らしているけど、ジャッキ-はお姉さん?と
疑問に思っていました。

読んで納得!
本当の妹じゃなくて、偶然、知り合ったんですね~。

この本のルルとロロは、ジャッキ-にとっては、手のかかる妹たちという設定。
双子の2人に振り回されてたいへん。
でもジャッキ-は優しいお姉さんです。

そしてルルロロちゃんたちもそんなジャッキ-が大好きなんですね~。

絵も可愛くて本当に癒されます(^^)


                                       ★★★★★

411rvNw8HLL__SL500_AA300_.jpg 発行年月:2012年12月

新のりたけワールド!親子で楽しむ絵本登場

絵本「しごとば」(ブロンズ新社)シリーズで不動の人気を確立し、「ぼくのトイレ」(PHP研究所)で2012年の第17回日本絵本賞読者賞を受賞、今や大人気作家の仲間入りを果たした鈴木のりたけ氏の書き下ろし絵本です。
 仲良し三人組で結成された「おしりおしり隊」。ぼくたちのねらいはズバリ、「おしりのことをもっとシリたい!」。おとなが「おしりに火がついた」って言ってたけど、火なんか全然ついてない。どういうこと?おしりはどうして、ぷりっとふくらんでるの?そもそもおしりは、どこからどこまで?等々…。
 こどもたちの永遠のキラーコンテンツ、「おしり」。最初は興味本位で、読み進めていく内に、ちょっと勉強になり、そしてだんだん、おしりの偉大さがわかってくる内容になっています。親子で読み進めていけば、「おしりがつく言葉、ほかに知ってる?」「人の進化とおしりって、関係があるんだね」など、親子のコミュニケーションも期待できます。
 のりたけ氏得意のユーモア、遊び心もところどころにちりばめ、子ども達を飽きさせません。親子で楽しく読んで、読めばちょっと物知りになれる、そんな絵本の登場です。


                                       (小学館HPより)


鈴木のりたけさんのセンスに脱帽!
「おしごと」シリ-ズも大好きですが、これも最高です!!

この表紙の絵もタイトルもインパクト大!

1冊、丸ごとおしりの話。
面白くて、笑えるけど、ちゃんと勉強にもなります。

ぜひ、大人の方も読んでほしいなぁ~と思える絵本です。



 

★★★★★

5143RQiM5ML__SX230_.jpg    発行年月:2012年9月(文庫)
           *単行本は2000年4月(理論社で発行)


小学五年生のミオと妹のヒナコの毎日は、小さな驚きに満ちている----。
『頭のうちどころが悪かった熊の話』の著者の初期傑作。


                      (ポプラ社HPより)





小学校5年生の頃の女の子の気持ちがよ~く表されていました!
特に下に兄弟の居たひとには、共感できるエピソ-ドが最初の話で出て来て
自分も弟がいるので、お姉ちゃんだから味わう、ちょっとした理不尽さを思い出して
ちょっと懐かしい気持ちにもなりました。

短編連作の形で6つのお話が収録。
表題の「天のシ-ソ-」は4番目のお話。
2ヶ月前に転校してきた男子・佐野くんのことをお友達のエリちゃんと探る話。
放課後、後をコッソリつけて家まで行って、佐野くんのお父さんらしい人を目撃。
何やら作業の途中らしく薄汚れたその姿を見て思わず、笑ってしまった。
そして佐野くんもそんな父親のことを避けるような素振りをしてしまう。

ミオちゃんの優しいところは、そんな風に後をつけていって、笑ってしまったことを悪いことをしたと思って佐野くんに謝るところ。
そして佐野くんも自分も父親を避けてしまったと話し、二人は公園のシ-ソ-に乗る。
どちらの罪が重い?と考えるミオたち。


ほかの話もそうだけど、普通ならそんなに深刻に受け止めなくてもいいんじゃない?というようなことでもミオは結構、思い悩んでしまう性格のよう。
優しい良い子だけれど、このまま大人になると、気苦労が耐えない人になりそうだな・・・。
なんてちょっと思ってしまった。

でも、どの話も好き。
ちょっと切なかったりするけれど・・・・。

この文庫本の表紙も可愛いなぁ~。


★★★★★

 



    
51tUGd9r9ML__SL500_AA300_.jpg発行年月:2012年4月


歴史的なプロジェクトを支える、15の職業と、そのしごとばを大公開! スカイツリーが完成するまでの建築過程や、タワーの秘密も満載。豪華しかけページには、「スカイツリー大解剖図」も収録。  【収録職業】 設計士/鉄工員/現場監督と職人/クレーンオペレーター/照明コンサルタント/エレベーター工/広報/地元の人びと



                                         (ブロンズ社HPより)


浜松市出身の絵本作家さん。
しごとばシリーズ最新刊は、今、話題の東京スカイツリ-。
2年半の間、足を何度も運び、関係各所に取材し、完成させたという本書。
絵本としては、勿論ですが、このなかに書かれている情報の多さにはビックリです!!
どの頁にも本の隅から隅まで、びっしりと絵と解説があり、見ていて飽きません。
いつまででも眺めていられるかんじ。

スカイツリ-製作に関わった人たちの仕事の様子が、丁寧に描かれていて、これは実際に関わった人たちにも思い出になる本だろうなぁ~なんて思ってみてました。


付属資料としてある エッセイマンガ 東京スカイツリ-取材日記も
またまた面白く、取材初日の様子から絵本完成までの記録ですが、のりたけさん、本当にお疲れ様でした!!と言いたくなるほど。


これは何か賞を貰ってもいい本だと思う。
のりたけさんの2年半をドキュメンタリ-番組として、何処かの局で作ってないかな?
なんてことも思ったり・・・。

兎に角、たくさんの人に手を取って欲しいなと思う本です♪


それから・・・・・
のりたけさんのブログもすごく好きで度々チェックしてます。
優しいパパとしての一面も見られてすごく、ほのぼのとした良いブログです。

よかったら、こちらから飛んでみてください♪



 
★★★★★
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1
3 5 6 8 9
10 11 12 14 15
17 19 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★☆最後まで読んだが好みじゃなかった
★★飛ばしつつ一応最後まで目を通した
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]