忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[835]  [834]  [833]  [832]  [831]  [830]  [829]  [828]  [827]  [826]  [825
51QACxQQTmL__SX230_.jpg   発行年月:2007年7月


   家老と一藩士の、少年時代からの友情と相克を描く松本清張賞受賞作

  江戸中期、西国の地方藩で同じ道場に通った少年二人。
  不名誉な死を遂げた父を持つ藩士・源五の友は、いまや名家老となっていた



                            (文藝春秋HPより)



素晴らしかった!!
なんと美しい文章なんでしょう。

葉室作品を読むようになったのは、最近なので、まだ読んだ作品数が少ないのですが
ハズレにない作家さんですね!

この書は、3月24日の記事同一著者の「無双の花」にコメントを下さった、ひろさんから薦められたものです。
薦めてくださってありがとうございますm(__)m


物語は、家老となった松浦将監が領内の新田の様子を視察に来て、郡方側の日下部源五がその案内役を命じられ二人が久しぶりに顔を合わすところから始まる。

将監と源五は12歳~13歳頃、剣術を学ぶ道場で知り合い、それ以後親しくなったが、ある事を境に二人の間には隔たりが生じていた。

そして、物語は、まだ二人が知り合った頃の出来事から語られていく。
現在の身分が違う二人の姿を織り交ぜながら。

二人が出会った頃に知り合った十蔵と3人で夏祭りに行き、夜空を見上げて話す場面が印象的。
それがは、その後の成長した3人にも同じように思い出深い場面として心に留められていたのだとわかる場面では、ジ~ンと胸が熱くなった。

十蔵が大切に保管していた蘇軾(そしょく)の「中秋月」という漢詩

暮雲収め尽くして清寒溢れ
銀漢声無く玉盤を転ず
此の生、此の夜、長くは好からず
明月、明年、何れの処にて看ん


日暮れ方、雲が無くなり、さわやかな涼気が満ち
銀河には玉の盆のような明月が音も無くのぼる。
この美しい人生、この楽しい夜も永久につづくわけではない。
この明月を、明年はどこで眺めることだろう。


これを持っていた十蔵の気持ちを思うと泣けた。

将監に絶縁状を送った源五の気持ちもわかったけれど、将監の立場ならば十蔵に行ったことも仕方のないことだったとわかる。


ところどころに漢詩が出て来るのですが、これがとても効果的だった。
漢詩はよくわからないのですが・・・ちゃんとどんな意味か書いてくれているので助かります。
詩の言葉がそのときの登場人物の気持ちや情景がよく表していました。


終盤、脱藩し、江戸に向かうという将監を助ける源五。
無事に果たせるのか?ハラハラドキドキ。
緊迫感が終盤で増して、盛り上がりました!


葉室作品にハズレなしの予感。
まだまだ未読の過去作品がたくさんあるので、これから読んでいこう!
たのしみ♪たのしみ♪

これは文句なしの★5つ・・・以上だな。



 

★★★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
ひろさんへ
本当に原作の雰囲気を忠実に映像化していて、良かったです!
あの美しい湖(?)を見下ろす景色が今も頭を離れません。
実在する場所なんでしょうかね?
桜庭みなみさん、綺麗でしたね!!
着飾っていないのに、すごく綺麗でした!
男の人は皆、源吾が羨ましく思えるでしょう^m^

次に映像化されるものも楽しみになりますね~。
kyoko 2015/03/06(Fri)05:09:20 編集
お見事!
NHK木曜時代劇「風の峠~銀漢の賦~」を録画で観直しました。原作の良さを損なうことなく見事な出来でした。配役の中村・柴田はもとより麻生、吉田、桜庭の女優陣も素晴らしかった。最終回の桜庭ななみの美しさは目を見張るものがありました。蕗を嫁に貰える源吾は当分がんばるでしょう。実に羨ましい。
次回のハムリン映像化作品は「蛍草」主演 桜庭ななみ、OR 「川あかり」主演 向井理がいいなぁー
ひろ 2015/03/04(Wed)17:38:28 編集
ひろさんへ
はい、好感が持てるかんじで好きです!
三菱地所のCMも可愛いです♪

え?ひろさんはNHKドラマで共演ですか??
ひろさんって俳優さんなんでしょうか???
しかも橋本愛さんまで一緒とは・・・・。
あ、興味本位で聞いてしまいましたが、ノーコメントでスルーしてくださって良いですので・・・^^;
kyoko 2014/10/24(Fri)13:23:26 編集
桜庭ななみ
桜庭ななみはお好きですか。
彼女と一度、NHKドラマで共演したことがあります。意外と小柄な色の白い可愛い女の子でした。撮影に疲れ(NHKは短期間でハード)ていたのかアクビをしていました。横にいた大柄な女の子はブレイクする前の橋本愛でした。
ひろ 2014/10/24(Fri)08:36:06 編集
ひろさんへ
「銀漢の賦」テレビ放送ですか!?
それは嬉しい情報です(^^)
NHK時代劇昨日も「ぼんくら」を楽しく見てましたが
原作のある良い作品を映像化してテレビで放送は
良いですね♪
俳優陣もなかなか豪華!
桜庭ななみさんも可愛らしく、好きな若手女優さんなので楽しみです!
またまた嬉しい情報ありがとうございますm(__)m
kyoko 2014/10/24(Fri)04:51:25 編集
木曜時代劇「風の峠~銀漢の賦~」
映画「蜩ノ記」に続きハムリン作品が映像化されます。それは名作「銀漢の賦」
NHK木曜時代劇として2015年1月15日から放送されます。出演は中村雅俊、柴田恭平、桜庭ななみ、中村獅童、麻生祐未、吉田羊他 乞うご期待!
ひろ 2014/10/21(Tue)15:04:57 編集
ひろさんへ
はい!とっても良かったです!
教えていただき感謝です(^^)

ハムリンニュ-スもありがとうございます。
「蜩ノ記」はラジオドラマで放送なんですね。
わたしは、図書館で本を借りるため、これはまだ順番待ちをしている状態です。
録音しておいて読んでから楽しむという方法もありですね!ちょっとメモ( ..)φしておきます♪
無料講演会もいいですね~。
ちょっと遠くていけないのですが、ひろさんは行かれるのかしら?
楽しみですね。

「散り椿」「川あかり」も近いうちに読んでみます!!
またよろしかったらコメントくださいね。
kyoko 2012/06/17(Sun)09:33:40 編集
最新ハムリンニュース
「銀漢の賦」良かったでしょう。私は5年前にこの作品を読んで以来のハムリンファンで世に出ている全21冊(随筆も含む)読破しています。次のお薦めは何と言っても直木賞受賞作品「蜩ノ記」でしょうか(涙腺が弱いようでしたらハンカチを用意ねがいます)「散り椿」「川あかり」も秀作です。
「蜩ノ記」がラジオドラマで放送されます。NHKFM青春アドベンチャー6月18日から全10話です。(未読なら聴かないほうがいいかも)
葉室さんの講演会が葉室さんの母校西南学院大学で6月27日に開催されます。(無料)
ひろ 2012/06/16(Sat)20:30:35 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]