忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[834]  [833]  [832]  [831]  [830]  [829]  [828]  [827]  [826]  [825]  [824
b787c02e.jpeg   発行年月:2012年4月


   美人ベストセラー作家は、なぜ突然絶筆したのか?

   突然筆を折ったベストセラー作家・咲良怜花。
   執筆復活を願う編集者に対し怜花が告白した衝撃の物語。
   甘美で残酷な究極のラブストーリー


                             (文藝春秋HPより)



かなり厚い本(560頁)ですが、一気読みでした!

入社3年目の編集者・渡部敏明が、8年前に絶筆宣言をしたままの作家・咲良怜花に連絡をとり、個人的にもずっと気になっていた「なぜ、絶筆宣言をしたのか?」を問う。
そして、始まる怜花(本名は後藤和子)の過去の話。

驚くほどの美貌を備えた作家という評判どおり、57歳になった咲良怜花は美しかった。
しかしその美貌にも隠された秘密があった。

和子が自らが語る過去の物語がこの本の殆ど。
ひとりの女性の一途な恋愛話と言ってしまえば何処にでもあるような話だけど、作家として成功したのもその恋愛があったから。
作家という仕事は、やはり私生活で経験したことが大きく関わるんだろうな・・・・。


和子が一途な想いを寄せる男性・木之内徹は、優しいけれど、それは誰に対してもであり何だか嫌なかんじ。
ほかにも和子のことを想ってくれた男性は居たのに、ずっと想い続けている健気さが哀しい。
本人はそれで十分幸せだったのかもしれないけど。

若い編集者になぜ、自分がずっと秘めて来た思い出の一全てを語ったのか?
疑問だったけど、最後に、そういうことだったのか?と思うことが出て来る。

そして最後のエピロ-グが衝撃的。

特に感動するとかの要素はなかったけど、なかなか面白かった!

今までの作品とは、ちょっと違った路線だけど、こういうのもいいな。



 

★★★★

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]