忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3



発行年月:2016年9月


 ドラマ化「ある日、アヒルバス」待望の続編!

このバスに乗ると幸せ(な気分?)になれる。
世界のお客様をオモテナシ!のはずが…!?

笑いと涙のお仕事小説
NHK-BSプレミアムでテレビドラマ化「ある日、アヒルバス」待望の続編!

アヒルバスのバスガイドになって12年、いつしかベテランになった高松秀子(デコ)。
恋も仕事も充実…のはずが、後輩に追い抜かれっぱなしの日々。
外国人向けオタクツアーのガイドを担当するが、
最悪の通訳ガイド・本多光太のおかげでトラブル続発。
デコは乗客に、そして自分にも幸せを運ぶことができるのか――!?
アラサーのデコにもとうとう春が来る!?
ようこそ、ニッポンへ。でもそれって日本文化(クールジャパン)?

                    (実業之日本社HPより)



ドラマ化されたのも面白かった!

その続編なので期待して読みました。

秀子(デコ)は30歳。
アヒルバスのなかではなくてはならない存在になってましたね~。

お見合いバスツアー、外国人相手のOTAKUツアー、お一人様堪能ツアー
親子でチャレンジバスガイドツアー、着付け教室&下町そぞろ歩きツアーなど
興味深い企画いっぱい!


外国人相手のOTAKUツアーが面白かったなぁ~。
訃音ランドのバンド、ハラキラズのメンバーとデコのやり取りが可笑しい。

バスガイドの独身寮は、江戸前ハウスに代わり、ハラキラズの面々が宿泊。
管理人は、モモさん。
寮母さんだったモモさんも80歳!
でもパワフルで良い!

外人の通訳ガイドとしてデコと一緒にツアー同行の本多も最初は嫌な男だと
思ったけれど・・・・終盤はデコとも友好的な関係に。

そして・・・アヒルバスのグッズを制作しているビビット・コムの
城ケ崎くんとの関係も気になるところで今回はおしまい。

う~ん。まだこのシリーズは続きそうですね。

ドラマもやってほしいなぁ~。
でもデコ役の藤原紀香忙も梨園の人になっちゃったから忙しいかな?
ちょっと本のイメージと違うから、この際、違う人でやるというのも
在りかな?なんて個人的には思うのだけど・・・・^m^


                        ★★★

PR



発行年月:2016年2月

男子高校生がハンドベルで奏でる、病みつき不協和音なユーモア青春小説!


廃校間近の高校に通う錫之助は、ひょんなことからハンドベルの音色に魅せられ、偶然居合わせた3人の同級生と部の創立することとなる。女子高との合同練習を目当てに始まった部活動だが、演奏は意外に面白くて……?

                   (角川書店HPより)



楽しかったぁ~。
男子生徒たちがいい。
最初は、やや不純な動機で始めたハンドベルだったけれど、最後は自ら楽しむために
鐘を鳴らしていたかんじ。

クラス担任のダイブツ先生もユニークでいいなぁ~。

こんな先生いたら学校生活楽しいだろうね^m^

男子生徒の一人のバイト先「友々家」・・・・どこかで聞いたなぁ~と
思ったら、「店長がいっぱい」で出て来たお店でしたね~。
そこの霧賀さんが結構、重要な働きしていたのも面白かった♪
男子生徒たちの親たちも素敵!



ハンドベルは全く馴染みがないけれど、経験者ならベルの振り分け表みて
演奏できそう♪
わたしにはチンプンパンプンでしたが・・・・^^;

 
 
彼らの進路も気になったけど、何処かで(今後の作品のなかで)
彼らのその後を知れたら嬉しいんだけどなぁ~。

特に錫之助!
ハンドベルを始めたことで、家業を継ぐのもアリだと思い始めている?


著者のお仕事小説が好きですが、青春物も良いですね(^^)


                      ★★★★



発行年月:2014年11月


 「ママの料理でなにがいちばん好き?」
「ブタとタマゴのどんぶり。あれだったら毎日、食べても飽きないよ」

夫を亡くしたばかりの真田あさぎは、小学生のひとり息子を育てるため、「友々丼」と名付けた“他人丼”の専門店「友々家」を開いた――。


あれから30年余り。いまでは、百二十店舗を数えるまでになった。東京、神奈川、群馬……今日も、あちこちの「友々家」では、店長たちが、友々丼をせっせと提供している。

それぞれの事情を抱え、生きるために「友々丼」をつくり続ける7人の店長と、共に働く人々のちょっぴり切ない七つの物語。

                     (光文社HPより)




山本さんのお仕事シリーズは好きです♪

今回は、全国にチェーン展開している「友々家」で働く店長さんたちのお話。
提供している「友々丼」は、豚肉を甘辛く味付けしたものを卵でとじた他人丼。


色々な場所の「友々家」で働く店長さんとスタッフたちのお話が短編形式で
綴られ、そこに度々登場する本社のフランチャイズ事業部の霧賀さん。
すれ違う人が振り向くような美人で仕事もテキパキ。性格も良しと
いう事なしの人でした!!

各店長さんのそこに至るまでの経緯も楽しめました。

が・・・最終話のチェーン店立ち上げの会長・真田あさぎの話が良かったなぁ~。
今はまだダメダメの二代目社長の息子も段々と成長して良い社長に
なっていく?と期待も出来そうな終わりで、満足な読後感でした♪

友々丼・・・・今度作ってみようかなぁ~。
美味しそう^m^


                             ★★★★



発行年月:2014年7月


 

恋するゲイシャガールin八王子!?
5人の芸者が未来へGO!

東京・八王子の置屋「夢民(ゆめたみ)」
に在籍する五人の芸者たち


弐々(杉浦晴子)元女子高生。大学受験に失敗、恋人とも別れて芸者の道へ。
未以[みい](沢村紗英)元キャバクラ嬢。年下の男の子に貢ぎ癖が直らない。
茂蘭[もらん](細井千香)元看護師。大学生の息子がいるシングルマザー。
兎笛[とてき](望月優希)元女子プロレスラー。女らしくなりたくて芸者の道へ。
寿奈富[すなふ](田中喜久代)元丸の内OL。憧れの的だが人には言えない秘密が……。

彼女たちは人生の逆境をのりこえて八王子最大の祭り「八王子まつり」で最高の芸を見せることができるのか。そしてままならぬ恋の行方は……!? 傑作『ある日、アヒルバス』の笑いと感動再び! 最高に面白くてキュンとくるお仕事&青春&恋愛エンターテインメント!! 山本お仕事小説の新境地!

                        (実業之日本社HPより)





楽しくて感動するお仕事小説でした!

八王子で芸者をする5人の女性たち、それぞれの芸者としてのお仕事ぶりと
仕事以外での話が語られる。
5人が仕事以外の場でも仲良く行動するのが微笑ましかった!
人間関係が良好な職場は楽しいですからね(^^)


芸者名と本名のつながりが最初なかなか出来なかったけれど、読んでいくうちに
誰のことかわかってきて、楽しく読めた。

芸者になった経緯はそれぞれ。
最初から気になっていたのは、寿奈富の人には言えない秘密がナンなのか?ということ。
最後に明かされました。

そんな大変な過去を持っていたんですね~。
この先、家で待っていてくれる人が現れるといいな~。

『ある日、アヒルバス』のデコちゃんも登場して、こういう繋がりが
あるのって楽しい♪

また楽しくて感動するお仕事小説書いて欲しいな。

表紙の絵も可愛くていいですね!


                         ★★★★

41MqexW835L__SL500_AA300_.jpg 発行年月:2012年12月


美術館学芸員4年目の今田弾吉は、学生時代に応援団在籍という変りダネ。
個性豊かな先輩たちにコキ使われる日々を過ごしていたが……!? 
著者渾身の美術館お仕事青春小説!!


                             (中央公論新社HPより)




お仕事小説、今回は、美術館の学芸員。
美術館は、たまに行くので、そこで静かに座っている学芸員の方たちのお仕事ぶりが知れる
今回のお話は興味深かかった!

しかし、仕事内容そのものよりも、そこで働くメンバ-たちの人間関係が楽しかった♪
元応援団員の今田弾吉も個性的だけれど・・・・・
飲み会の締めで弾吉の応援団時代の応援の様子を披露させるというのも愉快。

作品の搬入をする丙午運輸のサクラちゃんとの絡みも面白かった♪
サクラちゃんはボクシング選手。

弾吉とサクラちゃんの恋は今後発展するのかなぁ~?

物語では、展覧会の準備中の話で終わっているけれど、美術館の作品展が、こういう風に
準備されているんだ・・・とわかって、また美術館にすぐ足を運びたくなった♪

さて、今度はどんなお仕事を小説にしてくれるかなぁ?



 

★★★

 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23
26 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]