忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2



発行年月:2016年10月


 僕らは誰も彼女のことを忘れられなかった。
 私たち六人は、京都で学生時代を過ごした仲間だった。十年前、鞍馬の火祭りを訪れた私たちの前から、長谷川さんは突然姿を消した。十年ぶりに鞍馬に集まったのは、おそらく皆、もう一度彼女に会いたかったからだ。夜が更けるなか、それぞれが旅先で出会った不思議な体験を語り出す。私たちは全員、岸田道生という画家が描いた「夜行」という絵と出会っていた。
 旅の夜の怪談に、青春小説、ファンタジーの要素を織り込んだ最高傑作!
「夜はどこにでも通じているの。世界はつねに夜なのよ」

                  (
小学館HPより)




10年ぶりに集まった5人。
大橋、中井、武田、藤村、田辺。

10年前はそこに長谷川さんも加わった6人で鞍馬の火祭を見に行った。
その日から長谷川さんは姿を消している。
5人は再び、長谷川さんに会うために鞍馬に。


集まった5人がそれぞれ、自分が体験した不思議な話を話す。
皆、それぞれ共通するのが銅版画家の岸田道生の「夜行」と題された謎めいた
連作の絵に出会っていたこと。

第一夜 尾道
第二夜 奥飛騨
第三夜 津軽
第四夜 天竜狭
第五夜 鞍馬


夜読むと、雰囲気味わえていいかも。
ちょっと怖いけれど、眠れなくなるほどではなくて良かった^^;


最終夜の鞍馬の話で、今までの不思議話が、ああ、そういうことね。
うんうん、なるほどね。
と思えて、やはり巧いなぁ~と思った。


夜はどこにでも通じている・・・・・この一言が残る。

世の中、不思議なことあっても、「そんなこともあるかもね」
と静かに受け入れればいいか?と
思える。


                         ★★★★
PR



発行年月:2013年5月


「何もしない、動かない」ことをモットーとする社会人2年目の小和田君。ある朝目覚めると小学校の校庭に縛られていて、隣には狸の仮面をかぶった「ぽんぽこ仮面」なる怪人がいる。しかも、そのぽんぽこ仮面から「跡を継げ」と言われるのだが……ここから小和田君の果てしなく長く、奇想天外な一日がはじまる。朝日新聞夕刊連載を全面改稿、森見登美彦作家生活10年目にして、3年ぶりの長篇小説。

                     (朝日新聞出版HPより)

 


またまた京都が舞台のお話。
今回は、「ぽんぽこ仮面」を巡るお話。
怪人・ぽんぽこ仮面ってなに?と思ったら、単に狸のお面を被った人で
怪人と名がついているけれど、ちょっとした人助けはするし、
逆に追い詰められて困惑していたりとナンだかかわいい存在。

そんな怪人・ぽんぽこ仮面を追いながら・・・・なんて思ったら
すぐに対面しちゃうのが、この物語の主人公・小和田君。
そして、「後を継がないか?」と言われる。

小和田君は自分で怠け者と言うだけのことはあり、本当に動かない。
なのに、要所要所でナイスな行動。
逆に動き回っているのに、何ら成果を得られない、探偵事務所の週末探偵・玉川さん。
けれど、玉川さんも良い味出してる。

登場人物たちがみんな憎めない人たちというのが、森見作品の特徴かな?

京都の宵山祭りの夜のお話というのも、独特な雰囲気。

楽しく読ませていただきました。

挿絵のフジモトマサルさんの絵もほのぼの。
そんあ挿絵を1冊にまとめた本も同時発売されているそうなので
手に取ってみてみたいな~。

                          ★★★★
3040e5cc.jpg   発行年月:2011年1月


   四次元的に広がり続けるこの王国の存在を、ゆめゆめ疑うことなかれ!

世界は四畳半の内部にこそ存在しているのだ----ある男は数式による恋人の存在証明に挑み、ある男は桃色映像のモザイクを自由自在に操る。彼らを見守るは、神出鬼没の水玉ブリーフ男。純粋なる四畳半主義者たちによる、めくるめく7つの宇宙規模的妄想が、京の都を震わせる! 阿呆らしくも恐るべき物語。

                              (新潮社HPより)


森見さんらしい、京都が舞台の可笑しな物語。

四畳半に住み、阿呆神を崇拝する男たち。
四畳半を出た場所では、勉学に勤しんだり、研究では有能ぶりを発揮している様子の彼らだけど、何処か可笑しい。

天才とバカは紙一重ということを表した話ということか?


凡人のわたしには、どれもこれも理解不可能。
けれど・・・・憎めない愛嬌のようなものが彼らにはあり、その暮らしぶりは変だけど他人として眺めているぶんには面白い。
実際には自分から近づこうとは思わない人達ですが・・・・^^;

別々のアパ-トと学生ハイツに、住む若者たちの阿呆な生活ぶりが描かれ、最後には、そこに繋がりがあったとされたのは面白かった。

男子が多く登場する物語だけど、三浦さんと初音さん。
この二人の女子もそれぞれにまた変わっていて面白い。

三浦さんと鈴木くんの会話には噛み合わないおかしさがあるけど、結構、お似合いじゃないかと思ったり・・・。

数学的な証明から恋人と認とめた初音さんと出会う数学氏(結局名前はなんだった??)とそれを見守る面々の様子も笑えた。

結局、どんな話?かと聞かれると「?」な内容だけど
こういう話、結構すきなので、個人的には◎。
過去の森見作品に通じるものが沢山で、過去作品のファンなら間違いなく楽しめる。
(逆に過去作品で馴染めなかった人にはお薦めできない・・・かも)

こういう話は、ほかの作家さんには書けないだろうな~。


★★★

 
0e1b96ff.jpg   発行年月:2010年5月


小学四年生のぼくが住む郊外の町に
突然ペンギンたちが現れた。
この事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを
知ったぼくは、その謎を研究することにした。
未知と出会うことの驚きに満ちた長編小説。

                 
                         
(角川書店HPより)



森見さんといえば・・・京都が舞台で大学生とか大人が主役が今までの作品。
しかし、今度の舞台は、郊外の新興住宅地。

主人公は小学4年生のアオヤマ君。
アオヤマ君は、日夜、いろいろな研究に追われている。
研究の内容は、ノ-トに書き留めておく。

そんなアオヤマ君がある日、偶然、目にしたペンギンたち。
同級生のウチダ君、ハマモトさんと一緒に、不思議な現象を探る冒険を始める。

冒険と言っても、遠くに行くわけではない。
住んでいる街の少し奥にある森が冒険の舞台。
不思議な世界が、日常から少し離れたところに存在する不思議。

アオヤマ君たちの敵には、イジワルなスズキ君たちがいる。
でもアオヤマ君は泣かないと決めている。そして怒らないとも決めている。
小学4年生なのに、キチンとした自分のル-ルを守って生活しているアオヤマ君が可愛い。
賢くて、優しい。言葉遣いも丁寧。
スズキ君に、時には仕返しをしたり。。。。


小学生のアオヤマ君だけど、歯医者に勤めるお姉さんとも親しくて、そのお姉さんがまた不思議。
ペンギンの謎のル-ツがお姉さんだったりする。

二人の会話が、ほのぼの。

でも、最後は、ちょっと切なかったな。


またいつか大人になったアオヤマ君とお姉さんの再会があったら楽しいな。
なんて思った。


今回のお話は、ちょっとメルヘンチックで、今ままでの森見作品にない雰囲気もあったけど、
こういう感じもいいな。

表紙の絵も好みだなぁ~。
装画は、くまおり純 さんという方らしい。


★★★


                         

5a18ea62.jpg発行年月:2009年7月

祗園祭宵山の一夜に繰り広げられる6つのお話。

お祭の賑わいのなか、読者も共に不思議な世界に迷い込む。

森見ワ-ルド全開の面白さ!





表紙の絵が、物語の雰囲気にピッタリ!

6つのお話は別々のようで、同じ祗園祭宵山という共通の時間に起こった話。
登場する人々も少なからず関係していて、繋がっている。

京都の祗園祭は、日本三大祭りにも数えられるものですが、実際に見たことはありません。
これを読むと、祭りの賑やかなかんじが目に浮かぶよう。

京都という土地柄もあり、森見氏の今までの物語にあった、どこか懐かしいような不思議な気分も味わえました。

先ず最初の話で、バレエ教室の帰り、幼い姉妹が迷い込む、別世界に連れ去られそうな不思議な体験。
その後も何やら不思議なものが登場。
超金魚だったり、宵山様など。

偽祗園祭りを作る計画の祗園祭司令部の仕業なのか?実際に起こっている出来事なのか?

グルグル時間も戻ったり、先に進んだり・・・・・


まるで、この物語自体が万華鏡のようでした。

楽しい!楽しい!

森見さんの今までの作品の中では、一番好きかも!

まだ森見作品は読んだ事ない方にもぜひぜひ、読んで欲しい!

★★★★★
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23
26 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]