忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6



発行年月:2018年6月


 こういう話をしてるとさ、どんな気持ちでも生きていけるんじゃないかって思うよね」。
サッカー22チームの22人のファンたちは、それぞれの思いを抱いて2部リーグ最後の試合の「その日」に向かう。職場の人間関係に悩む会社員、別々のチームを応援することになった家族、憧れの先輩に近づきたい男子高生、十数年ぶりに再会した祖母と孫など、普通の人々のかけがえのない喜びを、サッカーを通して鮮やかに描き出す連作短編集。
装画:内巻敦子 

 <目次予定>
第1話 三鷹を取り戻す/第2話 若松家ダービー/第3話 えりちゃんの復活/第4話 権現様の弟、旅に出る/第5話 眼鏡の町の漂着/第6話 篠村兄弟の恩寵/第7話 龍宮の友達/第8話 また夜が明けるまで/第9話 おばあちゃんの好きな選手/第10話 唱和する芝生/第11話 海が輝いている/エピローグ――昇格プレーオフ※単行本書き下ろし版

 <本書に登場する架空の22チーム>
オスプレイ嵐山、CA富士山、泉大津ディアブロ、琵琶湖トルメンタス、三鷹ロスゲレロス、ネプタドーレ弘前、鯖江アザレアSC、倉敷FC、奈良FC、伊勢志摩ユナイテッド、熱海龍宮クラブ、白馬FC、遠野FC、ヴェーレ浜松、姫路FC、モルゲン土佐、松江04、松戸アデランテロ、川越シティ、桜島ヴァルカン、アドミラル呉、カングレーホ大林

                    (朝日新聞出版HPより)



楽しかった!
Jリーグファンなら間違いなく楽しめる!

これを書くために2年間、日本全国のスタジアムに足を運んで取材したとか。
凄いなぁ~。

架空のチームだけれど、地元のヴェーレ浜松の物語には
ジュビロ磐田のJ2降格、J1昇格失敗に泣いた、悔しい試合の話など
実際の試合のエピソードが盛り込まれていた。

たぶん、他のチームの取材して同じような実際にあったことを盛り込んで
いるんだと思う。


サポータのあるべき姿も示してくれた気がする。

どんなに負けても、次は勝ってくれると期待し続けるのがサポーター。
選手が懸命にやったなら労いの言葉、不甲斐ない試合内容にはブーイング。
相手チームとサポーターにも常に敬意を。


ホームでの観戦しかしたことないけれど、アウェイの地に観光を兼ねながら
応援に行くのも楽しそうだなぁ~。


                     ★★★★
PR



発行年月:2018年5月


 柴田錬三郎賞、中央公論文芸賞、島清恋愛文学賞の三冠に輝いた衝撃作『ダブル・ファンタジー』待望の続編!
脚本家・高遠奈津。創作の鬼に導かれるように夫・省吾との穏やかな暮らしを捨て、いくつかの恋を経て、今は恋人・大林一也と暮らしている。しかし彼もまた、奈津の心と躯を寂しくさせる男でしかなかった。元恋人の志澤一狼太や岩井良介との再びの逢瀬を皮切りに、性の深淵へ次々に分け入ってゆく彼女が、自由と孤独のその果てに見いだしたものは……。
男女の愛憎を描き尽くし、やがて生と死の岸へとたどり着く、作家・村山由佳の到達点!

                  (文藝春秋HPより)



『ダブル・ファンタジー』の続編ですね。
奈津(40歳)が省吾と別れて次に一緒になったのは大林一也(33歳)。

なんか、省吾に比べたらダメダメ男。
働かないで奈津に金銭面は頼りっぱなし。
そして、奈津には触れない。
奈津から誘えば、拒絶される。

なんで一緒になったんだ~、こんな男と・・・怒

奈津がそのまま大人しくいられるわけもなく、演出家の士澤に誘われたら
ホイホイ出て行くし、岩井とも相変わらず関係を続ける。

ライターの加納という男も登場して・・・・

なんだか本当に節操がない奈津に呆れる。
そして大林に、ついに全てばれる。
まあでもそれを機に別れることになったから、良かった!

もう独身のままでいいじゃんと思ったら・・・・

そうか、そういう風に落ち着くのかぁ~唖然(笑)。


このまま落ち着けばいいな・・・と思う反面、
落ち着いたら面白くないじゃん!
続編もちょっと期待しちゃうという気持ちもある^m^


結構、楽しめた。


                    ★★★



発行年月:2017年1月

実家である天瀬ワイナリーを営み発展させてきた母が、突然倒れ、かえらぬ人となった。
優秀で美しい母を目指して生きてきた双子の姉・光実(みつみ)と、二十六歳になっても逃げることばかり考えている弟・歩(あゆむ)は、自分たちを支えてくれていた母を失い、家業を継ぐ決意をする。
デビュー作『ビオレタ』で高い評価を集めた期待の新鋭による、優しい涙がこみあげる感動作。

                 (ポプラ社HPより)




双子の姉・光実は出来る方の子。

弟・歩はそうじゃない方。

そんな風に考えていたのは、歩自身だけだったんじゃないかな?
ワイナリーの仕事から離れたくて家を出ていた歩だったけれど、
ワイナリーに戻って、少しずつ仕事を覚え、最後は姉のよき理解者であり
共同経営者としてやっていくんじゃないかな?と思える成長ぶりだった。


歩の親友・広田もいい青年。
光実は、素敵な男性2人に側にいて貰えて幸せだな~。

ワインは飲めないし、興味はないけれど、ワイナリーの仕事の大変さは
理解出来た。

双子のおじいちゃんもお茶目で良かった。
醸造長の日野さんは、ちょっと怖かったけど、少しずつ、歩を認めてくれて
いるかんじで厳しい人というだけで良い人なんだなと安心。


涙がこみあげるほどじゃなかったけれど・・・^^;
なかなか面白かった!


                        ★★★★
 



発行年月:2018年5月

考えるんだ。 たとえ1%でも、可能性があるなら。 晩秋の夜、突如ダムが決壊し、濁流が町を飲み込んだ。 死者97名、行方不明者50名を超える大惨事。 新聞記者の九条麻衣子は、被害を取材するうちに、決壊が事故ではなく大規模な犯罪である可能性に気づき、その夜に町を抜け出した土木作業員の男を探し始める。 一方その事件の陰で、AN通信の鷹野一彦とその部下・田岡は、ダム爆破計画を阻止するべく奔走していた。水道事業の民営化に金の匂いを嗅ぎ取った代議士や国内外の企業によるテロ計画の一部だったが、いつのまにか計画の全てが盗まれ、首謀者が正体不明の人物に入れ替わっていた!? 情報が錯綜し、混乱を極めるなか、九条麻衣子と若宮真司の出会いが、世間を揺るがす大スクープを生み出すことに……。 敵か味方か、嘘か真実か、善か悪か——!? 金の匂いに敏感な男女が、裏切りあい、騙し合いながら、真っ暗闇の“今"を駆け抜ける!

                      (幻冬舎HPより)




水道事業が民営化された日本の話。


海外の企業までは日本の水道事業を取り仕切ろうと狙い

産業スパイのAN通信 鷹野たちは、政治家の依頼を受け、外国企業からの
乗っ取りを阻止しようと奮闘。

民営化ってちょっと恐ろしいなというのが感想。


色々と登場する人物たちが、誰が敵なのか?混乱しながら最後は
敵がハッキリする。

そして、冒頭で出て来た若宮真司が、最後は大活躍したのは嬉しかった!

鷹野によって訓練されて、成長した真司の話がまた読みたい!

それから、最初は、敵かと思われた謎の美女・アヤコ。
恰好いい。
勝つ方にいつもつくから自分は負けないって、凄いな。
鷹野たちと組んだら怖いものなしになりそうだけど、いつ裏切るか怖い相手。


ああ、面白かった!


                         ★★★★★
 



発行年月:2018年3月


 絶対に残業しないと心に決めている会社員の結衣。時には批判されることもあるが、彼女にはどうしても残業したくない理由があった。仕事が最優先の元婚約者、風邪をひいても休まない同僚、すぐに辞めると言い出す新人。様々な社員に囲まれて働く結衣の前に、無茶な仕事を振って部下を潰すという噂のブラックな上司が現れて――。

                   (新潮社HPより)



結構真面目なお仕事改革のお話だった。
今、巷で問題の過労死に結びつく話。

職場で定時に帰ると決めて浮いた存在の東山結衣(32歳)。
ただし、帰る前に、きちんとやるべきことは片づける。
どこが間違っている?という感じですが、それが許されないような
雰囲気漂う職場って、恐ろしい。
結衣は、自分の意見をちゃんと表現できる人だから率先して自分が示し、
他の人も定時で帰らせたいとチーフにもなる。
自分だけ良ければいいという人でもないところが好感度大!

チーフになったら、無理しなければいけない立場になって、一時は結衣自身も過労で
ダウン。
やるときはやる女!

最悪な上司・福永には本当にムカツク(怒)。
でも最後は、スッキリ!

元婚約者・晃太郎と現婚約者・巧との関係もどうなる?と気にしつつ
最後は、こちらも上手く納まってホッ。


                       ★★★★
次のページ   ≫
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 3 4
6 7 9 10
12 13 15 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]