忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


発行年月:2020年2月

お父さん、何歳まで運転するつもり? 「わしは死ぬまで運転する!」

「また高齢ドライバーの事故かよ」。猪狩雅志はテレビニュースに目を向けた。そして気づく。「78歳っていえば......」。雅志の父親も同じ歳になるのだ。「うちの親父に限って」とは思うものの、妻の歩美と話しているうちに不安になってきた。それもあって夏に息子の息吹と帰省したとき、父親に運転をやめるよう説得を試みるが、あえなも不首尾に。通販の利用や都会暮らしのトライアル、様々な提案をするがいずれも失敗。そのうち、雅志自身も自分の将来が気になり出して......。果たして父は運転をやめるのか、雅志の出した答えとは?心温まる家族小説!

               (KADOKAWA HPより)



高齢者が運転する車の悲惨な事故をニュースで目にすることが多い昨今。

東京で共働きしながら高校生の息子・伊吹と3人暮らしの猪狩雅志。

田舎の父親(78歳)も免許返納なんて全く考えられないと言いながら、最近は
車をぶつけることが多くなったらしいことを知り心配になる。


交通機関が発達していない場所での車は、生活必需品であり
なくなったら途端に買い物にも思うように行けず、困ってしまう日常。

そんな田舎の親の暮らしをみて、一大決心する雅志。

スーパーの商品を車で移動販売する仕事を田舎で始める。


猪狩家の人たちはみな、優しくていい人たち。
雅志の妻も最初は、反対しながらも理解してくれて、息子の伊吹も
自分の将来のことを考えて、農業高校に転校を決める。


偏差値のいい学校に行くことを目標にするのって悪いことじゃないけど
ちゃんと将来の目標を決めて、そのための勉強をするっていうのが理想じゃないかな?


表題から、イメージした物語と違って温かい家族の物語でした!


                        ★★★★
PR


発行年月:2019年9月

多摩川市は労働者相手の娯楽の街として栄え、貧困、暴力、行きつく先は家庭崩壊など、児童相談所は休む暇もない。児相に勤務する松本悠一は、市の「こども家庭支援センター」の前園志穂と連携して、問題のある家庭を訪問する。石井家の次男壮太が虐待されていると通報が入るが、どうやら五歳児の彼は、家を出てふらふらと徘徊しているらしい。この荒んだ地域に寄り添って暮らす、フィリピン人の息子カイと崩壊した家庭から逃げてきたナギサは、街をふらつく幼児にハレと名付け、面倒を見ることにする。
居場所も逃げ場もない子供たち。彼らの幸せはいったいどこにあるのだろうか――。


                             (光文社HPより)




重たい話。
児童相談所の松本悠一とこども支援センター職員の前園志穂。
二人が関わる多くの問題が、本当にひどいもの。

大人たちによって苦境のなかで生活している子どもたちの姿が痛々しく、
そんな親たちに腹が立って仕方ない。


そんな話と並行して進む、不妊治療中の夫婦の話。
こどもが欲しくても授からない立場で、子どもを虐待している親を見て
自分が代わりに親になりたいと思う、妻の気持ちも痛々しい。



兎に角、つらい話ばかりだけど、その後の展開が気になり、頁をめくる手は止まらない。



で、最後は、安堵。

最後まで読んで良かった!



いつか自分を助けてくれるひとが現れるという気持ちが生きる糧になっていたって
いうのが響く。
街の展望台にいるラプンツェルの存在が、一人の少年の希望だった。


物語の終盤は、過酷ななかで生きていたこどもたちの、その後のことがわかるのがいい。



不妊治療をしていた夫婦も二人で穏やかに暮らしたんだな~。


初読みの作家さんかも。
ほかの作品も読んでみようと思う。



                                ★★★★


発行年月:2015年10月

「猫のつなをといて、自由にしてやること」――慶長七年、洛中にだされたおふれに、猫たちは大喜び。一方ねずみたちは猫たちに追われる身となり、物陰に隠れる日々に。猫を再びつなぐように訴える老鼠法師、それに反対する猫又和尚。それぞれの主張に僧師は如何に答えるか?通事をつとめた象の法師が伝える、ねずみと猫の諍いの顛末は――

人気作家と人気画家のコラボで、あの「おとぎ話」が新しい文学になった!
自由自在に描かれた新作小説と個性豊かなカラー挿画で贈る絵本シリーズ、2015年10月より刊行開始。

【シリーズ全6冊】
『付喪神』 町田康 × 絵・石黒亜矢子 
『象の草子』 堀江敏幸 × 絵・MARUU  
『木幡狐』 藤野可織 × 絵・水沢そら  
『うらしま』 日和聡子 × 絵・ヒグチユウコ
『鉢かづき』 青山七恵 × 絵・庄野ナホコ
『はまぐりの草紙』 橋本治 × 絵・樋上公実子

                  (講談社HPより)



シリーズ物のひとつだったんだ~。

これは猫が出てくるし、堀江氏の作品なので興味があって読んでみた。

お話も面白いけど、絵が素晴らしい!
絵だけ読んだあと、じっくり見て楽しんだ。


猫と鼠がそれぞれ自分たちの言い分を僧師に訴える。
その一部始終を見ている僧師に仕える象の法師。

繋がれていた猫を放せというおふれが出たことで猫は大喜び。
鼠は逆に窮地に追いやられることになる。


冒頭は、そもそもなんで猫が繋がれていたのか?という話。
象が原因だったとはね・・・笑


話のなかに出てくる果物・・・あんもらか=庵摩羅果=マンゴー
こんな時代にマンゴー?あったのか?


薄い本だけど、時間をかけてじっくり堪能。


                      ★★★★★


発行年月:1995年9月

えっ! ちびまる子ちゃんが妊娠!? 
子どもが出来たその日から、十月十日(とつきとおか)のスッタモンダ。
笑いも涙も感動も、全拍子そろいもそろった桃印爆笑エッセイの決定版!

                (新潮社HPより)



家の本棚より久しぶりに取り出して読んでみた。

妊娠が判明してから、出産するまでのお話。

可笑しい。
ご主人が、このエッセイ読むとかなり変わっている人みたいに思える
けど誇張しているかな?

妊娠中のつわりやら便秘やら、結構リアルに書いていて
可笑しいけれど、自分はどうだっけ?と思い返したりして
楽しんだ。


へその緒が胎児に絡まっていると、帝王切開での出産。
生まれた男の子は、今、どんな生活しているのかな?


読みながら、もう居ないんだな。さくらさん・・・(/_;)と。


イラストも可愛いから、結構、家にはエッセイがある。
他のもまた再読しよう。


                  ★★★



発行年月:2019年11月


たちまち大増刷となり、今なお反響を呼び続けている著書『井上保美さんのクロゼットから』の発売から、はや4年。
その間も、『大人になったら、着たい服』の誌面で私服スタイルを紹介するたび、
「シンプルなのに格好いい!」と大人気の「45R」デザイナー・井上保美さん。
そんな井上さんが厳選した1年間、365日分の着こなしを、本書のために描き下ろしたスタイル画とともに、一挙公開! 
毎日が、ちょっと楽しくなるコーディネートのヒントが満載です。

                 (主婦と生活社HPより)


自分より年上の方のオシャレは、見ていて参考になります。
井上さんの洋服は殆ど「45R]のもので、わたしにはちょっとお高いので
同じものを購入するのは戸惑いますが、配色などはまねできそう。

もうこれからは、シンプルなものをうまく組み合わせて着こなすことが
品よくまとめるにはいいのかも。

クローゼットのなかの柄物などは、処分していこうかな?


365日の着こなし、楽しい!

購入して正解の本でした!!


                   ★★★★★
次のページ   ≫
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★☆最後まで読んだが好みじゃなかった
★★飛ばしつつ一応最後まで目を通した
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]