忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6



発行年月:2017年2月

『神様のカルテ』シリーズ外、初の長編!

「お前は、ただの物知りになりたいのか?」
 夏木林太郎は、一介の高校生である。夏木書店を営む祖父と二人暮らしをしてきた。生活が一変したのは、祖父が突然亡くなってからだ。面識のなかった伯母に引き取られることになり本の整理をしていた林太郎は、書棚の奥で人間の言葉を話すトラネコと出会う。トラネコは、本を守るため林太郎の力を借りたいのだという。
 痛烈痛快! センス・オブ・ワンダーに満ちた夏川版『銀河鉄道の夜』!

                      (小学館HPより)



引きこもりがちな高校生・夏木林太郎。
幼い頃に両親が離婚。母親が若くして病死し、祖父の元で小学校入学から暮らす。
その祖父が亡くなり古書店「夏木書店」が遺された。

そして、突如あらわる喋る猫。トラネコのトラ。
「本を救うための手助けをしてほしい」という。

「閉じこめる者」
「切りきざむ者」
「売りさばく者」
とそれぞれの場所で本を救うために奮闘。

麟太郎の本を大切にする気持ちが本を救っていく。

そして最後は、クラスメートの沙夜を救うために奮闘する林太郎。
無口な彼が大切なものの為なら別人のように快活な言葉で相手を負かす
場面がいい。


しかし、猫はなんで現れた?
おじいちゃんの魂を持つ化身?
 

まあ面白かったからいいか?^^;
 

                           ★★★
PR



発行年月:2017年1月


 たくらみに満ちた豊穣な世界文学の誕生!


世界のはしっこでそっと異彩を放つ人々をモチーフに、
その記憶、手触り、痕跡を結晶化した全十篇。
現実と虚構のあわいを伝記とも偉人伝とも違う、ほんのり哀しく、
滑稽で愛おしい共感の目でとらえた豊穣な物語世界。

                   (角川書店HPより)





実在した人たち、実際にあった出来事を基に出来た物語10篇。
どれも独特の雰囲気で美しい文章と共に最初の話から最後の話まで
楽しんで読めた。

さすが小川さん!


物語の後ろに、それぞれ、話の基になった人物や事柄の説明があり最初に
それを読んでから物語を読んでいった。
最初に読んでも途中まで、どうしてこういう話を事実から作ったんだ?という
ものばかりで小川さんの想像力には驚かされる。
やはり、作家って凄いな~。

表題と同じ話はない。

・誘拐の女王(ヘンリー・ダーガー:死後作品が世にでた墓碑に「子供たちの守護者」
と刻まれている。

・散歩同盟会長への手紙(ローベルト・ヴァルザー:職を転々としながら散文小品や小説を
発表。クリスマスの朝、散歩中に雪の上で死亡)
 
・カタツムリの結婚式(パトリシア・ハイスミス:作家。カタツムリを偏愛し自宅で繁殖
させ、ついには300匹にも達した)

・臨時実験補助員(社会心理学者スタンレー・ミルグラムによって編み出された
放置手紙調査法)

・測量(グレン・グールド:ピアニスト。父親特製の脚を切った極端に低い木製の
折り畳み椅子に座り、体を小さく縮めて演奏することで有名)

・手違い(ヴィヴィアン・マイヤー:生涯の大半を住み込みのナニーとして送りながら
膨大な写真を撮るも一枚も発表せず。死後、偶然発見されたネガによりネット上で
評判になり、展覧会や写真集、ドキュメンタリー映画の公開など反響を呼ぶ。

・肉詰めピーマンとマットレス(バルセロナオリンピック)

・若草クラブ(エリザベス・テイラー:女優。7人の男性と8回結婚。7回離婚。
死別1回。心疾患にて1996年に死去)

 ・さあ、いい子だ、おいで(世界最長のホットドッグ203.8m)

・十三人のきょうだい(牧野富太郎:植物学者。夫人との間に13人の子どもを
もうける。新種のササに54歳で亡くなった夫人の名前をつけ、スエコザサとした)
 
 

ちょっと怖かったのは、<さあ、いいこだ、おいで>
子どもに恵まれない夫婦が、文鳥を飼うことにする。
最初は本当に可愛がり、さえずりの声が可愛いと言い合ったり
いつも生活の中心にいた文鳥。
だけど、次第にそのさえずりが煩く感じ、文鳥に対する扱いが雑になる。

身勝手な夫婦に嫌悪感いっぱいの嫌な話。



一番、印象に残ったのは最後の<十三人のきょうだい>
父親のきょうだいが13人で、その一番したの叔父さんと少女のお話。
叔父さんと二人だけの秘密の呼び方で会話し、遊ぶ。
本当の名前を聞いても教えてくれない叔父さん。

最後はちょっと哀しいかんじ。
もしかして、叔父さんは、この世に生を受けなかった人?
だから名前をつけてもらえないまま?

色々後から、想像しちゃいました。



表題の<不時着する・・・>とあるように、どの話も読み手の想像力を
刺激して、ストンと収まらない終わり方のような気がした。
そういうのを好まない人には評価が下がってしまうかも。
でも、わたしは、こういうの凄く好き!

面白い短編集だった!


                          ★★★★★



発行年月:2017年7月


 

ユダヤ人への迫害が厳しくなるドイツで、親と離れ、ドイツ人の戦争孤児といつわり、
妹と二人で隠れ家にくらすユダヤ人の少女、ノエミ―。

 空襲が激しくなった東京から、家族と離れ、田舎に疎開している日本人の少年、風太―。
 戦争末期を生きる二人の少女と少年が見たものは?

                     (講談社HPより)


裏表紙は、風太の絵。

戦時下でドイツで辛い体験をしたユダヤ人の少女・ノエミと
日本で同じく辛い体験をした少年。風太。

それぞれの物語を交互に語りながら、戦争で辛い体験をしながらも
うさぎのミミちゃんを心の拠り所にして、なんとか耐えるノエミと風太。


全く別の場所なのに、二人の気持ちがリンクしているように感じる物語で
ちょっと今まで読んだ戦争の物語とは違っていて、新鮮だった。


やはり胸が痛くなる。
でも、こういう時代だからまた、こういう物語を読んで平和な世の中が
続くことを強く願う。


あとがきの文章から著者の思いが一層、伝わった。


                        ★★★




発行年月:2017年7月


〈東楽観寺前(ひがしらっかんじまえ)交番〉、
本日も異常あり?

交番に赴任してきたお巡りさんは元捜査一課の刑事。
幼なじみの副住職は、説法はうまいけど見た目はヤクザ。
彼らの前に現れたマンガ家志望の女子高生は伝説の○○の孫!?

町の住人たちが凄(すご)ワザで謎を解く、
キュートな新感覚ミステリー!

財布が消えた? 現れた? この町で、一体何が起こっている?
奈々川市坂見町(ななかわしさかみまち)は東京にほど近い古い町並みが残る町。元捜査一課の刑事だった宇田巡(うためぐる)は、理由(ワケ)あって〈東楽観寺前交番〉勤務を命じられて戻ってきたばかり。寺の副住職で、幼なじみの大村行成(おおむらゆきなり)と話していると、セーラー服姿のかわいい女子高生・楢島(ならしま)あおいがおずおずと近づいてきた。マンガ家志望の彼女は警官を主人公にした作品を描くために、巡の写真を撮らせてほしいという。快(こころよ)くOKした巡だったが、彼女が去ったあと、交番前のベンチにさっきまでなかったはずの財布が。誰も近づいていないのに誰が、なぜ、どうやって? 疑問に包まれたまま財布の持ち主を捜し始めた巡は、やがて意外な事実を知ることに……。

                      (祥伝社HPより)





お巡りさんとお坊さんと女子高生たちの物語。


ちょっと特殊な能力を持つ楢島あおい。
そして、これまた特殊能力を持つ宇田巡。

二人は運命的な出会いかな?

そして、それぞれの能力を人助けのために利用しているのが良いですね~。

お坊さんの行政とあおいの友達・杏奈のやり取りも何だかほんわか。


これは、続編希望です!

楽しくて一気読みでした♪


                         ★★★★★



発行年月:2017年5月

青山七恵が描くおちゃめな双子の物語
 デビューから12年。青山七恵が温めてきた懐かしくて新しい物語。

 「ママは大人を卒業します!」と突然の宣言。
 11歳の誕生日に突然大人になることを余儀なくされたハッチとマーロウ。お料理ってどうやって作るの?お洋服、何を着ればいいの?双子に個性って必要?私たちのパパって、誰なの・・・・?少しずつ目覚めるふたりの自我と葛藤。
おちゃめでかわいい双子の日常が愛おしく過ぎていく。

 結末に知るママの思いと双子の小さな約束に心揺さぶられる。

 かつて子供だった大人へ、これから大人になる子供達へ贈りたい、感動の物語誕生。全編を飾るイラストは、大人気イラストレーター・田村セツコさん

                      (小学館HPより)





表題の絵からして、ハッチとマーロウって外国人かと思った^^;


双子の姉妹で、埜乃下千晴(ハッチ)と鞠絵(マーロウ)でした。
小学校高学年。
東京から母親と3人で長野にお引越し。

近くにママの弟のお嫁さん(かおる)の実家があり
その両親が何かと手助けしてくれている。

ふと、父親は?と最初から疑問だったけど、姉妹が生まれた時から不在の様子。
母親は、ミステリー小説家で、突如「ママ卒業」宣言をしちゃう。
そして家事一切を姉妹がすることに。
そんな状況でも文句を言わずに受け入れる姉妹が素直で健気。

転校した学校での友達1号は、英梨・・・以後エリー。
最初は、些細なことから喧嘩しちゃうけど、すぐに仲直りして親友に。


小学生の日常あれこれが綴られ、なんだか懐かしい気持ちにもさせてくれた。


男の子との喧嘩でかっとなり思わず長い髪を切っちゃうハッチ。
それを自宅が美容院で自分もカットなら出来るからと整えてくれた奈良くんは
女の子の恰好に憧れる男の子。

終盤、姉妹のお父さんも判明するけど、なるほど。。。。


ま、世の中、色々な家族の形態がありますからね。

双子っていいな~。
ずっとお互い助け合って行けそうだもんね。


これは児童書かな?と思って最後まで読んだけど、大人でもまあまあ楽しめた。

挿絵が可愛いのも◎!


                       ★★★
 
次のページ   ≫
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]