忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6



発行年月:2018年11月


 長谷眞32歳、通称ハセ、陰気な男。相棒の沖遼太郎、通称沖、30歳だけど可愛い。
コンビを組む二人は違法カジノで働いていたが失敗ばかり。今度は偽宝石売りでも騙した女に騙され無一文に。切羽詰まったハセは商店街にたむろする老人たちを見て閃いた。これからは、年寄りだ。
話題作『みちづれはいても、ひとり』に続く、心揺さぶる書き下ろし長編。

                   (光文社HPより)



長谷と沖。

2人のコンビは最高に愉快。

人を騙してお金を儲ける。
そんな生活を借金のために続ける2人。
でも、うまく行かず・・・・老人を騙そうと計画を企てる二人。


老人たちに近づく動機は、犯罪だけど、二人のどこか人をホッとさせる雰囲気は
老人たちには大切な存在になっていくという展開。

沖の母親もターゲットにする二人だけど、母親が認知症と知ると
病院に付き添ったりして、なかなかの孝行ぶり。


そして、二人は気づく。
詐欺師よりもっと自分たちには別の生き方があると。


心温まる話でした♪

表紙の絵は長谷だけど、その後ろは沖でこちらも涙ぐんでいる。
なんともかわいい^m^




                         ★★★
PR



発行年月:2019年3月

『君の膵臓をたべたい』の住野よる史上
いちばんキュートな主人公、登場!

「朝寝坊、チーズ蒸しパン、そして本。
好きなものがたくさんあるから、毎日はきっと楽しい」

図書館勤務の20代女子、麦本三歩の
なにげなく愛おしい日々を描いた傑作日常小説。

                    (幻冬舎HPより)



なんとも変わった子ですね^^;
でも、嫌いじゃないです。
職場に居たら、面白そうだし可愛がれるかんじ^m^


全くの天然というのとは違う。
ある程度、自分でキャラを作っているのはちょっと打算的で
もしかしたら、大嫌いと言われてしまうタイプかも。


職場の3人の先輩たちは、そんな三歩をそれぞれ違う接し方だけど
理解して接している気がする。

三歩が仕事を仮病を使ってさぼったことを知った、おかしな先輩との
三歩の会話が面白かった。


優しい先輩はいつも優しいから、逆に三歩のことには大して興味ないかもだけど
怖い先輩は、案外、三歩のことよく見ているんじゃないかな?

三歩にとって、この職場は恵まれている環境だと思う。



住野さん、今度はどんな話、書いてくれるかなぁ~。



                         ★★★



発行年月:2018年12月


直木賞受賞第一作!
すれ違う大人の恋愛を繊細に描く、全六篇の作品集。

「あなたは知らない」……私を「きちんと」愛してくれる婚約者が帰ってくる前に、浅野さんと無理やり身体を離して自宅までタクシーでとばす夜明け。ただひたすらに「この人」が欲しいなんて、これまでの人生で経験したことがない。

「俺だけが知らない」……月に一、二回会う関係の瞳さんは、家に男の人がいる。絶対に俺を傷つけない、優しく笑うだけの彼女を前にすると、女の人はどれくらい浮気相手に優しいものなのか、思考がとまる。

同じ部屋で同じ時を過ごしていながら、絶望的なまでに違う二人の心をそれぞれの視点から描いた1対の作品。他の収録作品に「足跡」「蛇猫奇譚」「氷の夜に」「あなたの愛人の名前は」など。

                   (集英社HPより)




短編集だけど、連作になっているものもあり、面白かった。


最初の話<足跡>は、大好きな人と結婚しているのに興味本位で友達が
紹介してくれた治療院を訪れ、その後も通う妻に嫌悪感を抱く。
ま、正しい判断で引き返したのは良かったけど・・・

次ぎの話は飼い猫であるチータ目線の物語<蛇猫奇譚>。
怖いことになるのか?と思ったら、穏便に終わってホッとする。

次ぎの<あなたはしらない>と<僕だけが知らない>は
婚約者がいる女性とバーで知り合った男性との危い関係。
知り合ったのが結婚前で良かった!


<氷の夜に>と<あなたの愛人の名前は>も連作。
幼いときのトラウマから男性(特に手)が怖い絵未。
雨の日、時間潰して入るバーのマスター・黒田と出会って男性に対する
恐怖が消える。
最後の話は絵未の親友が語るものだけど、そこで絵未と黒田の付き合いは
進展していっているんだとわかり微笑ましく思う。


全体的に、ああ、良かったねと思えるラストばかりで読後感がいい。
面白かった!



                        ★★★



発行年月:2019年1月


 夫を熊谷に残し、札幌へ単身赴任した沙和子。二人は次第にすれ違い、離別へと向かったが、新たに仕切り直した生活は、二人を思わぬ場所に導いて――新たな夫婦像を描く傑作長編。

                     (河出書房新社HPより)




大学時代の友人関係だった夫婦。
高之と沙和子。

沙和子はキャリアウーマンで単身赴任で北海道へ。
実家の両親と暮らす夫の高之の生活はそのまま。


離れて暮らすことで、少しずつ変わってゆく気持ち。

婚姻を続ける理由がないと言いだすのは、夫の高之。
中等度の鬱と診断され、治療中の高之だけど、少しずつ外に出て行動する
ことも出来るようになって来て一人でやっていく自信が出て来たのかな?

夫婦の12年間を追う形の物語で、時が経ち、二人の生活が変わって行く
様子がわかる。

離婚しちゃうんだけど、別れてもふとした瞬間に相手のことを思い出す。
どうしているかな?とも思う。

そして、再会。


夫婦じゃなくなっても、こんな風に会えば自然体で楽しく会話できる
関係って良いなと思う。
2人は夫婦じゃなけど、お互いを必要としているかんじ。

一緒にいなくても、こんな相手がいたら、前を向いて生きられそう。


双極性障害の既往がある著者ならではの、鬱の人の思考。
なかなか興味深かった。


素敵な物語だったと思う。


                         ★★★★



発行年月:2018年11月

大坂堂島の紙問屋・嶋屋を営んでいた秋成は、町一帯を襲った火事によって店を失い幼なじみの雨月が結ぶ香具波志庵に居候することに。ところがその雨月、飄々とした性格ながら妖しを引き寄せる体質で、しだいに彼らの周りには、憎まれ口をたたく兎やら、成仏できぬ人の怨念やらが溢れ出す。さらにその先で待ち受けていたのは、世界の成り立ちを根本から変える驚くべき真実だった―江戸怪異譚の傑作『雨月物語』に大胆な現代的解釈を試みた、珠玉の連作短篇集。

                   (中央公論新社HPより)



雨月、秋成、遊戯・・・・二人と1匹の会話が愉快。

江戸時代の人々の暮らしのなかで起きる怪奇なこと。
登場する人物が、実は亡くなっているということが物語のなかでは
よくあり、誰かが登場するたびに「このひとも実は・・・・・」と
考えるようになってしまう^^;



物語は短編連作の形で進むけれど、最後に「ああ、やっぱり」と
納得の真実。



この物語のなかの上田秋成が書いた<雨月物語>を参考に西條さんが書いた物語が本書。

雨月を想う秋成の気持ちが、なんとも切ないけれど温かいものも感じる
終盤の遊戯とのやり取りが特にいい。


素敵な怪奇集だった!


表紙の絵もステキだなぁ~。



                      ★★★★★

次のページ   ≫
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
3
5 6 8 10
12 13 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]