忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6



発行年月:2017年6月


 特別じゃないわたしたちの、特別な日常 『ナラタージュ』『Red』の著者が描く、新たな恋愛小説。 「どこへ行きましょうか」 「どこへ行くか」 30歳の私は、あの日、夕方の春の海辺で、どこへ行けるか分からない恋を始めた。限られた時間の中にいる男女の行く末を描いた、渾身の恋愛小説。 年上のエンジニア・椎名さんと仕事先で出会った知世。美味しいものを一緒に食べる関係から、少しずつ距離が近くなっていったある日、椎名さんは衝撃の告白をするが……。

                   (幻冬舎HPより)




表題、変わってるな・・。

と思ったけれど、読み終えたら、これはピッタリな表題で
なんだかジ~ンと来るタイトルだなと思った。


主人公の30歳の知世は、バツイチで結構年上のパソコンエンジニア・椎名と出会う。
最初の方で知らされる彼の病気はHIV。

もっと若くて知り合ったなら成立しなかった恋愛かもね。
椎名が感染した経緯がよくわからなかったけど、誠意ある対応には
最初から好感が持てて、なんとかうまくいくといいなぁ~と思いながら
読んでいた。


知世と椎名の恋愛話だけでなく、知世の友人や、妹の話も良かった。

あまり仲が良くなかった妹との関係も少し変わっていくラストも
今後の知世と椎名の未来が明るいことを予測させてくれて
読後感もスッキリ♪


色々な問題があっても、乗り越えていけると確信できる人となら
幸せになれるんだろうな。



                          ★★★★
PR



発行年月:2017年7月

猫好きで鳴る人気作家7人が集結。
猫の小説7編を収録する文庫オリジナルのアンソロジー登場!
巻末には「猫小説オールタイム・ベスト」紹介も。

【収録作品】
「マロンの話」湊かなえ
「エア・キャット」有栖川有栖
「泣く猫」柚月裕子
「『100万回生きたねこ』は絶望の書か」北村薫
「凶暴な気分」井上荒野
「黒い白猫」東山彰良
「三べんまわってニャンと鳴く」加納朋子

「猫と本を巡る旅 オールタイム猫小説傑作選」澤田瞳子

                     (文春文庫HPより)



猫好きなので、期待が大きすぎたかな?
面白くないわけじゃないけど・・・・。


最初の湊さんのお話は、エッセイぽい。
いつものイヤミステイストじゃない、ほんわかした感じでした。

お話として感動したのは、柚月さんの<泣く猫>。
これはジ~ンと来た。

17年間会っていなかった母親の死を警察からの連絡で知る真紀(35歳)。
母親の住んでいたアパートを訪ねると、どこからか猫が来る。
唯一の弔問客である女性の話では母親が可愛がっていた野良猫だとか。

ネグレクトで施設育ちの真紀にとって母親は自分にとっては恨みの対象だったけど
懐いてくる野良猫は全てマキと呼んで可愛がっていたということを聞き
涙を流す真紀。


巻末の猫小説傑作集は、読んでいない本も多く
小池真理子さんの<柩の中の猫>は、読んでみたいと思った。



                        ★★★
 



発行年月:2007年1月


大人になりそこねた男と女は、
名作に導かれて、世にも真摯な三文小説を織り上げる。

いつか死ぬのは知っていた。けれど、死ぬまで生きているのだ。
ささやかな日々の積み重ねが、こすりあわされて灯りをともし、
その人の生涯を照らす。
そして、照り返しで死を確認した時、満ち足りた気持ちで、
生に飽きることが出来る。
私は、死を思いながら、死ぬまで生きて行く、今わの際に、
御馳走さま、とひと言、呟くために

                  (本の帯文より/幻冬舎)



42歳の栄と慈雨。

栄は離婚歴有、子ども離れているがいる。
予備校の国語教師。

慈雨は、両親と暮らし同じ家の下には兄家族(姪が二人)。
花屋を営む。


42歳で知り合い3年が過ぎた二人。
でも、二人の会話は、なんだか可愛い。

この年齢で、こんな会話が出来る男女って素敵だな~と思ってしまった。


能天気な二人だけど、栄には、結構、重たい過去があった。
でもちゃんと社会に関わって自立した生活をしているし
慈雨と出会って、その生活もなんだか明るいものになったかんじ。

二人はお似合いだし、このままの雰囲気で関係が続いたらいいなぁ~。


姪っ子の衣久子と栄の息子・久助の関係もちょっと良い。


色々な小説の1節が時々、書かれているけれど、どれも分からなくて
巻末の解説を観て、ああ、どれも作品名と作者は知っているのになぁ~と
思った。
名作と言われている作品をあまり読んでいないんだな・・・と反省^^;



                         ★★★★



発行年月:2017年5月
             

“どんでん返しの帝王”が放つ、社会派医療ミステリ!

「死ぬ権利を与えてくれ」・・・・・・命の尊厳とは何か。安楽死の是非とは。警視庁にひとりの少年から「 「死ぬ権利を与えてくれ」・・・・・・
命の尊厳とは何か。安楽死の是非とは。

警視庁にひとりの少年から「悪いお医者さんがうちに来てお父さんを殺した」との通報が入る。当初はいたずら電話かと思われたが、捜査一課の高千穂明日香は少年の声からその真剣さを感じ取り、犬養隼人刑事とともに少年の自宅を訪ねる。すると、少年の父親の通夜が行われていた。少年に事情を聞くと、見知らぬ医者と思われる男がやってきて父親に注射を打ったという。日本では認められていない安楽死を請け負う医師の存在が浮上するが、少年の母親はそれを断固否定した。次第に少年と母親の発言の食い違いが明らかになる。そんななか、同じような第二の事件が起こる――。

 
                     (角川書店HPより)



犬養隼人が登場するけど、今回は、犯人のドクター・デスの存在が大きく
影が薄かったかな?


ドクター・デス・・・・依頼を受けると20万円で安楽死を請け負う。


病気で治る見込みがなく苦しむ家族を早く苦痛から解放してあげたいと願うことは
普通の感情。
でも、だからといってどうすることも出来ない。
治療は医師や病院スタッフに任せるしかないのだから見守るしかない。


そんなとき、楽に死なせてあげられる方法があったら・・・・・。
しかも20万円を支払えば成し遂げられるという。

誰も不幸にしないむしろ感謝される行為。
しかし、違法であるから犯罪。


次々起きる安楽死事件。
ドクター・デスの正体を追う犬養と高千穂コンビ。

犬養は病気療養中の娘を囮にする交渉まで考える。


ドクター・デスの正体がわかり、その経歴を知った時、納得。
そういう経歴だったのか~。


日本では違法かもしれないけれど、欧米では一部認められている安楽死。
そろそろ日本の法も少し考えるべきかも。


こういう小説によって、個人が先ず考えることが必要かも。



                             ★★★



発行年月:2017年6月


 本書は著者初の完全独立短編集です。江戸時代の江戸を舞台に、この時代をこよなく愛する著者が描き出す、喜怒哀楽にあふれた庶民の物語。
その日暮らしの気楽さ、商売のさまざま、歌舞伎の流儀、祭の熱気、男女の仲……。
生き生きとした暮らしの賑やかさ、大都会だった江戸の町の日常の騒ぎを、実力折り紙付き、今もっとも新作が待たれる時代小説家が、興趣豊かに綴ります。

                     (講談社HPより)





朝井さんの時代小説は今まで読んでいたので短編集も期待大でした!

そして、やはり面白い。
江戸の色々な庶民の暮らしが目に浮かぶようで楽しかった。
お話としては、切ないものもあったけど。



最初の話<ぞっこん>は、筆が語る、ある看板描きの男の話。
語りが人じゃなくて筆というのも面白かった。

表題作の<福袋>は愉快な話。
離縁された姉の話。
離縁の理由は、大喰いだからという姉。
そんな姉が賞金稼ぎの大喰い大会に出場し・・・・

賞金は入ったけれど、佐平の企みは失敗に終わるというオチ。
なんだか、お疲れ様な佐平が、少し気の毒かな~?


一番好きだったのは<晴れ湯>
松乃湯の一人娘・お晴(10歳)が大奮闘。
遊んでばかりの父親が最後は働くようになって、めでたしめでたし。


今の時代にはない、風情ある場面描写がいろいろ。
楽しかった♪


                        ★★★★★

次のページ   ≫
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8
10 11 13 14 15
18 19 20 21 23
24 26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]