忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10



発行年月:2017年10月


 誰も知らない、ゴッホの真実。 天才画家フィンセント・ファン・ゴッホと、商才溢れる日本人画商・林忠正。 二人の出会いが、〈世界を変える一枚〉を生んだ。 1886年、栄華を極めたパリの美術界に、流暢なフランス語で浮世絵を売りさばく一人の日本人がいた。彼の名は、林忠正。その頃、売れない画家のフィンセント・ファン・ゴッホは、放浪の末、パリにいる画商の弟・テオの家に転がり込んでいた。兄の才能を信じ献身的に支え続けるテオ。そんな二人の前に忠正が現れ、大きく運命が動き出すーー。『楽園のカンヴァス』『暗幕のゲルニカ』の著者による アート小説の最高傑作、誕生!

                  (幻冬舎HPより)



ゴッホの話。
彼の作品が世に出るまで、こんなドラマがあったのか?
どこまでがフィクションなんだろう?

日本人の林忠正は、画商として実在した人物であろうけど、その弟子のような
存在の加納重吉は、フィクションかな?
でも重吉の存在は、この物語のなかでは重要な人物だった。

ゴッホを支える弟のよき理解者として存在していた。

ゴッホの作品が世に出たのには、弟の存在なくしてはあり得なかったかも。

ラストは、なんだか泣けた。
弟が、どれだけ兄・ゴッホのために尽くしたのか考えたら・・・。


表題の「たゆたえども沈まず」は、パリ市の標語だそう。





良い言葉だな。

ゴッホと日本美術の関わりは、なんだか日本人としては嬉しい話。


近く、ゴッホの映画も公開される予定。
そちらも楽しみ(^^)


                      ★★★★★
PR



発行年月:2017年10月


 結婚はしているけれど、子供はいない。しかも夫と別居中で、ちょっと前まで契約社員で今は職を探している弓子39歳。
男とすぐに付き合ってしまうけれど、二股をかけない、既婚者とは関係を持たない、というルールがある、独身で休職中の楓41歳。
ひょんなことから弓子の逃げた夫を探しに島へと渡る、不惑女二人の旅路。

                   (光文社HPより)



夫と別居中の弓子(39歳)。
勤めていた会社を辞めた独身の楓(41歳)。

同じアパートの隣同士で暮らし親しくなった二人が、夫がいるかもしれないという
(似た人を見かけたと義母・光恵が島の人から聞いた)島へ向かう。

弓子と楓の関係がなんだかいい。
お互い言いたいことを言えて、一緒にいて楽そうな関係。


夫が以前住んでいた島。そこで夫のハトコ・シズの持家に暫く滞在。
シズは、離婚して5歳の息子・尚太と島に戻って来た。
弓子の夫・宏基のことが幼い頃から好きだったという。
そして今も。

シズがなんとなく嫌なかんじの人だったけど、幼い子どもを抱えて大変な
暮らしだろうから・・・・と考えると仕方ないのかな?
弓子は、シズにとっては憧れの宏基の妻という妬みの対象でもあるわけで。。。

島の暮らしは、なんだかいいかんじ。
ミガワリサマつくりに関わる弓子は、島の人たちと親しくなったし
楓も島の住民と違う関わりを持って、もしかして、ここに移住しちゃう?
なんて一瞬思ったけれど。。。。


最後に弓子が下した決断は、潔かったな~。
うん、きっとそれがいい。

この先、別の幸せが弓子にはあると思う。

精神的に自立して、ひとりになると覚悟を決めた弓子、がんばれ!


いい小説だったな。



                      ★★★★




発行年月:2017年7月


 金髪ピアスでろくに高校も行かずふらふらしている俺が、先輩の小さな子どもの面倒をみる羽目になった。泣きわめかれたり、ご飯を食べなかったり、最初は振り回されっぱなしだったけど、いつしか今まで知らなかった感覚が俺の心を揺り動かしていた――。16歳の思いがけない奮闘を描いた、感涙必至の新しい青春小説。

                    (新潮社HPより)



16歳の大田君が先輩に頼まれ、1歳10か月の鈴香ちゃんを昼間だけ預かることに。
ちょっと綺麗に事が運びすぎるかんじだけど、大田君よく頑張った
泣き続ける子を相手にした最初の2日間は、しんどかったと思うけどね。
実際、子どもの面倒を見たことがない16歳の男子には無理なことだと
思うけど。


茶髪でピアスしている高校生・・・普通なら避けられて当然でも鈴香ちゃんと
公園に行き、そこで知り合った子連れのお母さんたちは、何の偏見も持たずに
同じ子どもを遊ばせるために公園に来たということで会話して
次第に親しくなっていく。
それがよかったなぁ~。

人は見た目で先ずは判断されちゃうことが多いけど、大田君の優しさを
理解してくれる人に出会えて本当によかった。
そこの公園デビューでつまずいたらこの話はうまく進まないだろうけどね^^;。


子ども相手に、大変だけど、そんななかでも自分なりに工夫したりして
鈴香ちゃんのことを考えて行動する大田君は本当に良い子だと思った。


中学時代の陸上の顧問だった上原先生もいい。
大田君のこと、ちゃんとわかってる。

高校の吹奏楽部の和音との関係も良い感じだったし、これからの高校生活も
充実したらいいのになぁ~。

大田君の今後の話も読めたらいいな。



「あと少し、もう少し」で駅伝大会で2区を走ったのが大田君だったんだ~

上原先生もいたいた!
自分の記事、辿ったら少し思い出した!
再読してみようかな?
 
 
                        ★★★



発行年月:2017年6月

デートの途中、突然時が止まった。動かない街に現れたのは、「神」と名乗る二人の男。ペラペラまくしたてる二人に肩を叩かれ戻った世界は、あれ、何かが違う……? 万城目ワールド、ここにあり! アヤしげな「神様」に願いを託し、叶えられたり振り回されたりする人たちの、わちゃわちゃ神頼みエンターテインメント。

                       (新潮社HPより)




神様が主人公って・・・^m^


4つの章に分かれて、それぞれのターゲットにした人間の願いを叶えるため奮闘。
神様も案外大変ですね~。

<はじめの一歩>
付き合って5年のカップルをなんとかうまく一歩進ませようとする神様。

<当たり屋>
26歳の当り屋の男。
「膝の痛みをどうにかしてほしい」と神社に神頼み。
「当りにあたるべし」の言霊を打ち込む。

<トシ&シュン>
俊と書いてシュン。
瞬と書いてシュン。
のカップル、俊は男性、瞬は女性。
それぞれには夢がある。
夢を成就するべきか、恋を成就するべきか、悩める二人。

<パーマネント神喜劇>
小学校3年生の美琴。
大きな地震を体験し、今も余震が続く町に住む。
冬休みは離れた場所のおばあちゃんの家で過ごす。
そこの神社で「地震を終わらせてください」とお願いする。


それぞれの願いを神様は何とか叶えてあげたいと、あれこれ考える。
実に人間味ある神様。
喋り方も普通のおじさんみたいだし・・・。


でも、なんだか読んでいるとほっこりする感じで良かった。

その神様の様子を取材の目的で同行する男とのやり取りも可笑しい。

万城目さんの過去作品もちらほら出てきてファンには嬉しい。


                         ★★★
 



発行年月:2017年8月

温かい気持ちになったあとに、思わず涙があふれてしまう。――風格のある原宿の洋館はGHQの接収住宅でもあった。そこに小さな女の子はなぜ出没するのか? 戦時中、「踏めよ 殖やせよ」と大活躍し焼夷弾をあびながらも生き延びたミシンの数奇な運命とは? 少しぼけた仙太郎おじいちゃんが繰り返す、「リョーユー」という言葉の真意は孫娘に届くのか? おさるのジョージの作者たちは難民キャンプで何をしていたのか? やわらかいユーモアと時代の底をよみとるセンスで、7つの幽霊を現代に蘇生させる連作集。

目次
第一話 原宿の家/第二話 ミシンの履歴/第三話 きららの紙飛行機/第四話 亡霊たち/第五話 キャンプ/第六話 廃墟/ 第七話 ゴーストライター

                       (毎日新聞出版HPより)



7つの短編集。
どの話も良かった。
少し懐かしい気持ちにもなれる。
戦争が絡んだ話が多かったかな?

少し寂しいような、それでも温かいものも感じるような話が多い。

二話目の<ミシンの履歴>は、主人公がミシン。

昔、実家にもあったシンガーの足踏みミシン。
ここにも戦争が・・・。
ミシンも焼夷弾の被害に遭うけれど、なんとかその後も活躍。

こういう話を読むと、いろいろな歴史を見て来た道具たちには、色々な人の
思いが宿っていそうだと思う。


印象深く一番好きなのが最後の<ゴーストライター>
編集者に就職した工藤てるみ。
ゴーストライターの仕事をするにあたっての心構えを日々学ぶ。

ゴーストライターって、ちょっとマイナスのイメージだったけど、
ここでのそれはちょっと違った。

言葉を持てないひとたち(ゴースト)の代弁者として、
その人が聞いて欲しいこと(伝えたいこと)を言葉にして伝える。
それがライターとして必要なこと。


中島さんが作家として書きたいこと、まだまだ沢山、あるってことですね。
やはり、素敵な作家さんだなぁ~。



                       ★★★★★
 
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
5 7 8 9
11 12 14 15 16
18 20 21 22 24
25 26 27 28
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]