忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9



発行年月:2017年5月
             

“どんでん返しの帝王”が放つ、社会派医療ミステリ!

「死ぬ権利を与えてくれ」・・・・・・命の尊厳とは何か。安楽死の是非とは。警視庁にひとりの少年から「 「死ぬ権利を与えてくれ」・・・・・・
命の尊厳とは何か。安楽死の是非とは。

警視庁にひとりの少年から「悪いお医者さんがうちに来てお父さんを殺した」との通報が入る。当初はいたずら電話かと思われたが、捜査一課の高千穂明日香は少年の声からその真剣さを感じ取り、犬養隼人刑事とともに少年の自宅を訪ねる。すると、少年の父親の通夜が行われていた。少年に事情を聞くと、見知らぬ医者と思われる男がやってきて父親に注射を打ったという。日本では認められていない安楽死を請け負う医師の存在が浮上するが、少年の母親はそれを断固否定した。次第に少年と母親の発言の食い違いが明らかになる。そんななか、同じような第二の事件が起こる――。

 
                     (角川書店HPより)



犬養隼人が登場するけど、今回は、犯人のドクター・デスの存在が大きく
影が薄かったかな?


ドクター・デス・・・・依頼を受けると20万円で安楽死を請け負う。


病気で治る見込みがなく苦しむ家族を早く苦痛から解放してあげたいと願うことは
普通の感情。
でも、だからといってどうすることも出来ない。
治療は医師や病院スタッフに任せるしかないのだから見守るしかない。


そんなとき、楽に死なせてあげられる方法があったら・・・・・。
しかも20万円を支払えば成し遂げられるという。

誰も不幸にしないむしろ感謝される行為。
しかし、違法であるから犯罪。


次々起きる安楽死事件。
ドクター・デスの正体を追う犬養と高千穂コンビ。

犬養は病気療養中の娘を囮にする交渉まで考える。


ドクター・デスの正体がわかり、その経歴を知った時、納得。
そういう経歴だったのか~。


日本では違法かもしれないけれど、欧米では一部認められている安楽死。
そろそろ日本の法も少し考えるべきかも。


こういう小説によって、個人が先ず考えることが必要かも。



                             ★★★
PR



発行年月:2017年6月


 本書は著者初の完全独立短編集です。江戸時代の江戸を舞台に、この時代をこよなく愛する著者が描き出す、喜怒哀楽にあふれた庶民の物語。
その日暮らしの気楽さ、商売のさまざま、歌舞伎の流儀、祭の熱気、男女の仲……。
生き生きとした暮らしの賑やかさ、大都会だった江戸の町の日常の騒ぎを、実力折り紙付き、今もっとも新作が待たれる時代小説家が、興趣豊かに綴ります。

                     (講談社HPより)





朝井さんの時代小説は今まで読んでいたので短編集も期待大でした!

そして、やはり面白い。
江戸の色々な庶民の暮らしが目に浮かぶようで楽しかった。
お話としては、切ないものもあったけど。



最初の話<ぞっこん>は、筆が語る、ある看板描きの男の話。
語りが人じゃなくて筆というのも面白かった。

表題作の<福袋>は愉快な話。
離縁された姉の話。
離縁の理由は、大喰いだからという姉。
そんな姉が賞金稼ぎの大喰い大会に出場し・・・・

賞金は入ったけれど、佐平の企みは失敗に終わるというオチ。
なんだか、お疲れ様な佐平が、少し気の毒かな~?


一番好きだったのは<晴れ湯>
松乃湯の一人娘・お晴(10歳)が大奮闘。
遊んでばかりの父親が最後は働くようになって、めでたしめでたし。


今の時代にはない、風情ある場面描写がいろいろ。
楽しかった♪


                        ★★★★★




発行年月:2017年6月


 <生〉と〈死〉、〈記憶〉と〈記録〉をめぐる連作ミステリ!
【あなたの死後、不要となるデータを削除いたします。】罪の証。不貞の写真。隠し続けた真実。『dele 【あなたの死後、不要となるデータを削除いたします。】

罪の証。不貞の写真。隠し続けた真実。
『dele.LIFE』で働く圭司と祐太郎の仕事は、秘密のデータを消すだけ――のはずだった。

あなたの記憶に刻まれる、〈生〉と〈死〉、〈記憶〉と〈記録〉をめぐる連作ミステリ!



『dele.LIFE(ディーリー・ドット・ライフ)』。
真柴祐太郎がその殺風景な事務所に足を踏み入れたのは、三ヶ月ほど前のことだった。

所長であり唯一の所員でもある坂上圭司いわく、
「死後、誰にも見られたくないデータを、その人に代わってデジタルデバイスから削除(delete)する。それがうちの仕事だ」。
誰かが死ぬと、この事務所の仕事が始まるのだ。

新入りの祐太郎が足を使って裏を取り、所長の圭司がデータを遠隔操作で削除する。
淡々と依頼を遂行する圭司のスタンスに対し、祐太郎はどこか疑問を感じていた。

詐欺の証拠、異性の写真、隠し金――。
依頼人の秘密のファイルを覗いてしまった二人は、次々と事件に巻き込まれる。

この世を去った者の〈記録〉と、遺された者の〈記憶〉。
そこに秘められた謎と真相、込められた切なる想いとは。


『MISSING』『MOMENT』『WILL』などで「生」と「死」に直面した人々を描いてきた著者が、
今だからこそ書き得た新たな代表作。

≪dele=ディーリー。校正用語で「削除」の意。≫



                        (角川書店HPより)



5つの短編連作集。


依頼人から削除要請のあったデータを削除する仕事をする会社<dele・ LIF>。
所長の坂上圭司の経営するその会社に3か月前に入社した真柴祐太郎。

会社の入っているビルは、坂上の両親から遺されたもので、同じビル内には
坂上の姉・舞の坂上法律事務所がある。
そして、坂上は車いす生活。
よって依頼者の身辺調査は、殆ど、祐太郎の仕事。


5つの話、それぞれの依頼者からの本当の依頼目的を探る二人。

今の時代、確かに死んだあと、残されるデータの処分方法は考えておかないと
いけないことだろうなぁ~。
そのまま残って差支えないものばかりではないだろうし・・・。


依頼人の削除して欲しいというそのことだけを忠実に守ろうとする圭司と
中身をみて遺族に必要なことなら伝えるべきでは?と考える祐太郎の
意見のぶつかり合いは、読み手としても悩みどころで、どちらが正しいのか?
と思ってしまった。

5つの話のなかで一番、印象に残ったのは
<ドールズ・ドリーム>かな?
癌末期で療養中の妻が自分の死後、削除するように頼んでいたデータ。
夫は、自分の浮気を疑う妻が何らかの証拠を掴んでいたのでは?と考える。
けれど、それは自分の娘を想った母親の気遣いだったという話。


最後まで疑問だったのは、圭司はどうして車イス生活になって、なんで
この仕事を始めたのか?ということ。

これは、続編ありで、そちらでその辺のことも出てくるのかなぁ~?

所長の圭司自身の物語がちょっと読みたいなと思った。


                         ★★★



発行年月:2016年11月

この恋の行方は天国か地獄か

真冬に集う男女8人の運命は? 
あの東野圭吾が“恋愛”という永遠のミステリーに真っ向から挑む。
衝撃の結末から目を逸らすな!
 
                   (実業之日本社HPより)




久しぶりの東野作品は、軽い恋バナでした。

スノボを楽しむ男女8人の恋物語。

ネタバレ満載なので、未読の人は読まないで~。


<ゴンドラ>
同棲中の美雪がいるのに、合コンで知り合った桃実を誘い泊まりで黒沢温泉
スキー場にスノボをするためにきた広太だったが、なんとそこに美雪が・・・。


<リフト>
同じホテルに勤務する同僚同士でスノボ旅行。
プレイボーイの水城は秋葉と恋人同士。
不器用な日田は、天然な麻穂に好意を寄せて告白を目論むが、なんと同行の月村と
結婚予定だと知る。


<ポロポーズ大作戦>
失恋から立ち直った日田。
次に告白したい女性・美雪にどうしたらいいかと水城に相談。
水城が作戦を練り決行する途中・・・・美雪の元カレ・広太が登場し
プロポーズ。
またもや失恋の日田。

<ゲレコン>
広太とはやり直すことにしたと美雪から知らされ、ゲレコンのパンフレットを
貰い、親友の弥生と参加することにした桃実。
そこで出会った水城と日田。
ゲレンデではダサかった日田が後日、ホテルマンとして働く姿を見て
好感度がグッと上がる桃実。

<スキー一家>
麻穂の両親とのスキー旅行参加の月村。
スノボは得意だけどスキーは苦手。
麻穂の父親はスノボが大嫌いでスノボに対する偏見が凄い。
そんな考えを変える出来事を演出。

<プロポーズ大作戦 リベンジ>
ゲレコンで知り合った日田、水城  弥生、桃実が再会。
水城は、日田と桃実をカップルにする作戦決行させるための旅行の筈が
実は日田が仕組んだ水城に秋葉にプロポーズさせる作戦だった。

<ゴンドラ リプレイ>
月村夫妻、水城と秋葉、日田のスノボ旅行に誘われた桃実。
日田に対する気持ちを確かめるために参加。
不器用な日田の操縦方法のヒントを掴んだ桃実だったが・・・・
なんと広太と美雪夫婦が現れて・・・・・



ああ、また日田の幸せが逃げていく~~(;O;)。
一番、誠実で良い人なのに・・・・気の毒過ぎる。


サクサク読めて面白かった。
スノボは興味ないけれど、楽しめた。




                        ★★★




発行年月:2017年6月

高校3年生の千紗は、横浜のタウン誌「ハマペコ」編集部でアルバイト中。
初恋の相手、善正と働きたかったからだ。用事で元町の洋装店へ行った千紗は、
そこのマダムが以前あった元町百段をよく利用していたと聞く。
けれども善正によると元町百段は、マダムが生まれる前に崩壊したという。
マダムは幻を見ていた? それともわざと嘘をついた? 
「元町ロンリネス」「山手ラビリンス」など珠玉の連作短編集。

                     (講談社HPより)




<元町ロンリネス><山手ラビリンス><根岸メモリーズ>

<関内キング><馬車道セレナーデ>


タウン誌を作る仕事にバイトで関わる千砂を通して、ちょっとした謎の真相を
探る短編連作集。

どの話も面白かった。
少し前の時代の横浜の風景を想像させてくれる。


横浜には学生時代2年間住んでいたので、この本に出て来る地名の場所は
大抵わかり、なんだか懐かしかった。

土地勘のある人の方が、断然、面白く読めると思う。



                       ★★★
 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]