忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7



発行年月:2018年4月

祖母から母、そして娘へ。
悩める少女たちに伝えたい感動の命の物語。

41歳の夏、同窓会に誘われた遼子。その同窓会には、蔵のあるお屋敷に住むの憧れの少女・四葉が来るとい 41歳の夏、同窓会に誘われた遼子。その同窓会には、蔵のあるお屋敷に住むの憧れの少女・四葉が来るという。30年ぶりに会える四葉ちゃん。このタイミングで再会できるのは自分にとって大きな一歩になるはず――。
 小学校5年生のある夏。放課後、遼子と美音は四葉の家でよく遊ぶようになった。広大な敷地に庭園、隠居部屋や縁側、裏には祠、そして古い蔵。実は四葉の家は幽霊屋敷と噂されていた。最初は怖かったものの、徐々に三人は仲良くなり、ある日、四葉が好きだというおばあちゃんの歌を聞きに美音と遼子は遊びに行くと、御詠歌というどこまでも悲しげな音調だった。その調べは美音の封印していた亡くなった弟との過去を蘇らせた。四葉は、取り乱した美音の腕を取り蔵に導いて――。
少女たちは、それぞれが人に言えない闇を秘めていた。果たしてその心の傷は癒えるのか―。輝く少女たちの物語。

                      (角川書店HPより)



小学校時代の同窓会に出席する41歳の遼子。

仲良く遊んだ友達とのことを思い出す。

幼なじみの美音と共に、大きなお屋敷に住む四葉ちゃんの家に遊びにいく。
四葉ちゃんは91歳のひいおばあちゃん、おばあちゃん、おかあさんと女ばかりの
家で暮らしている。

ひいおばあちゃんの歌う、ご詠歌。
死者のことを歌った歌に幼く亡くなった弟・利央斗のことを思い出して
泣き出す美音。

そんな美音を慰め、四葉は蔵のなかに二人を誘う。
そこで、亡くなった利央斗に再会。
遼子も入院している祖母が元気だったころの姿に会う。


そんな思い出があって、大人になった四葉に会ったけど・・・
え?もうお終い?

小学校時代から大人になるまでの四葉の事が、もっと知れると思っていたので
ちょっと残念だったなぁ~。

もしかして、その辺りの話、また別の本で書いてくれるとか?


最後は残念だったけど、良いお話でした。


                       ★★★
 
PR



発行年月:2018年6月


 書き下ろし短編も!
本屋大賞受賞作『羊と鋼の森』の著者がおくる食エッセイ

「毎月一回食べもののことを書く。食べることと書くことが、拠りどころだった気がする。」(「まえがき」より)

月刊誌『ESSE』の人気連載が、待望の書籍化!
北海道のトムラウシに1年間移住したり、本屋大賞を受賞したり……。さまざまな変化があった6年半の月日を、「食」をとおして温かく描き出す。
ふっと笑えて、ちょっと泣けて、最後にはおなかが空く。やさしく背中を押してくれるエッセイ78編に、書き下ろし短編1編を収録。全編イラストつき

【内容紹介】
◆一章 つくること、食べること
「豆を煮る」、「泰然自若シチュウ」、「100%オレンジゼリー」、「お正月のカレー」、「ローガンと出汁」、「キノコ嫌い」、「楽譜とレシピ」、「塩鮭の注文」、「大雪のパンケーキ」ほか

◆二章 なんでもない日のごはんとおやつ
「最強ハンバーグ」、「スイカの種」、「おいしい朝ごはん」、「ミルクティーとスリッパ」、「山の中のお正月」、「ゆかりたん」、「餃子とアジフライ」、「お金持ちのサラダ」ほか

◆三章 思い出の食べもの
「君の名前」、「水ようかん」、「まぼろしのオムライス」、「おついたち」、「鹿まんじゅう」、「読書会のメニュウ」、「スープを煮込む」、「四月のかき氷」、「黄金色のジャム」ほか

◆短編 ウミガメのスープ
イラストの公募展で大賞を受賞した私。うれしいはずなのに、がんばらなきゃならないのに、心細くて怖いのはなぜ? お祝いすら心の重荷になるのはどうして?
「お姉ちゃん、一緒にお菓子を焼こうよ――」
ある日、家にやってきた妹と話すうち、私にとっての「描く」ことを取り戻していく。

                     (扶桑社HPより)



食べ物エッセイ。
ESSEで連載されていたそうで、なるほど・・・。

食べ物の話は楽しくていい。
宮下さんが家庭で作る料理は、バラエティに富んでいて本格的!

<フムス>という料理名は初めて知った!
中東で食べられている豆の料理だったんですね~。

ひよこ豆を茹でて練りごまとオリーブオイルで和えるとか。
体に良さそう!
近いうち、作ってみたいので、レシピを探しておこうφ(..)メモメモ。

表題の「ウミガメのスープ」は、映画にも出てくるとか。
「バベットの晩餐会」!
ああ、観たいと思って居た映画だ!!
これも近いうちにぜひ、観てみたい!!


読みながら忘れずおきたいことをメモしてました^m^


                         ★★★



発行年月:2018年5月


定年後の誤算。

一人の青年の出現で揺らぎはじめる夫婦の日常――。
「老いゆく者」の心境に迫る、著者の新境地!

趣味のクロスバイクを楽しみながら、 定年後の穏やかな日々を過ごす昌平とゆり子。ある日、昌平が交通事故で骨折し、 「家事手伝い」の青年・一樹が通うようになる。 息子のように頼もしく思っていたが、ゆり子は、家の中の異変に気づく......

                 (毎日新聞出版HPより)


表題から想像して、嫌な話かなぁ~?と予測。
まあ、ちょっと嫌な話だった。

ふとしたきっかけで知り合った青年・石川一樹(26歳)。
怪我で入院した昌平(72歳)のリハビリ通い&家事手伝いにと
一樹をアルバイトとして雇う。
そんなある日、ゆり子は、ふとした疑問を抱く。

大切にしていたブレスレットが無くなる。
置いたはずのところになく、何処を探しても見つからず、そのうち指輪も
紛失する。
そして昌平の時計も・・・・。


一樹は、真面目で良い青年という風ではない。
でも優しいところはあり、夫婦のことを嫌いなわけではない。
青年と老夫婦の関係も良い感じにみえる。

ただ悪い友達がいて、その言葉に一樹も従ってしまうのが、いかん!


でも、老夫婦は、正しい人たちだった。

結果、夫婦の絆は深まったみたいだし、この先の生活も二人で
それなりに楽しく送っていけそうで良かった。


もっと悪い展開になるかと、ドキドキしながら読んだけど
ホッとした気持ちで読み終えられて良かった。


                    ★★★




発行年月:2017年11月

第158回 直木賞ノミネート!

「友よ、最上のものを」
戦中の東京、雑誌づくりに夢と情熱を抱いて――

平成の老人施設でひとりまどろむ佐倉波津子に、
赤いリボンで結ばれた小さな箱が手渡された。
「乙女の友・昭和十三年 新年号附録 長谷川純司 作」。
そう印刷された可憐な箱は、70余年の歳月をかけて届けられたものだった――
戦前、戦中、戦後という激動の時代に、
情熱を胸に生きる波津子とそのまわりの人々を、
あたたかく、生き生きとした筆致で描く、著者の圧倒的飛躍作。

実業之日本社創業120周年記念作品
本作は、竹久夢二や中原淳一が活躍した少女雑誌「少女の友」(実業之日本社刊)の存在に、
著者が心を動かされたことから生まれました。

                    (実業之日本社HPより)




昭和12年から始まる物語。
主人公の佐倉波津子は16歳。
歌の勉強をしていたけれど、経済的事情からそれを止めて、働くことに。

勤務先は当時、人気のあった雑誌「乙女の友」の編集部。
主筆の有賀憲一郎付の給仕・小間使いとして。

絵を担当していた長谷川純司や有賀のいとこ・史絵里などと共に
次第に雑誌づくりにも関わるようになっていく。

雑誌を作る様子が大変そうだけど、なんだか楽しそう。
人間関係もよく良いチームという感じ。

けれど、時代は次第に戦争へ。

なんだか、途中からNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」を思い出した。

戦争さえなければ、仲間として雑誌づくりを続けていけた人たちが
バラバラになりその後の消息さえわからなくなる。
なんとも辛い時代。

物語は、波津子が年老いて、施設にいて昔を思い出す形式。
そこに度々、訪ねてくる人あり。

最後はその人と面会する波津子。


懐かしい人と繋がりのある、その青年の話を聞き、多少、当時の仲間の消息も
わかる。

新たな生きる意味を得た波津子。


良い物語でした♪



                      ★★★★
 




発行年月:2017年11月


 答えはいつもふたつある。

吉田篤弘が、京都の街を歩きながら
「本当にそうか?」と考えたこと。

ミシマ社創業十周年記念企画

この街で考えたことを、これまでに何冊かの本に書いてきた。ただ、それらのほとんどは小説だったので、物語のどの部分が京都で考えたことであるかは判らない。いまこうして書き始めたこの本は小説ではなく、京都で考えたことをありのままに書こうという本である。――本文より

                   (ミシマ社HPより)



吉田氏が考えたことを綴っただけの本。

それでも面白い。

東京に生まれて、東京に暮らす著者が、京都に行って、ブラブラ街を歩き
古書店や喫茶店に寄りながら、あれこれ考える様子が楽しい。

こんな風に京都の街を歩き廻りながら、多くの小説の元が生まれているのか?


掌編小説<スリンク>も良かった。

夕方になると動き出す機械。
50円を入れて覗き窓を見ると奥に見える、この世のどこかにあるような
懐かしいもの。

何処か懐かしい子ども時代を思い出すような話。


この後、マルヤマとイツキはどんな会話をしたんだろ?


すぐ読み終えてしまったけど、やはり独特の雰囲気で好きだ。


                       ★★★★

カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
2 3 6
8 10 11 13 14
16 17 18 19 20
23 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]