忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4



発行年月:2016年2月

ポンペイの遺跡、猫めいた老婦人、白い紙の舟…。不在の人物の輪郭、欠落した記憶の彼方から、おぼろげに浮かび上がる六つの物語。たくらみに満ちた短篇集

                  (文藝春秋HPより)




表紙の絵、何処かで見た事あるなぁ~と思いました。

グランマ・モーゼスの「プロポーズ」だそうです。

6編の話は、どれもちょっと不可解な部分があって、ちょっと睡魔が
襲って来てダラダラ読んでいたら、わけがわからなくなる^^;


<ポンペイのとなり>
年子の弟の同級生・湖とかいて<みなと>と読むから弟宛に届いた手紙。
それから子供時代の回想が始まる。

最初からちょっと油断すると「え?どうゆうこと?」と分からなくなり
焦りました^^;
読解力落ちた?と。
でも、この雰囲気は、6編の中では一番好きかも・・・^m^


表題作の<フランダースの帽子>も面白かった。
良く似た姉妹・ミナとカナ。
彼女たちのことを述べながら・・・それを語る者にも姉が居て
ラストはよく似た姉妹は姉妹じゃなかったというオチには笑った。

複雑に入り組んだ構成、凄いな。
そんな風に思わせる話の数々で、凄い思考力だわ~と感心した短編集でした。

ちょこっと読みにくかったけど、楽しませて貰いました♪


                       ★★★
 
PR



発行年月:2015年7月


 亡くなったあと、父の人生は知られざる横顔を見せ始めた・・・魅力あふれる文体で著者自身の一族のルーツをたどり、新境地を拓く傑作

                  (講談社HPより)



二部構成ですが、共通の流れがあります。

<冥途あり> <まるせい湯>の二編。


物語の中のわたしは、真帆と呼ばれていますが、話は著者自身のことですね。

父親の葬儀で、集まる親族たちの会話がユニーク。
過去の思い出話に自然と進み、昭和20年8月6日に広島に居た父やその家族たちの
様子。
そして、惨状のこと。

父親の話の次は、祖父や曾祖父のことまで時代を遡って親族たちの話は尽きず
初めて知る事実に驚いたり・・・。

双子の従弟の話がユニークで、成人して二人で骨董屋を営んでいるというのも面白い。
双子の従弟も兄も何やら美術に関しての造詣が深い人たちの様子。
父親が文字職人だったりとそういう血筋なんでしょうね。

著者の長野さんも確か美術関連の学校を卒業されていたような記憶だし・・・。

話のなかで、有名なユーハイムのバウムクーヘンを発売したユーハイム氏が
日本で初めてバウムクーヘンを焼いて発売した人というのが興味深かった。
ドイツ人の菓子職人で、第一次世界大戦で捕虜として日本に連れられてきたとか。
解放後も日本に残り、店を構えたということでした。


二番目の話<まるせい湯>は、銭湯の話。
悪童だった双子は、あちらこちらの銭湯で出入り禁止を言い渡されてしまったが
<まるせい湯>だけは「またおいで」と声を掛けてくれたと。

それを懐かしんで、もうかなり高齢になった女将に会いに行く話。
双子と主人公とその兄と兄の子どもたち(社会人の娘と大学生の息子)。

この話もユニークでした!


これを読んでいたら、葬儀とか法事で凄い久しぶりに会った従姉妹や伯母や叔父の
ことを思い出した。
こんな風に故人の昔話から、自分のルーツを知るのも楽しいだろうな~。
そして、それが故人の供養にもなりそうだし・・・。


前作がやや難解な話だったので、これは凄く読みやすくて
楽しい1冊でした♪


                       ★★★★★



発行年月:2015年7月


 その家とその本は、何を隠しているのか──?
猫の住む家に集う人々とカルト的人気の小説を
幾重にも取り巻く甘美な罠。謎に満ちた物語


                (大和書房HPより)




なんだか、著者に遊ばれたかんじ・・・^m^

でも、ファンなので許します(笑)。

双子の兄弟の話かとふつうに読んでいましたが・・・・
そういう単純な話じゃありませんでした。

読みながら、自分なりに登場人物の相関図を頭に描いていたのですが、
バッサリ切られる1行の文章に「えぇ~っ!?」と心のなかで叫びながら
続きを読み・・・じゃあこういう事?とある程度推理しながら
読んでいくと、再び、違うよ~と笑われちゃうかんじでした。


頭のなかが、グルグルしながらも、何となく、本当は・・・・・ってこと?
と不可解なまま読み終えた。

やはりもう1度読み返してみたほうが良さそう^^;


でも文章は、易しいので、読みやすいです♪


                         ★★★



発行年月:2003年4月


 逃げ出した小鳥のピッピ。迷い込んできた九官鳥のQちゃん。
冬じゅう詰め襟の袖口から濃緑色のセーターをのぞかせていた同級生の浦くん……。
記憶の宝石箱からとりだした“わたし”の物語。

                   (河出書房新社HPより)



3つのお話。
<小鳥の時間>
<子どもだっていろいろある>
<子どもは急に止まれない>

主人公は、マボちゃん。
4つ違いの妹リーちゃん

最初の話<小鳥の時間>では、マボちゃん13歳。
リーちゃん9歳。
妹が友だちからインコの雛・ピッピを貰って来て、大事に育てる話。
マボちゃんは学校の美術部に所属。
親友は、エツコとユカリ。3人のうちで一番家のなかが洒落ているユカリの
家で持ち寄ったお菓子を出す場面は、自分も同じような思い出あり懐かしく思う。
ライオネスコーヒーのキャンディ、日清のココナツビスケット

ピッピが逃げて行ってしまったのは残念でした。


<子どもだっていろいろある>は、小学校時代の思い出。
1年間のいろいろな行事を中心にその時々の思い出話。

遠足、運動会、クリスマスのおたのしみ会などなど。
マボちゃんの暮らしているのは、東京だからかな?
作法の時間なんて、ハイカラな行事が小学生であるんだぁ~と驚いたけど
そこで、本当はやったらダメな食べ方だけど、ついやりたくなる食べ方というのには
うんうん、やったなぁ~と懐かしくなった。
ロールケーキをうずまきに沿って食べる、バウムクーヘンが輪っかを外す、
ホワイトロリータやフィンガーチョコは周りのチョコを先に舐める、
不二家のノースキャロライナのうずまきがどう小さくなるか確認しながら舐める、
パイナップル飴は指輪になる・・・ああ、本当に子どもの頃、やったなぁ~^m^


<子どもは急に止まれない>も2つ目の話と同じような子ども時代のことだけど
不思議な転校生・静ちゃんの思い出と共に、高校2年生の時、再会した静ちゃんから
知らされた衝撃の事実は、何となく予測していたことだけど、
マボちゃんにとっては驚いたことでしょう。

小学校からずっと続いていたバン君との交流は微笑ましい(^^)


楽しい物語でした♪


                       ★★★★★




発行年月:2014年3月


 古い団地に移り住んだ青年がめぐりあう、なつかしくも奇妙な昭和の暮らし。誰もが団地生活にあこがれた“あの頃”が鮮やかによみがえる、著者初の団地小説!

                    (毎日新聞社HPより)




20代後半の安彦くんが1960年~1970年代に集中的に建設された

旧来式の森中団地に引っ越し、そこでの暮らしぶりを描いた物語。
とはいえ、安彦くんの話よりも団地雑学が主なかんじかなぁ~。

安彦くんのお隣の是清昭子さんは80歳。
昭和38年に入居した時には、ご主人と息子さんの3人暮らしだったそう。
是清さんから昭和30年~40年くらいの団地が語られる部分は面白かった。
なるほど・・・そういうかんじだったのかぁ~と団地暮らしの経験のない
わたしには初めて知る事実。

昔は、内職の斡旋などもあったとか。

今は、我が家の近所にある公営の団地も見た感じから寂れている。
だんだんと入居数も減ってきているかんじ。
今の若い夫婦はなかなか住みたがらないかもね~。


安彦くんの話をもっと展開させてくれたら面白かったのになぁ~。
長野さんの作品にしては、ちょっと残念なかんじ。


                             ★★
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]