忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


発行年月:2019年7月


「東京バンドワゴン」シリーズの著者が贈る、レトロで心温まる連作短篇ミステリー。1971年。元刑事・蓑島周平と元医者・花の夫婦の駐在生活も板についてきた頃。新たな仲間、柴犬のミルも加わりのんびりした生活......と思いきや、相変わらず事件の種はつきないようで――。平和(なはず)の田舎町を、駐在夫婦が駆け回る!日曜日の雪は、落とし物子どもたちが作った雪だるまが......歩いていなくなった?木曜日の滝は、逃亡者指名手配犯の目撃情報が! 見つかった場所は――?土曜日の涙は、霊能者村を騒がせる自称霊能者の女性。彼女の目的は?火曜日の愛は、銃弾兄弟喧嘩があわや殺人事件に。その悲しき真相とは?

                    (中央公論新社HPより)


冬の話から始まって。、春、夏、秋、それぞれの季節に起きた事件について。

どの話も、人が人を想う優しさから起きた事件というかんじ。

駐在所の2階に、神社の一人娘・早稲ちゃんと。山小屋で働く圭吾くんが結婚して
新居として住むことになり、賑やかで楽しそうな日常が良い感じ♪

元外科医の花さんの指の回復も順調な様子で、物語の最後にあったように
ここで診療所みたいなものが出来たら素敵だろうなぁ~。

このシリーズ、続いて欲しい!


事件の真相を知る過程も楽しい。


                        ★★★★
PR


発行年月:2017年11月

昭和五十年。雉子宮駐在所に赴任した元刑事・周平と、元医者・花の若夫婦。平和なはずの田舎町にも、事件の種は尽きないようで……? 新任駐在夫婦がワケありな事件を解き明かす「東京バンドワゴン」シリーズ著者初(?)の警察小説!日曜日の電話は、逃亡者 赴任初日、村に強盗犯がやってきた?水曜日の嵐は、窃盗犯 寺秘蔵の仏像が盗まれた……かもしれない?金曜日の蛇は、愚か者 子供たちの遊び場に蛇が大量発生。一体なぜ?日曜日の釣りは、身元不明 身分証を無くした釣り人の遺体。彼の正体は?

                 (中央公論新社HPより)



昭和の時代のいい意味で緩い感じがいい。

村でも事件は起きる。
駐在所のおまわりさん、簑島周平(30歳)と妻・花(32歳)の人柄がいい。

罪を犯した人がなぜ、そういう行動を起こしたのかを考えた対処するのには
温かみを感じる。

今の時代ならネットやらSNSで、すぐ晒されてしまう個人情報もこの時代は
まだ、広く知られてしまうこともなく・・・・
周平のやったことは、今の時代じゃ問題にされちゃうかもだけど・・・


続編の存在を先に知ったので、続いて読んでみよう。
もしかして、続編では平成とかに話は移っているのかな?


                        ★★★




発行年月:2018年12月

誰もがテレビに夢中だったあの頃、8時の時報と共にあいつらがやってくる!

1969年、人気絶頂のバンド「トレインズ」のボーヤ葛西靖之(チャコ)は、個性的なメンバーたちに振り 1969年、人気絶頂のバンド「トレインズ」のボーヤ葛西靖之(チャコ)は、個性的なメンバーたちに振り回されていつも忙しい。ある日、楽屋で殺人未遂(?)事件が発生し--元気全開、昭和青春ミステリの開幕! 

                   (角川書店HPより)



8時だよ全員集合~!
ドリフターズの番組を観ていた子ども時代を懐かしく思い出しながら読んだ。

探偵の要素は・・・あまりないような気がしたけれど、まあまあ楽しめた。

あの時代の芸能ニュース的なことも盛り込まれていて。。。。
ああ、〇〇のことだな?
とその時代を知っている人なら想像できる。


悪くないけど、これはエッセイでも良かったんじゃないかな?


                          ★★★
 



発行年月:2018年9月

花咲小路商店街の駐車場<カーポート・ウィート>。
真っ赤なシトロエンが目印の駐車場を訪れる車と事件とは――?。

               (ポプラ社HPより)




花咲小路商店街のシリーズですね!

いつも温かい人間関係で成り立つ物語なので大好きなシリーズ。

今回は、駐車場経営者のすばるちゃんが主人公。
すばるちゃんと言っても高校卒業して一人で駐車場を管理している男の子。

両親は離婚していて・・・お父さんも少し前に病死。
でも・・・・お父さんの魂は、ちゃんと残っていてすばるちゃんと会話も
出来る。

すばるちゃんの住居は、赤いシトロエン。
表紙の絵の車。


駐車場利用者のちょっとした謎などお話は連作形式で進み、最後の方には
ちょっと物騒な事件めいたものもあるけれど、すばるちゃんのお母さんらしき
人の登場などもあって始終、ほんわかムード。

商店街の人たちがみんな温かくて本当に素敵な物語!



                          ★★★★



発行年月:2017年7月


〈東楽観寺前(ひがしらっかんじまえ)交番〉、
本日も異常あり?

交番に赴任してきたお巡りさんは元捜査一課の刑事。
幼なじみの副住職は、説法はうまいけど見た目はヤクザ。
彼らの前に現れたマンガ家志望の女子高生は伝説の○○の孫!?

町の住人たちが凄(すご)ワザで謎を解く、
キュートな新感覚ミステリー!

財布が消えた? 現れた? この町で、一体何が起こっている?
奈々川市坂見町(ななかわしさかみまち)は東京にほど近い古い町並みが残る町。元捜査一課の刑事だった宇田巡(うためぐる)は、理由(ワケ)あって〈東楽観寺前交番〉勤務を命じられて戻ってきたばかり。寺の副住職で、幼なじみの大村行成(おおむらゆきなり)と話していると、セーラー服姿のかわいい女子高生・楢島(ならしま)あおいがおずおずと近づいてきた。マンガ家志望の彼女は警官を主人公にした作品を描くために、巡の写真を撮らせてほしいという。快(こころよ)くOKした巡だったが、彼女が去ったあと、交番前のベンチにさっきまでなかったはずの財布が。誰も近づいていないのに誰が、なぜ、どうやって? 疑問に包まれたまま財布の持ち主を捜し始めた巡は、やがて意外な事実を知ることに……。

                      (祥伝社HPより)





お巡りさんとお坊さんと女子高生たちの物語。


ちょっと特殊な能力を持つ楢島あおい。
そして、これまた特殊能力を持つ宇田巡。

二人は運命的な出会いかな?

そして、それぞれの能力を人助けのために利用しているのが良いですね~。

お坊さんの行政とあおいの友達・杏奈のやり取りも何だかほんわか。


これは、続編希望です!

楽しくて一気読みでした♪


                         ★★★★★
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
9 10 11 13
15 16 17 19 20
22 23 24 26 28
30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]