忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1602]  [1601]  [1600]  [1599]  [1598]  [1597]  [1596]  [1595]  [1594]  [1593]  [1592



発行年月:2015年5月

第153回直木賞受賞作!
選考会は前代未聞の満票決着。
「20年に一度の傑作。とんでもない商売敵を選んでしまった」(選考委員・北方謙三氏)
「私は何度も驚き、ずっと幸福だった。これほど幸せな読書は何年ぶりだ?」(選考委員・伊集院静氏)

何者でもなかった。ゆえに自由だった――。
1975年、台北。偉大なる総統の死の直後、愛すべき祖父は何者かに殺された。
内戦で敗れ、追われるように台湾に渡った不死身の祖父。なぜ? 誰が?
無軌道に生きる17歳のわたしには、まだその意味はわからなかった。
台湾から日本、そしてすべての答えが待つ大陸へ。歴史に刻まれた、一家の流浪と決断の軌跡。

                  (講談社HPより)



凄い物語だったなぁ~。
ノンフィッションっぽい。

主人公の葉 秋生は、蒋介石が亡くなった1975年のすぐ後で何者かに
室内で殺された。
誰が何のために?
その謎をずっと抱えた秋生が大人になって、自らその謎を解くまでの物語。


舞台は台湾。
あまりよく知らない、中国との関係がこの物語によって少し理解出来ました。
元々は中国人だったのに、国民党員たちは、共産党員に追われ台湾に逃げて来た。
秋生の祖父・尊麟も山東省出身だが、逃げのびてきた一人。

同じ中国人でも憎み合い殺し合った過去がある。

しかし、長い年月を経て変わる人の気持ち。

ラストの尊麟がかつて多くの村人を凄惨な方法で殺した村を訪ねる秋生の場面は
ドキドキした。
祖父を殺した者もわかり、その背景にあった事実もわかった。

憎しみを相手に向けると必ず返って来る。
それを受け止めまま鎮めることは難しいけれど、とても大事なことだな。

秋生を温かく迎え入れてくれた宇文叔父さんを秋生も幼い頃から親しんだ叔父さんと
して懐かしい気持ちで会えて良かった。


著者は日本名ですが、調べたら台湾の方でした。
著者だからこそ、書けた物語でしょうね。


歴史小説でもあり、青春小説でもあり、ちょっとミステリーの要素もあったりで
読み応え十分の素晴らしい1冊でした!!


                         ★★★★★

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
ひろさんへ
お久しぶりです!
そうそう!わたしも最初どこかで聞いた名前だなぁ~と思いました。
著者のプロフィールで葉室さんと同じ出身だと気づきましたよ~^m^
なるほど、やはり親交があるんですね。
情報ありがとうございますm(__)m
kyoko 2015/09/15(Tue)13:10:56 編集
葉 尊麟
お久しぶりです。
いやぁー、凄い小説でしたね。
東山さん、これ以上の作品が書けますかねぇ。
心配になってくるほどの力作でしたね。
それにしても爺さんの名前 葉尊麟は葉室麟に似ているなぁと思っていたら「オール読物」9月号に
葉室さん自身が「関係あるんじゃないか」と疑問を持っていたそうでこれに対し東山さんは「葉室さんとの間では合意ができています」と答えましたねと言っています。この二人仲が良さそうなのです。それもそのはず二人とも西南学院大学の先輩・後輩で飲み仲間なんですね。道理でと納得しました。
ひろ 2015/09/14(Mon)16:52:45 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]