忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1599]  [1598]  [1597]  [1596]  [1595]  [1594]  [1593]  [1592]  [1591]  [1590]  [1589



発行年月:2015年3月

一枚の絵が、ふたりの止まった時間を動かし始める。

 たかむら画廊の青年専務・篁一輝(たかむら・かずき)と結婚した有吉美術館の副館長・菜穂は、出産を控えて東京を離れ、京都に長期逗留していた。妊婦としての生活に鬱々とする菜穂だったが、気分転換に出かけた老舗の画廊で、一枚の絵に心を奪われる。画廊の奥で、強い磁力を放つその絵を描いたのは、まだ無名の若き女性画家。深く、冷たい瞳を持つ彼女は、声を失くしていた――。

 京都の移ろう四季を背景に描かれる、若き画家の才能をめぐる人々の「業」。

 『楽園のカンヴァス』の著者、新境地の衝撃作。

                    (PHP研究所HPより)




新境地と謳っている通り、作風がちょっと今までと違った雰囲気だったなぁ~。

お得意の美術絡みではあるけれど・・・・


震災後の放射能が心配で、東京から京都で暮らすことに決めた妊娠初期の篁 菜穂。
菜穂は祖父が築いた美術館の副館長。
亡き祖父の美術品に関しての思考をよく理解し受け継いでいる。
京都の滞在先は、菜穂の祖父が書を習っていた書道家の鷹村せんの屋敷。


物語の冒頭、京都の国立近代美術館を菜穂と夫の一輝が訪れた際、印象に
強く残ると一輝が言っていた女性・白根 樹が、物語の途中から登場し
物語を大きく動かしていくことになる。

最初は、一輝と何やら深い関係になるのかなぁ~と下卑たことを想像して
いましたが・・・深い関係になるのは、菜穂の方でした!!


原田さんお得意の美術の話が盛り込まれていて面白かった!

しかし、菜穂の決断を一輝は受け入れられないでしょうね~。
なんだか一輝が可哀想ではありますが、菜穂の気持ちは強く揺るがないかんじ。

ちょっと後味すっきりじゃないモヤモヤする部分もありますが・・・


表紙の絵の意味は読み終えてみれば、なるほどと納得でした!


                        ★★★




 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 3 4
6 7 9 10
12 13 15 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]