忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1600]  [1599]  [1598]  [1597]  [1596]  [1595]  [1594]  [1593]  [1592]  [1591]  [1590




発行年月:2005年5月

元気で、元気で! けして急がず、泥の流れていくようにゆっくりとお行き! 500年ぶりの土砂降りは、少年ポーを濁流にのせて、どこへ運ぶのか――。魂をゆすぶる圧倒的長篇!

あまたの橋が架かる町。眠るように流れる泥の川。太古から岸辺に住みつく「うなぎ女」たちを母として、ポーは生まれた。やがて稀代の盗人「メリーゴーランド」と知りあい、夜な夜な悪事を働くようになる。だがある夏、500年ぶりの土砂降りが町を襲い、敵意に荒んだ遠い下流へとポーを押し流す……。いしいしんじが到達した深く遥かな物語世界。驚愕と感動に胸をゆすぶられる最高傑作。

                     (新潮社HPより)



不思議なお話。
ポーとは何者だったのか??

うなぎ女を母に持ち、ほかのうなぎ女たちからも可愛がられて育つ。
泥川のなかを自由に這いながら毎日、遊ぶ。

そして、あるとき500年ぶりの土砂降りによって、町は水浸し。
ポーは小舟に乗って、天気売りとともに下流へと向かう旅に出る。

旅の先々で知り合う者たちとの交流が愉快。

埋め屋の夫婦の元で暫く暮らす二人。
妻の趣味は鳩レース。
鳩の世話を毎日、することになった天気売りだけど、出火が原因で天気売りは
鳩と共に焼死(?)。
しかし、ポーのズボンのなかに女人形の姿に変えて現れる。


不思議なことの連続だけど、そこによく出てくる言葉が、<つぐない>

女人形の姿になった天気売りの声が語る
「いきているうちがつぐないです。まちがわないでいきていくのがほんとうの
つぐないです」って言葉が特に印象的。


ポーは最後、海に還ったのか?
そしてまた川を遡り、うなぎ女たちの元に戻った?

読む人によって、いろいろな解釈が出来そうな話ですね。

童話のような、神話のような、哲学書のような・・・
色々な要素が盛り込まれた物語。

なかなか、独特な雰囲気で、それが好きな人には素敵な1冊になるでしょう。


                        ★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]