忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
 


発行年月:1994年10月


人類がはじめて月を歩いた夏だった。父を知らず、母とも死別した僕は、唯一の血縁だった伯父を失う。彼は僕と世界を結ぶ絆だった。僕は絶望のあまり、人生を放棄しはじめた。やがて生活費も尽き、餓死寸前のところを友人に救われた。体力が回復すると、僕は奇妙な仕事を見つけた。その依頼を遂行するうちに、偶然にも僕は自らの家系の謎にたどりついた……。深い余韻が胸に残る絶品の青春小説。

                   (新潮文庫HPより)



初めて読む作家さん。
ラジオで紹介されていて気になって図書館から借りた本。

読みやすい、面白い・・・・この1冊で著者のファンになりました♡


主人公のマーコ・フォッグは、父親が誰かわからない。
母親も病死し、自分のルーツを知るすべがない青年。

良い大学を出ているのに、自堕落な生活から財産を失くし、どん底生活に。
最初から前途多難なスタート。
それでも、そのままじゃだめだとバイトを始める。

家なしのマーコにはありがたい住み込みで、食事も3食出して貰える。
その仕事は、偏屈な老人・エフィングの介護をすること。
老人は脚が不自由で視力も失っている。

餓死寸前のところを救ってくれたキティとはその後、お互いに好意を抱く関係に。

途中、巨漢の歴史学者・バーバーと出会い、親交を深めていく。


偶然の出会いかと思った人たちが、徐々にマーコにとって深い関係にある人たちと
わかりビックリ!

語り手が、エフィングになり、彼の過去の話になった時も面白かった。
バーバーの話もその後、知り、マーコのルーツが段々と明かされていく。


偶然の出会いと思って居た人たちとは、必然によって出会ったんだぁ~!
アンビリーバボーな物語!


表題の「ムーン・パレス」は、マーコの大学時代の馴染みのお店。
訳者のあとがきで、著者の通っていた大学そばに実在していたお店とか。


他のオースター作品も読んでみよう!


                      ★★★★★


 
PR



発行年月:2000年8月

闇につつまれたキッチンをほのかに照らす蝋燭の灯り。停電の夜ごと、秘密の話を打ち明けあった二人は、ふたたびよりそって生きることができるのか。――表題作ほか、O・ヘンリー賞受賞の「病気の通訳」等全九篇を収録。インド系女性作家による瞠目のデビュー短篇集。本年度ピュリツァー賞、PEN/ヘミングウェイ賞受賞作!

                  (新潮クレストブックHPより)




ラリヒの作品は既に幾つか読んでいますが。デビュー作の短編集は

興味あり図書館で借りました。

表題作は一番最初。
5日間、午後8時から1時間停電になるという事態に、夫婦はその前に
夕飯の支度を済ませ、キッチンでろうそくの灯りの元、食事とお喋りをする。
今までお互いが語ったことのない話をしようと決めて話しだす二人。
二人がまだ結婚する前の話だったり、クスッと笑える話など。


でも、二人は別れることになる。

ああ、切ない。
この二人ならうまくこのままやっていけそうなのに・・・・。
他人には理解できないどうしようもない亀裂が出来てしまったんでしょうね。


この表題作がやはり、心に一番、残りました。

訳者の解説もなかなか興味深く、著者の生い立ちなども紹介されていて
著者の家族の話が話の題材にもなっているんだな~と。

訳者も素晴らしいのか、ス~ッと読める。
どの話も良かった!

またラリヒの本、探して読んでみよう。


                           ★★★★
 



発行年月:2016年11月

8番目の物語。19年後。

『ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年が経ち、父親となったハリーが2人目の子どもをホグワーツ魔法学校へと送り出したその後の物語です。

ハリー・ポッターとして生きるのはもちろんたいへんなことだったのですが、その後のハリーも決して楽ではありません。今やハリーは、夫として、また3人の子を持つ父親として、魔法省の激務に押しつぶされそうな日々をすごしています。

ハリーがすでにけりをつけたはずの過去と取り組まなければならない一方、次男のアルバスは、望んでもいない"ハリー 一家の伝説"という重圧と戦わなければなりません。過去と現実は不吉にからみあい、父も子も痛い真実を知ることになります。

                    (静山社HPより)




ハリーとジニーの子どもは3人(ジェームズ、アルバス、リリー)
ロンとハーマイオニーの子どもは娘のローズ
そしてマルフォイの子どもはスコーピウス

懐かしいハリーたちとその子ども達の話。


敵対していたハリーとマルフォイ、それぞれの息子
アリバスとスコーピウスが親友という設定もなんだか良い。
二人が、大活躍の物語。

楽しいだけじゃなくて、暗い過去の話もうまく絡めての話の展開で
どんどん惹きこまれていく面白さでした!


マルフォイも親となって、ハリーとの関係も19年前と違って親密なかんじ。

劇場版ハリーポッターの脚本としての本でしたが、読みやすかった。

日本でも劇場版、公開とかないのかなぁ~?
これ第一部、第二部ってなっているけれど、続くかな?


ハリー・ポッターシリーズはやはり面白い♪


                        ★★★★★
 



発行年月:2015年1月


 イタリア半島最南端、赤い花の咲き乱れる丘に根を下ろして暮らすアルクーリ家の人々。ときに横暴な地主に、ファシズム政権に、悪質な開発業者に脅かされながらも、彼らは美しい丘での生活を誇り高く守り続ける。そしてその丘には、古代遺跡のロマンと一族の秘密が埋もれていた。イタリアの権威ある文学賞、カンピエッロ賞受賞作。

                   (新潮クレストブックスHPより)



著者のあとがきを読んで、やはり著者自身のルーツが元になっているのかな?と。

アルクール家の4代に渡る壮大な物語。

語りは、一族の末裔リーノ。
父親・ミケランジェロから聞かされた祖父アウトゥーロのこと、曾祖父アルベルトのこと。
また祖母や曾祖母のこと。ミケランジェロの妹・ニーラベッラのこと。

一族の持つ丘の近くで遺跡調査が始まり、アルクーリ族の所有の土地を買い取らせて
欲しいという地主のドン・リコに頑として「売らない」という姿勢を貫いたことで
リーノの祖父・アルトゥーロは、政治的反逆者として遠く離れた島に流され、4年8か月で
帰ってくる。

その後、1940年にイタリアが戦線布告。
そして、ある日、英国機が墜落するのを目撃するアルクーリ家の人々。
奇跡的に助かった乗組員のウィリアムを助け匿う。
オリーブの収穫を手伝えるくらいまでに回復したウィリアムだったけれど・・・・
そして、その後、再びアウトゥーロの行方がわからなくなる。

アウトゥーロどうししゃったんだろ?
最後までその行方が分からず気になりました。

しかし、その息子・ミケランジェロも娘のニーラベッラも大学進学し
ミケランジェロは教師に、ニーラベッラは絵画の勉強をするためにイギリスへ留学と
自分の生き方を見つけ成長する。


リーノが父から聞かされる一族のことは、その後はリーノの子どもへ、そしてまたその
子どもへと伝わるんでしょう。

著者が自分のルーツを辿り、書かれたこの物語、素晴らしかった!


                       ★★★★★





発行年月:2013年5月


 ブッカー賞最終候補作
オレゴン文学賞、ロジャース文芸財団小説賞、総督文学賞、スティーヴン・リーコック・ユーモア賞受賞作

粗野で狡い兄・チャーリー。普段は優しいが、キレると大変なことになる弟・イーライ。悪名とどろく凄腕の殺し屋シスターズ兄弟は、雇い主の“提督”に命じられるまま、ある山師を消しにカリフォルニアへと旅立つ。ゴールドラッシュに沸く狂乱のアメリカで兄弟は、この目も当てられないダメな旅路で、何に出遭い、何を得て、そして何か失うのか? 小説のあらゆる感情を投入し、世界の読書界に一大旋風を巻き起こした、総督文学賞など四冠制覇、ブッカー賞最終候補作! 訳者あとがき=茂木健

*第2位『闘うベスト10 2013』
*第4位『このミステリーがすごい!2014年版』海外編
*第5位(新人賞第1位)『ミステリが読みたい!2014年版』海外編
*第10位『週刊文春 2013年ミステリーベスト10』海外編

                    (東京創元社HPより)



ゴールドラッシュの時代の話。
一攫千金を狙って、多くの争いがあった時代ですね。

映画でもよくみる西部劇のなかの荒くれ者が沢山登場というかんじ。
 
主人公はシスターズ兄弟、兄のチャーリーと弟のイーライ。
提督の命令で、盗人のハーマン・ウォームを探して殺す目的で旅をする。

道中の話が愉快。
でも結構、残虐に殺しちゃったりするんだけど・・・・。

残虐な二人だけれど、会話のなかには、優しい人たち?と思わせるものもあり
途中であった少年には結構、優しく面倒見てあげたり
愛馬が瀕死の状態でも見捨てず最後まで一緒に居てあげたり。

そして、やっと見つけたハーマン・ウォームと何故か、砂金採りを共に行う
仲間になって・・・・・

兄弟自身も何度も命の危険に晒されながらの旅で、最後は、結局何のために
こんな大変な思いをしたのやら????というかんじ。

ラスト、兄弟を迎えた母親の平然とした対応になんだかホッとした。
兄弟もホッとしてるみたいで、それが愉快^m^


読むのに時間かかったけど、なかなか面白かった!!


                        ★★★★

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23 24
25 26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]