忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1595]  [1594]  [1593]  [1592]  [1591]  [1590]  [1589]  [1588]  [1587]  [1586]  [1585



発行年月:2015年4月


 自分以外の人間は誰も信じるな――
子供の頃からそう言われ続けて育てられた。
しかし、その言葉には、まだ逃げ道がある。
たった一人、自分だけは信じていいのだ。

南の島の集落で、知子ばあさんと暮らす高校生の鷹野一彦。
東京からの転校生・詩織の噂話に興じるような、一見のどかな田舎の高校生活だが、その裏では、ある組織の諜報活動訓練を受けている。
ある日、同じ訓練生で親友の柳勇次が、一通の手紙を残して姿を消した。逃亡、裏切り、それとも? その行方を案じながらも、鷹野は訓練の最終テストとして初任務につくが――。
過酷な運命に翻弄されながらも、真っさらな白い地図を胸に抱き、大空へと飛翔した17歳の冒険が、いま始まる!

「ここよりももっと良い場所、あるよな?」
「あるよ、いっぱい。私たちが知らないだけで」

                  (BOOKデータベースより/幻冬舎)




沖縄県の南西64kmに浮かぶ孤島での暮らしが最初にあって・・・

孤島が舞台の青春小説?と思って読み始めたら、段々、彼らに置かれた状況の
過酷さが見えて来て、どうなるんだ?と気になり一気読み。


17歳の鷹野一彦と柳勇次。

2人はとある産業スパイ組織の訓練生として任務を遂行しながら、昼間は高校生
としての顔を持つ。

特に鷹野の生い立ちは壮絶で、幼い頃の体験話には、胸が痛む。

そんななか、二人の島での生活を援助している、知子ばあや、
鷹野に生きる希望の言葉をかけた風間、軽井沢で子どもの頃の鷹野を世話した富美子など
の存在が明るい将来の希望を手助けしてくれる。


過酷なことが、この先もあるんでしょうけど、力強く生きて行って欲しいな~。

鷹野が成長した後の話、「太陽は動かない」を
読んだのに、全く思い出せない^^;

ま、これだけでも面白かったからいいか?


                      ★★★★

ささやかでも確かな“希望”を明日へと繋ぐ傑作エンターテイメント!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]