忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。



発行年月:2015年3月


 家族でごはんを食べることって、なんて愛おしい時間なんだろう――。「家族っていいな」と心から思える、笑って泣ける家族小説の傑作! ある日、大学生の真壁りんは、祖父の死を知らされる。急いで葬儀会場へ向かい、真壁家の一族が集まったところで、一人の青年が現れる。彼が「隠し子」と名乗ったことがきっかけで、一族は揉めに揉めることに。 マイペース、しっかり者、自由主義、冗談好き、ゴシップ通……。一人一人はいい人なのに、相続の話し合いで一族は崩壊寸前。解決に奔走するりんは、真壁家一族で笑い合える日々を取り戻すことができるのか?

                      (双葉社HPより)




祖父が急死。

大学の法学部で学ぶ、りんは親族の相続問題に振り回されることに・・・。

主人公は、真壁りん20歳の大学生。

祖父・麟太郎は母の容子が主に面倒をみていた。
父・渓二郎は、麟太郎の次男だが、5年前、家を出ている。

相続に絡む親族たちは・・・

長男・真壁陽一郎・・・その妻・靖子、娘の香澄は美容師
長女・真壁波子・・・独身でデザイン会社経営
次女・真壁風子(54歳)・・・職場で出会った事実婚の夫・郷田


りんと一緒に相続争いを見守る、麟太郎の元で居候していた植田大介(25歳)。



りんの母親・容子は失踪した夫に代わって義父にあたる麟太郎の世話をしていた。
けれど、長男は失踪しているのだから相続権は破棄するべきという流れになっていき
ああ、容子は、なんで大人しくそれに従うつもりなんだろう。
よほど出来た人なんだなぁ~と思って居たら・・・・
ああ、なるほど・・・とその結末に容子が一番賢かったわけか!?と納得。

でも、相続問題って厄介だなぁ~。
失踪しちゃった人が相続権を持つ人だと、探さなきゃいけないんだ~。
身内にそういう人が居なくて取りあえず、もめごとの一つは消えてホッとした
けれど、穏便に済ませたい問題だ。

今回も読みごたえある作品でした!


                         ★★★★
PR




発行年月:2013年7月



奇跡を接続する人たち----その涙。
新人駅員の若菜直は、個性的な同僚たちとアクシデントに七転八倒。
それでも彼女はまっすぐ進む。彼の気持ちを知るために。

「大事なことを三つ言っとく。緊急時は非常停止ボタン。間に合わなければ走れ。線路に落ちたら退避スペースに入れ」
酔っ払う乗客、鉄道マニアの同期、全自動化を目論む副駅長に
強烈な個性の先輩たち。
毎日100万人以上が乗降する東京駅に配置された若菜は、定時発車の奇跡を
目の当たりにし、鉄道員の職務に圧倒される。初日、足が棒になった若菜が
絡まれたのは、かつて自分に手を差し伸べてくれた人だった----。

臨場感あふれる筆致で駅を支える人と行き交う人を描ききった
書き下ろしエンターテイメント!

                   (講談社HPより)



主人公の若菜直。
高学歴の彼女がなぜ、鉄道員に?
それは、亡くなった弟が鉄道マニアだったから。
そして、駅で自分が倒れたときに、多くの人が通り過ぎるなか、足を止めて
助けてくれた人をいつか探し出せるのでは?と思ったから。 


同期の犬塚俊則や、最初の指導員であった藤原は、初対面の印象は最悪なかんじ。
こんな人間関係のなかで、やっていけるのか?と心配しましたが・・・
本性は、みんな良い人でした~(^^)

しかし、駅員さんって大変な仕事ですね~。
鉄道マニアなことを隠して就職した犬塚のような人も実際、多いんでしょうね。
それでなければ、なかなか選ばない仕事かも。

台風などで遅延、運休の場合や
人身事故のときの対応は、リアルなかんじでした。
取材したんでしょうね。

人のために働いているのに、文句を言われることの方が多い仕事。
好きでなければ勤まらないな・・・・。


若菜自身、すごく優しくてシッカリした女性なので、好感が持てました。
駅の知らないこともいろいろ知れたのも面白かった。


深く関わることになる乗客がかつて自分を助けてくれた人というのは
ちょっと都合よすぎたかんじだったけど、まあ物語なので
その辺は良しとしよう。


                        ★★★★
51Ag6ymDtoL__SL500_AA300_.jpg
発行年月:2012年8月


未来のために謎を解く緊迫のスパイ小説(ノベル)!

結婚して間もない七川小春は、勤め先のブラック会社を退職した。高齢化が進み年金負担が激増する社会で、小春は寿命遺伝子治療薬「メトセラ」を開発したアスガルズ社の採用に応募する。
じつは小春は19年前に受けた遺伝子治療の副作用で、聴覚が異常に発達していた。その秘密を知るアスガルズ社の黒崎は、「メトセラ」の製品化を阻もうとする子会社に、小春をスパイとして派遣する。


                                          (講談社HPより)


主人公は28歳の七川小春。
事業者金融勤務をしていたが、そこは、パワ-ハラスメントが横行するブラック企業だった。
就職難なため、新卒で止む無く就職して6年だが、なんとか辞表を提出し、再就職先を探す。
小春には夫がいる。
けれど、夫の収入だけでは生活が厳しい。

冒頭の箇所を読んだだけで、なんだか嫌な世の中の状態だなぁ~と暗い気持ちになった。

物語は、近未来?
アルツハイマ-や認知症が病気として治療可能になっている時代。
小春は、19年前に受けた遺伝子治療により、聴力が発達していた。
そして、その能力を利用したい人物により再就職先が決まる。

そして、仕事は、ある組織に潜入してスパイ行為を行うものだった。


寿命を延ばし、その間、病気もなく健康に暮らすことが出来る薬「メトセラ」を巡ってのあれこれ。
う~ん、そんな薬、自分なら要らないけどなぁ~。

突拍子もない話だけど、実際、こんな風な問題も起きるときが来るのかも?
なんて考えたらちょっと怖い。

スラスラ読み終えた。
まあまあ楽しめたかな?


★★★
41x8HTpcyJL__SX230_.jpg   発行年月:2010年1月


   第4回ダ・ヴィンチ文学賞大賞受賞作。地味で無口な28歳派遣社員・潔子。職場でいやがらせに遭うが、アパートで潔子を待つ飼い猫は、実は「猫魂(ねこだま)」なる憑き物! 潔子の怒りが頂点に達したとき、猫魂と一体化して美女に変身! いやがらせしてくる敵の憑き物に仕返しします! 妖怪×仕事人のコミカル・アクション



                           (メディアファクトリ-HPより)


先に読んだ、デビュ-2作目の「海に降る」がとても良かったので、こちらのデビュ-作を読みました。
なかなか面白い設定でした!

主人公の田万川潔子。
田万川家は夏梅種の家筋で、猫魂を自身に憑依させて、無敵の力を得ることが出来る力を、持っている。
潔子は、その唯一の末裔なのだが・・・・・本人にその自覚はなく、猫魂が憑依するとき以外は弱気で冴えない。
そのため、いろいろな人から理不尽な扱いを受ける。
が・・その相手は、憑き物(おにひとで、アライグマ、西洋たんぽぽ、フィレット)により潔子に災いをもたらしている。

派遣社員として昼間は働く潔子が、帰宅しては嫌な目にあったのを憂いている姿を飼い猫のメロが、特殊な能力により、潔子の脳のなかから抽出する。
潔子の負の感情が激しくなることで、メロの猫魂が潔子に憑依し、膨大なエネルギ-を生み出す。

そうすると、普段は冴えない潔子が風貌からして、美しく変身。

潔子に理不尽な態度を取った者たちに反撃していく様子が面白い♪

猫好きには、たまらない愉快な話でありました(^^)

面白いなぁ~。この著者。

もっともっといろいろな物語を読ませて欲しいと期待しちゃう。



 
★★★★★
417FpcF9QLL__SL500_AA300_.jpg発行年月:2012年1月


有人潜水調査船〈しんかい6500〉の女性初のパイロットを目指す深雪。
深海に棲む未確認巨大生物を追い求める浩二。
目的は違えど想いは一つ「深海へ」。
海洋調査をめぐる冒険恋愛小説の傑作!



                         (幻冬舎HPより)



面白かった!

独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)の存在を今まで知らなかったけれど、ちゃんと実在する機関で<しんかい6500>で深海の闇を日々、探索しているとか。

この物語の主人公は、天谷美雪。深海を潜る有人潜水調査船のパイロットを目指している。
父親もかつては同じ機関で、海洋調査技術の専門家として、調査船の開発に関わり幼いときから、父の話はよく聞かされていた。そして自分もいつか父の造った船で深海を調査したいと思っていた。

そして、同じような想いで中途採用されてきた高峰浩二。
彼の父親は深海生物学者で、以前、深海に潜り<白い糸>のような生物を見たと言っていた。
その糸の先には閃光があり、新種の生物だと確信したが、ほかの者にはその主張が認められることなく、つい最近、海に転落死している。
自分は父親の見たものを確認する為に、今までの勤め先を辞して来たと言う。

当初、そんな高峰に、訓練をずっと続けている自分ですら深海に潜れるかどうかわからないのに、新参者の身でそんなことを言うのは場違いだと憤りを覚える深雪。

二人の関係が衝突しながらも同じ思いでいる者同士ということで、和解していく様子が良かった。

そして、突如現われた深雪の弟・陽生(小4で10歳)。
深雪の両親は離婚していて陽生は、父の再婚後の息子。

二人はわけあって一緒に暮らすことになる。
この二人の関係も面白かった。


深海探索にかける者たちの思いとともに登場人物たちの人間関係も面白く読めた。

四方を海に囲まれた日本。
深海探索が進めば、いろいろなことがどんどん発見されていきそう。

この物語のなかに登場した新生生物だって、見つからないだけでどこかにいそうな気もするし・・・
なんだか夢が広がるような話だった。

参考文献もたくさんで、いろいろ資料を集めて勉強して書かれた物語なんだと思った!

「マタタビ潔子の猫魂」でダヴィンチ文学賞大賞を受賞してデビュ-。
本作が受賞後第1作目となるらしい。

デビュ-作も是非、読んでみたい!!


                                         ★★★★★

 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]