忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1185]  [1184]  [1183]  [1182]  [1181]  [1180]  [1179]  [1178]  [1177]  [1176]  [1175



発行年月:2013年9月


検事は何を信じ、何を間違えたのか。

東京地検のベテラン検事・最上毅と同じ刑事部に教官時代の
教え子、沖野啓一郎が配属されてきた。
ある日、大田区で老夫婦刺殺事件が起きる。
捜査に立ち会った最上は、一人の容疑者の名前に気づいた。
すでに時効となった殺人事件の重要参考人と当時目されていた
人物だった。
男が今回の事件の犯人であるならば、最上は今度こそ法の裁きを
受けさせると決意するが、沖野が捜査に疑問を持ちはじめる。

正義とはこんなにいびつで、こんなに訳のわからないものなのか。

                  (文藝春秋HPより)



う~ん。と考え込んでしまうような内容でした。
時効になった殺人事件。
かつて自分がお世話になった一家の中学生だった長女が絞殺された事件。
一家に対して、特別な思いがあるだけに犯人には強い憤りが今も消えない最上。

当時、重要参考人として捕らえながらも、確固たる証拠がなく逮捕保留になった男。
その男が、再び、殺人事件の容疑者の一人としてあがってきた。


気持ち的には、十分、理解出来るけれど、最上のやったことは、犯罪。
法のなかで正当に裁かなければならない立場なのに、この行動は異常。
正義感が強いとも思えるけれど、行き過ぎた行動には、嫌悪感のみ。

そして、後輩の沖野を苦しめてしまったことも許せない。
沖野は当初から疑問を感じながらも、優秀な先輩の考え方に最初は同調。
しかし、間違いなのでは?と気づき、辞表まで提出したのには驚いた。
沖野の行動には本当の正義感を見た気がした。
自らの考え方に誤りがあったと気づき、容疑者の松倉にも謝罪し、
弁護側に力を貸す。

しかし、事の真相に近づくと、また沖野は苦悩する。
ああ、切ない。
沖野が今後、立ち直って、優秀な弁護士として活躍する話を読みたい!!


                         ★★★★ 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]