忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[2099]  [2098]  [2097]  [2096]  [2095]  [2094]  [2093]  [2092]  [2091



発行年月:2018年5月

考えるんだ。 たとえ1%でも、可能性があるなら。 晩秋の夜、突如ダムが決壊し、濁流が町を飲み込んだ。 死者97名、行方不明者50名を超える大惨事。 新聞記者の九条麻衣子は、被害を取材するうちに、決壊が事故ではなく大規模な犯罪である可能性に気づき、その夜に町を抜け出した土木作業員の男を探し始める。 一方その事件の陰で、AN通信の鷹野一彦とその部下・田岡は、ダム爆破計画を阻止するべく奔走していた。水道事業の民営化に金の匂いを嗅ぎ取った代議士や国内外の企業によるテロ計画の一部だったが、いつのまにか計画の全てが盗まれ、首謀者が正体不明の人物に入れ替わっていた!? 情報が錯綜し、混乱を極めるなか、九条麻衣子と若宮真司の出会いが、世間を揺るがす大スクープを生み出すことに……。 敵か味方か、嘘か真実か、善か悪か——!? 金の匂いに敏感な男女が、裏切りあい、騙し合いながら、真っ暗闇の“今"を駆け抜ける!

                      (幻冬舎HPより)




水道事業が民営化された日本の話。


海外の企業までは日本の水道事業を取り仕切ろうと狙い

産業スパイのAN通信 鷹野たちは、政治家の依頼を受け、外国企業からの
乗っ取りを阻止しようと奮闘。

民営化ってちょっと恐ろしいなというのが感想。


色々と登場する人物たちが、誰が敵なのか?混乱しながら最後は
敵がハッキリする。

そして、冒頭で出て来た若宮真司が、最後は大活躍したのは嬉しかった!

鷹野によって訓練されて、成長した真司の話がまた読みたい!

それから、最初は、敵かと思われた謎の美女・アヤコ。
恰好いい。
勝つ方にいつもつくから自分は負けないって、凄いな。
鷹野たちと組んだら怖いものなしになりそうだけど、いつ裏切るか怖い相手。


ああ、面白かった!


                         ★★★★★
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 3 4
6 7 9 10
12 13 15 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]