忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[381]  [380]  [379]  [378]  [377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371
c08f19a4.jpg発行年月:2010年5月

結婚後に恋が芽生えたら------


火遊び、裏切り、そして道ならぬ恋----。
結婚後の恋はいけないことなの?
『しずかな日々』『るり姉』の著者が、現代のさまざまな不倫の情景を描く、新境地の反道徳小説!

                         (角川書店HPより)


リバ-サイドマンションの住人たちのそれぞれのフリン話が短編で語られ最後の話では、その住人たちが年に一度の定例会で集う。

表題どおりのフリンに関する物語が6つ。

「葵さんの恋」は、高校生・真奈美の目線で語られる継父と同じマンションに住む、顔見知りのちょっとお姉さんの葵さんとの関係。
本当に父親でないからか?自身も恋愛中にてその心理が多少わかるからか?激することなく眺めている様子と葵さんの言動がどこか浮世離れしたかんじで、不思議なかんじでした。

確かに不倫というから・・・倫理に反することなんでしょうけど・・・
ここに出てくるフリンを読んでいると、それでも当人たちは純粋に相手を愛しているんだなぁ~なんて思ったりして。
「最後の恋」や「年下の男の子」の主人公たちには、ちょっと応援したい気もしました。
「年下の・・・・」は、フリンとは言い難いけどね^^;


「魔法がとけた夜」のあかりと宗太郎夫婦の結婚って、そもそも間違いだったんじゃないの?
結婚したけど、もしかしたら、こちらの方が「フリン」だったりして・・・・
宗太郎みたいな男性はイヤだなぁ~(-_-;)


最後、マンション住人が集った場所で語られる管理人さん夫婦・新一と絹江の
「二人三脚」もすごい話だったな。
これだけで、長編小説が出来そう!


椰月さんのフリンを題材にしたお話、なかなか面白かった!
いろんな恋の形を楽しみました(^^)


本の装丁もセンスあり!
装画は伊藤直子さん。
デザインは・・・・やはり鈴木成一デザイン室でしたか。

いいなと思うと、大抵、鈴木成一デザイン室だな。

★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
6 8 11
12 14 15 17
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]