忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[476]  [475]  [474]  [473]  [472]  [471]  [470]  [469]  [468]  [467]  [466
4bbbc8ce.jpg発行年月:2010年11月


ろくでなしでも、世間は名優と呼んでくれる。役者とはそういう職業だ。

 山と海に囲まれた、とある町の古い日本家屋。かつてそこは、日本の映画界を支えてきた笠松市朗が、愛する家族と過ごした家だった。笠松の息子、俳優・園田準一、笠松の前妻であり女優だった園田睦子、そして人気俳優で、笠松の二番目の妻との間に生まれた岡本裕。岡本の恋人である、人気女優の二品真里。バラバラになっていた彼ら五人が笠松の家に集まった。彼らの葛藤と思いが交錯するドラマの幕がいま開く。みな役者という彼らが、ひとつ屋根の下展開していくドラマ。「ラプソディ・イン・ラブ」――監督、紺田がつけたタイトルだ。彼らの言葉は、台詞か、真実か……。

 「東京バンドワゴン」シリーズの著者が描く家族の肖像。


                                          (PHP研究所HPより)


登場人物たちが皆、役者。
監督の脚本によって進むドラマだけど、アドリブもあり、脚本も日々変わっていく様子。

言葉が台詞なのか?本心なのか?
考えながら読んだりしていましたが、途中から、もう、いちいち考えるのも面倒で全部この家族の真実だと考えて読んでました^^;


なんでもない家族の会話。
そこには、温かい雰囲気があり、和気藹々とした空気が流れていた。

けれど・・・監督の指摘で爆弾を仕替えろと。

そして、出てくる爆弾発言。

結構、衝撃的でしたね~。

俳優一家の次男・岡本裕と結婚予定の二品真里の両親とのちょっと暗い関係。

世間では名優と謳われる笠松市郎と睦子の出会い、そして夫婦になるまでの波乱万丈の出来事。


この二つの爆弾に対するほかの家族の発言(台詞)が良かった。

良い家族だなぁ~(^^)


ラストは温かい気持ちになれました。


★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]