忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[478]  [477]  [476]  [475]  [474]  [473]  [472]  [471]  [470]  [469]  [468
03ed97ce.jpg発行年月:2010年9月


お父さんが知らない女の人と一緒に死んでしまった。
止まってしまった自分の人生を取り戻すため、
私は下北沢に部屋を借り、「レ・リアン」というビストロで働き始めたが・・・。

                
                      (毎日新聞社HPより)



久しぶりに読んだ、よしもとばななさんの本。
とても良かった!!

父親が知らない女性と心中してしまった。
なんともショッキングな出来事。

主人公の井本よしえ(通称:よっちゃん)は、父親の死後1年が経ったあたりで、両親と3人で暮らしていた自由が丘の家から出て下北沢に家を借り、自活し始める。
住んでいる家のすぐ側の洋食屋さんでお手伝いをしながら働き、忙しく過ごしていた。
が、ある日、母親も自由が丘を出て来てしまう。
あの家で一人で住むのはイヤ。お父さんの幽霊が出るとか・・・

疎ましく思いながらも追い返せないので自由が丘の家は、そのままに下北沢の狭い部屋の母と娘の生活は始まる。

二人の会話が結構、楽しかった。
親子っていうより、親友のような。
馴れ合ってもいないし、よそよそしさもなく、こういう母と娘の関係は理想だなぁ~。

こんな良い妻と娘が居ながら、どうしてまた別の女性となんか死んじゃったんでしょう!?
その疑問は主人公のよしえ自身も抱いていて、のちになんとなくその理由がわかった。
ふむふむ・・・そういう事情があったんだぁ~。
遺された二人の事を思うと、なんとも悔しいけど、ちょっと理解できちゃう部分もあった。


父親の事を昔から知り、よしえ自身も幼い頃から知っている山崎さんとの事は、ちょっとドキドキした。
普通で考えたら、そうはならんでしょ?という展開だけど、物語を読んでいて、二人の性格みたいなものが理解出来たので、違和感はなかったな。

わたしだったら、お店にご飯を食べに来てくれていた新谷くんとの関係をもっと大事にしたいけどなぁ~なんて思ったりして。

父親の不可解な死があるけど、物語には暗さがなく
主人公のよしえが母親の暮らしぶりをみて
「前向き過ぎず、後ろ向き過ぎないその態度を見て なんといい女だろうと思ったのだ」
と言っていたけど、それは、よしえにも当てはまるんじゃないかな?と読みながら思った。

いろいろ苦しんだ母と娘だと思うけど、下北沢で暮らした事で何か良い方向に導かれて行ったかんじ。


下北沢・・・行ってみたいな~。


★★★★★

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
かわさんへ
はじめまして。
ご訪問、書き込み、トラックバックといろいろ
ありがとうございますm(__)m

下北沢にお住まいですか?
それはまた読みながら感慨深いものもあったでしょうね?

そうそう心が温かくなる再生の物語でしたね。

わたしもかわさんと同様、絶対、新谷くんです!
kyoko 2010/12/30(Thu)12:44:25 編集
無題
はじめまして。
TBさせていただきましたm--m

その下北沢に住んでいるので、題に魅かれて読んでみました。
友達母娘のそれぞれの再生物語、重い物語だけどほんわかした文で書かれていて、さらっと読めました。
読後元気になる感じというか。
でもよっちゃんの恋愛に関するところはあまりよくわらなかったアラフォーおっさんです 笑
絶対新谷くんじゃないの?と・・・
かわ URL 2010/12/29(Wed)23:23:51 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『もしもし下北沢』よしもとばなな著
よしもとばななは女性に人気がある作家さん、というイメージ。 奥さんが好きなので、家にはほぼ全作品あると思うんだけど、私はあまり読んでいないかも。 数冊読んでみたけど、割と重いようなテーマをほんわかと書いていて、言葉がとてもやさしく独特なスタイルだな、という印象
URL 2010/12/29(Wed)23:18:23
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
6 8 11
12 14 15 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]