忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[540]  [539]  [538]  [537]  [536]  [535]  [534]  [533]  [532]  [531]  [530
6365efe9.jpg   発行年月:2010年2月


中学生のころ、特別な存在だった彼との再会。
「死」をふと身近に感じた、あの日から
置き去りにした「過去」へと揺れ動いていく------。


癌と診断されながら、ほぼ完治したように見えるなか、
彩子は夫から勧められた会員制プールに通う。
そこで声をかけられたのが、中学校時代の同級生・光洋だった。

当時は早熟で独特の雰囲気を放っていたのだが、
かつての面影はない。

しかし夫の言葉が、
時を隔てた再会に微妙な色合いを与えるのだった……
(「スターバト・マーテル」)

表題作ほか1編を含む、
悩める女性たちに贈る篠田流スパイシーな恋愛小説。


                                            (光文社HPより)


表題作の「スタ-バト・マ-テル」は、ちょっと重い。
乳がん手術後、卵巣に転移の可能性あり手術を待つ身の主人公・彩子。
夫は妻を励まし、常に前向きな態度でいる。
でも彩子には、その夫の態度がどこかしっくり来ない。
そして、夫の勧めで通い始めたプ-ルでかつて同級生だった男性・光洋と再会。
彼とのちょっとした思い出。
二人は度々会うようになり、クリスマスは夫婦で食事に来て欲しいと光洋に誘われる。
あら?単なる不倫話じゃないんだ?と思ったら・・・
そこからが、面白かった・・・・というかどんどん暗闇に進んでいったかんじ。

重苦しいかんじだったけど、主人公の彩子は、それで幸せだったのかな?
でも、彩子の夫の立場で考えるとちょっと辛いな。


もうひとつの話「エメラルド・アイランド」は
ある一組の結婚式が高級リゾ-トアイランドで催されるため、集った人たちの話。
結婚するカップルのほか、新婦の友人たちと新婦の母親。
そして、ツア-で参加し、同じ島に滞在の井原という中年男性。

新婦・千晶は母離れ出来ていないかんじで新郎・秀樹にちょっと同情しちゃいました^^;
千晶ママは、苦労して千晶を育てているらしく、なかなか愉快で好感持てたけど。

ドタバタした騒動が起きて、大変な目に遇うんだけど、なんだか楽しい。

ちょっと今までの篠田さんの作品とは違うかんじで面白かった。
こういう話もたまにはいいかも。

あまり頭を使わず楽しめる2作だったけど、大きな感動とかはなかったかも。

★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]