忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[535]  [534]  [533]  [532]  [531]  [530]  [529]  [528]  [527]  [526]  [524
19095174.jpg発行年月:2010年6月


男は優秀な科学者だった。
連続殺人犯のDNAが、自分と一致するまでは-----。
信じられるのは、科学か、自分自身か? 
確信は疑念に、追う者は追われる者に。
すべての謎は、DNAが解決する。

                            (幻冬舎HPより)


犯罪者をいち早く見つけるために有効だとされるDNA法案が国会で可決され、国民のDNA管理が法に則り管理されることになる。


なんだかこんな事、現実に近い将来起こりそう。
最初は、検挙率も上がりDNA法案は有効だと思われたのだが・・・
連続婦女暴行殺害事件の犯人は残された物からは、DNA検索システムは無効であった。
そうこうしてるうちにDNAの検索システム開発者も殺害されてしまう。



そして、容疑者として特定されたのは、科学警察研究所勤務の神楽龍平。
神楽自身には、全く身に覚えのない事だが、追われる立場になり逃亡が始まる。


神楽はどうなる??

そして神楽が抱えている問題=多重人格者(もう一人の人格はリュウ)

登場人物が沢山ですが、順番に出てくるので、そんなに混乱はしない。
でも一人一人の事が、ササッと流されていくかんじで、もう少し心の深いところも知りたいな・・・なんて思う人も数人いたなぁ~。


「プラチナデ-タ」の意味を知ったときは、「えぇ~!?そんなのが存在したら国民は怒るよ!」ってかんじ。

後半ラストは、ちょっとバタバタして最後はあっけなく終了というかんじがしたけど
まあまあ楽しめました。


逃げていた神楽と追う立場だった浅間の関係が、ラストちょっと温かいものを感じさせてくれたけど、神楽は、180度違った人生を歩み始めたかんじで、ちょっと複雑な心境。
再び、科学者として再起した物語も読みたい気もする。

★★★
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]