忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[465]  [464]  [463]  [462]  [461]  [460]  [459]  [458]  [457]  [456]  [455
8effb621.jpg   発行年月:2010年10月


   夏目清茂74歳、本日脳梗塞により昇天いたしました

   74歳のある日、脳梗塞で亡くなったブリキ職人の夏目清茂。
   葬儀に集う人々のさまざまな人生が、清茂の死を中心にして交錯する

                            (文藝春秋HPより)



74歳の清重の若い頃から亡くなるまでの人生を描く物語かと最初は、思いましたが、もっと沢山の人の人生が交錯しながら描かれていました。
清茂を中心にした家族の歴史のようなお話。

最初に清重の両親のこと。
清茂の父親は、再婚し、その再婚相手には、息子が二人。
連れ子の次男の政夫は、清茂と同年だった。
政夫の方が勉強もよく出来たので、跡取りは政夫という自然の流れに異存なく家を出て金物屋で働きやがて独立し「夏目ブリキ店」を営む。

その後、結婚し、娘・素子と息子・直が生まれる。

若い頃の清茂は、近所の学校に行きたがらない子ども達の面倒を見たり、その子達がやりたがった野球のチ-ムも作り、非常に面倒見が良い。
子どもたちにも慕われていた。

けれど・・・・妻との関係は、その後ギクシャクした様子で、別れる。

物語は、清茂が亡くなり、葬儀の支度をするあたりから、いろいろな人が登場してくる。
74歳で亡くなった清茂の息子・直も45歳。
喪主になり始めてづくしの葬儀にあたふたしながらも、父親の昔を思い出しながら物語が進む。

清茂の娘・素子は父親が亡くなったことを直からのメ-ルで不倫相手と夜を明かしたホテルで知る。
かつて父のほかに愛した男が出来た母親を嫌悪した自分だが、自分もまた同じ状況にいる。

葬儀の当日、清茂に関わりのあった人々いろいろな想いを持ちながら集う。

子ども、孫、故人に生前、世話になった者。
そして、別れた妻。

バラバラに暮らしていた人たちを集まらせるのは、故人の力でしょう。

夏目家の人たちが、この集まりを機会に、また違う繋がりでこの後も絡みあっていくのかな?

葬儀の段取りについても結構、勉強になりました。


★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]