忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[466]  [465]  [464]  [463]  [462]  [461]  [460]  [459]  [458]  [457]  [456
339e0fb1.jpg発行年月:2010年9月

野球の才能に恵まれ、中学生で「怪物」と呼ばれた北澤宏太は家庭の事情で有力高校に進めず、甲子園出場を逃してしまう。一度は就職するものの夢を諦めきれず、独立リーグで野球を再開、実力を認められ、育成枠でプロ入りを果たす。やがてスター選手となった宏太だったが、女子アナとの結婚、不倫、離婚を経て、怪我からは復活できず、それでも再生を求めて新天地を目指す──。 本作品では、この北澤宏太のキャリアを通奏低音として、彼の人生にその時々で関わった故郷の元恋人や、妻となった女子アナ、愛人、ファンなど、すべて女性の視点から、彼女たちの夢や打算、愛憎の物語を描きます。夢を追った男にも、男に魅せられた女にも、人生は続いていく。

                                            (講談社HPより)

主人公の北澤宏太以外のプロ野球選手、その妻や関わりのある女性たちも登場し、登場する人物が多く、相関図をメモしながら読まないとわけがわからなくなるかも?
ま、わたしの理解度が低いだけかもしれないけれど・・・^^;


登場する人たち、それぞれに結構な事が起きてくるので、もっと深くその人たちの事を知りたいと思った話もあったなぁ~。

例えば・・・東京オリオンズの高橋信之選手をずっと応援している女性・慶の話。
ミ-ハ-な気持ちでなく、本当に心から応援してる。
そんな慶がその後の話で再び登場し、新しい人生を歩み始めたのに、闘病生活を強いられている。
悲観的になっている彼女に勇気を与えたのは、引退を控えた高橋信之選手の雑誌でのインタビュ-記事。素敵だった!
面と向かって話したことなどないのに、お互いが勇気を与えあっている。
慶の話をもっと詳しく読みたかったなぁ~。


北澤宏太のプロになってからの女性関係は、なんだか最初に読んだ印象とかけ離れているかんじでしっくり来なかったな。
有名になると人と出会う機会も増えるから、実際にもあり得る話なんでしょうけどね・・・・。

あとがきの著者の言葉から
あ~柴田さんはプロ野球が大好きなのね(^^)とわかりました。


★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]