忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[470]  [469]  [468]  [467]  [466]  [465]  [464]  [463]  [462]  [461]  [460
2afbe009.jpg発行年月:2010年9月


愛は死んだ。
僕は生きる。

家族をもたず、信じることを知らない少年イオンの孤独な魂は
どこへ行くのか―。

                    (中央公論新社HPより)


主人公のイオンは、15歳。
生まれた時から一人。
親は居ない。
10歳で児童保護センタ-を脱走し、ストリ-トチルドレンとして生きる。

最初は公園内のホ-ムレスの大人たちの庇護の元で生活していた時期もあったが、頑なに一人で行動することに固執する。

そんなイオンを心配し、何かと手助けするNGOのメンバ-で「ストリ-トチルドレンを助ける会」のモガミ。
モガミに何度も助けられているとの思いはあっても、自分とは違う世界の者という意識からか、モガミの大切にしている家族のアルバムを平気で棄てたりする。
それでも、モガミはイオンの事を目にするたび、声を掛ける。
自分にとっての唯一の「優しいおとな」と認めているイオン。


けれど、イオンはどんどん過酷な生き方を選んでしまう。
地上の生活から地下へ。
モガミからも遠ざかっていく。

一体、どうなっちゃうの?と心配しながら読みました。

最後は、過酷な生活から、少し抜け出したので、ホッとした。

抜け出すまでの様子が良かった。

物語を通して、暗く重い空気が漂ってはいますが、なんだか最後は、清々しい。


この物語は新聞に掲載されていたものだそうで、いろんな年代の人が楽しめる物語というかんじ。
子どもにも読ませてみようかな?


★★★★                     

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]