忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1340]  [1339]  [1338]  [1337]  [1336]  [1335]  [1334]  [1333]  [1332]  [1331]  [1330



発行年月:2014年4月


 内緒にしていた、ささやかな秘密。
本当のことを、こっそりお教えします。
あの事件は、どう解決されたんだろう。誰が犯人だったんだろう。彼は何をしようとしていて、彼女はどこにいっちゃったんだろう──。

知らされていなかった真相が、時を経て、意外なきっかけから解き明かされる。多彩な趣向が楽しいミステリー珠玉集。

                     (光文社HPより)



過去に起きたことの真相を、ふとしたキッカケで解明していくお話集というかんじかな?
どれも楽しめました♪


<沙羅の実>
不動産仲介会社の小日向弘司は顧客の家を訪問すると、そこの主が小学校時代、隣のクラスの担任だった。
そして20年前の事件について問われる。
弘司が何者かに連れ去られ、翌朝、保護された事件と同じ日に起きたもうひとつの事件の
関係性。

これは真相を知って、ちょっと重たい気持ちになったなぁ~。


<君の歌>
高校の卒業式を終えた湯沢芳樹に高崎が話しかけてきた3年前の事件について。
それは女子生徒が何者かに手紙で呼び出され、校舎内で暴行されかけた事件。
当時、犯人じゃないかと疑われたのはワルの3人組だったが、本当の犯人は
分からず仕舞いのまま。

高崎くんは、良い子だなぁ~。
事件の真相に気づきながらも当時、被害者だとされた子を庇おうとしてて
なんだかいい感じ。
最初の話が気が重くなるものだったので、ここで気分転換できたかんじ(^^)



<雪の糸>
一緒に暮らし始めたが、別れることになったカップルの会話。
喫茶店で話す二人の話をよく聞いている比呂美。

会話するカップルの話が、なかなか面白い。
この2人別れなくてもいいのになぁ~。


<おとなりの>
10年前近所で起きた殺人事件。
その日、高校生だった息子は熱をだし、学校を休んでいた。
しかし、途中で外出したことがわかり事件と何らかの関わりがあったのか?と
不安になる両親。

ああ、よかった、
外出していた理由が、事件と関係ないものでホッ。


<野ばらの庭へ>
ある企業のオーナー族の大奥様の回想録をまとめる仕事を任された香留(かおる)。
大奥様・志保子は73歳。「この庭でなくしたものを一緒に探してほしい」と言いながら
過去の話を始める。
それは兄と婚約者だったの統子のこと。

最後に「ああ、そういうこと」と。
志保子さんのお兄さん、優しい人だったんだなぁ~。



ずっと後になって明らかにされた真実。
時間が経たないとわからないことって確かにあるかも。
偶然な再会によって知らされること・・・正に忘れ物が届いた感じでしょうね~。
実に巧い表題だな。


                           ★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]