忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1338]  [1337]  [1336]  [1335]  [1334]  [1333]  [1332]  [1331]  [1330]  [1329]  [1328




発行年月:2014年4月


 五年生になってぼくはいじめられるようになった。ぼくは未来のことだけを考えることにした。今のぼくから未来のぼくへ手紙を出す。未来のぼくはいつだってたのしそうだ。友達もたくさんいて、夢もかなう。二十通の手紙は、毎年ぼくの元へ届けられ、そして、ぼくは三十三歳になった。ある日、もう来るはずのない「未来の手紙」が届く。それは、悪夢の手紙だった―。   (「未来の手紙」他5編収録)

                    (光文社HPより)





児童書ですが、大人でも十分に楽しめました♪

どの話も良かったぁ~。

<しいちゃん>
しいちゃんは母方の祖母。
まだ51歳。しいちゃんに学校で自分の悪口を偶然、聞いてしまったことを話す。

しいちゃんのアドバイスは素晴らしい!!
そして、そのアドバイスから大事なことに気付いた、のりえ(12歳)も素直で良い子だなぁ~。


<忘れない夏>
ヤマトは中学2年生。野球部で来年こそは優勝をと仲間と誓い合っていたが
引っ越しによって転校することになってしまう。
転校先は今年の優勝校。

親友で同じ野球部で最高のバッテリーだったユウキの言葉がいい!
思いやりのある子だなぁ~。
2人がライバル同士として活躍する姿も目に浮かぶ。



<未来の息子>
中学2年生の理子。
友達とコックリさんをやってから、不思議なことが起きる。

おっさん姿の小人登場って愉快。
75年先の未来から来たと言うその小人は、理子の息子だったとは・・・
SF的な話で愉快だったけれど、最後はホロリ(/_;)。



<未来の手紙>
小学校5年生から3人組から虐められるようになった瑠依斗。
未来の自分(32歳まで)に明るい未来へ向かうように手紙を書く。
そして中学1年生からその手紙通りの人生を努力して歩み33歳になった。
そして自分では投函した覚えのない手紙が届き・・・

え?この話だけアンハッピーエンド?と思ったら、違ったのでホッとした。
辛い状況をよく耐えて努力したなぁ~。偉い!!



<月島さんちのフミちゃん>
両親が亡くなってから、二卵性双生児の姉・瑛子と兄・勘治郎が保護者代わり。
2人とも美形だけど、瑛子は派手で春を過ぎるころに毎年体に何らかの変化が起き、
今年は後頭部に口が出現。勘治郎はオカマ。
中学3年生のフミの三者面談で・・・

これもSF的。結局、瑛子の体に起きる変化は何だったんだろ??
よくわからないけれど、面白かった。



<イモリのしっぽ>
中学卒業間近の生物部元部長の幸野(女生徒)が部室を訪れいもりを見ていると
現部長の2年生の矢守くんがやってきて会話。

2人の会話がほのぼの。
先輩後輩の間柄なのに、好きなものが同じって、いいなぁ~。
2人がペットショップ「スイミー」で見てるコリドラスって生き物どんな姿だろ?
すごく気になったのでウィキペディアで調べました(^^)

可愛いお魚。
矢守くんが飼いたいと言っていたコリドラス・ステルバイがこちら。


 
椰月さんの描く少年少女の姿は生き生きしていていいな。




                       ★★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]